雨でもウォーキングに行くべきか?強行する人と行かない人の理由とは

      2017/03/07

雨が降った時でもウォーキングには、行くべきなのでしょうか?

ウォーキング初心者が、最初にぶつかるのが、この雨の問題です。

果たしてベテランの方々は、どうしているのでしょう。

強行する人と行かない人の意見を、それぞれまとめてみました。

スポンサードリンク

雨でもウォーキングに行くべきか?

雨の中ウォーキングをする女性

雨でもウォーキングに行くべきかを調べると、強行する人と行かない人とで、意見が真っ二つに分かれています。

強行する派も行かない派も、それぞれの主張があり、どちらが正しいというのは、簡単には判断できないでしょう。

まずは、それぞれの意見をまとめましたので、こちらを御覧ください。

 

雨の日でもウォーキングを強行する派の意見

・ダイエットが目的なら、雨でも行くべき。雨だから行けないというのは、言い訳じゃないですか?

・雨が小降りなら、傘を差して行きます。

オシャレなレインコートなんかを買えば、雨の日でも楽しく歩けますよ。

・霧雨や弱い雨ならウィンドブレーカーと帽子、強い雨なら傘を差して歩きます。

・会社や学校に歩いて通っている人は、雨が降ったからって休みませんよね?

・雨の日は街中に、マイナスイオンが広がっています。家に閉じこもっていたら、もったいないですよ。

・ウォーキングが生活の一部になっているので、大雨でも台風が来ても歩いてます。

・平均すれば1年の内、3日に1日は雨が降ってます。雨を理由にさぼってたら、ほとんど休みになっちゃいます。

 

雨の日にはウォーキングに行かない派の意見

・雨の日には行きませんが、代わりに階段の登り降りをしています。

・雨の日のウォーキングは、無理にやるべきじゃない。濡れて風邪でも引いたら、バカらしいです。

・雨の日は家の中で、踏み台昇降をしています。有酸素運動なら、ウォーキングじゃなくてもいい。

・夏はともかく、秋や冬は寒くてダメです。体が冷えて、風邪ひきます。

・傘を差したりカッパを着て歩くのは、やっぱり歩きづらいし面倒くさい。

・家の中でトレーニングするから、行く必要はない。

・前に雨の日にウォーキングして、風邪引いたことがあります。旦那にさんさん怒られて、もう二度と行かないと思いました。

・ウォーキングは、楽しいという気持ちで、やることも大事です。雨の中を無理して歩いて、楽しいですか?

家の中でできる有酸素運動も、いろいろとあります。雨の日はそういった運動で、代用してみてはいかがでしょう。

 

雨の日のウォーキングはどうすればいいのか?

雨の日にウォーキングを、強行する派と行かない派の意見を見ると、どちらも納得の行く意見だと思います。

強行する派の人は、かなり意志の強い方が、多いと思います。

確かにウォーキングなどは、1日でもサボってしまうと、サボり癖が付いてしまうことがあります。

ダイエット目的であろうが、健康目的であろうが、毎日コツコツ続けることが大事です。

しかし行かない派の人たちも、決してサボっているわけではないようです。

ウォーキングの代わりに、室内で出来る有酸素運動をしている方が多いです。

濡れて風邪を引いたら、元も子もありませんから、これも正しい選択と言えるでしょう。

あと一つみなさんが、見落とされていることがあります。

それは雨の日は、事故に遭う危険が高まることです。

スポンサードリンク

道は濡れて滑りやすくなっていますし、傘を差している人も多いので、狭い道ではすれ違うのも大変です。

車を運転しているドライバーも、視界が悪くなります。

事故に遭ってしまえば、風邪を引くどころの騒ぎではありません。

そう考えるとやはり雨の日は、家の中で有酸素運動をするのが、いいのではないでしょうか。

 

雨でウォーキングに行けない時の有酸素運動

雨でウォーキングに行けないときでも、自宅で簡単にできる有酸素運動を、いくつか紹介します。

ベルタ酵素ドリンク

 

踏み台昇降

室内でできる有酸素運動で、多くの方が実践しているのが、踏み台昇降です。

台の高さを変えることで、体に掛かる負荷も調整できます。

最初は10~15センチくらいから初めて、徐々に高くしていくといいです。

台は専用のものも売っていますが、他の物でも代用できます。

雑誌や新聞紙を、束ねたものでもいいです。

踏み台昇降をするときに、注意しなければならないのは騒音です。

特に集合住宅に住んでいる人は、音が響くので注意して下さい。

騒音防止には、ゴムマットなどを敷くと、防音になります。

時間は20分程度を目安に行いますが、初めてだとけっこうキツイと思います。

最初は無理せずに、短い時間から始めましょう。

 

エア縄跳び

エア縄跳びも、手軽にできる有酸素運動です。

エア縄跳びはいわば、縄を使わずにしてるふりをするだけです。

本物の縄跳びだと、縄に引っかかってしまって、回数が続かない事があります。

しかしエア縄跳びなら、縄に引っかかることはありませんから、続けやすいのです。

エア縄跳び用のグリップも売ってますが、なくてもできます。

最初はちょっとキツイと思いますので、短い時間から初めて徐々に伸ばしていきます。

30分もできるようになると、かなりダイエット効果も期待できます。

しかしエア縄跳びも、気になるのは騒音です。

やはりゴムマットなどを敷いて、その上でやったほうがいいでしょう。

 

もも上げ運動

もも上げ運動も、室内で簡単にできます。

やり方はその場で足踏みをして、ももを高く上げるだけです。

この時背筋を伸ばして、手も前後に大きく振るようにしましょう。

ももの高さは、水平かそれよりやや高い位置まで、上げるようにします。

回数は100回から200回くらいを目安に、無理をせずに続けて下さい。

まとめ

雨のウォーキングは、それぞれの意見があって、どちらが正しいとは判断しづらい。

しかし事故の危険などを考えると、雨の日は室内で代替の有酸素運動を行うほうがいい。

室内でできる有酸素運動には、踏み台昇降、エア縄跳び、もも上げ運動などがある。

スポンサードリンク

 - 梅雨 ,