透明な氷は溶けにくい?自宅の冷蔵庫での作り方!

   


コンビニやスーパーなどに売っている透明な氷って、透明で溶けにくいですよね。

これに対して自宅の冷蔵庫で作る氷は、白濁っていてすぐ溶けてしまいます。

でもひと工夫するだけで、透明な溶けにくい氷が、自宅の冷蔵庫でも作れちゃいます。

 

スポンサーリンク

透明な氷は溶けにくい?


透明な氷が溶けにくいのは、空気や不純物が少ないからです。

自宅の冷蔵庫で作る氷は、白く濁ってしまいます。

あの白く濁っている部分が、空気や不純物が含まれている部分です。

 

氷に含まれる空気や不純物は、熱を伝えやすくなります。

白く濁った氷は、熱を伝えやいので、早く溶けてしまいます。

透明な氷は、熱を伝えやすい物質が少ないので、溶けにくいのです。

また氷に空気や不純物が含まれることで、構造的に弱くなって溶けやすくなります。

 

水道水では透明な氷は作れない?

溶けにくい透明な氷を作るには、空気や不純物を含まない水を使って、氷を作ることが大事です。

水から空気を取り除くには、火にかけて煮沸をします。

しかし水に含まれる不純物は、煮沸すると逆に濃度が濃くなります。

 

水道水には、様々な不純物が含まれています。

消毒のための塩素やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが、水道水には含まれています。

これらの不純物が含まれた水道水では、透明な氷は作れません。

 

水道水の不純物を取り除くのには、浄水器を使います。

私のやった実験では、100均で売られている蛇口に取り付けるタイプの浄水器でも、かなり効果がありました。

 

上の写真は、私が使っているダイソーで買った浄水器(浄水蛇口)です。

こんな浄水器でも、水の味が全然違います。

 

ただし殆どの浄水器では、水に含まれるミネラル量は変化しません。

ミネラルまで全て取り除いた純水は、一般家庭で作るのは大変です。

水に多少含まれているミネラル分は、妥協してください。

 

それに日本の水はほとんどが、ミネラル分が少ない軟水です。

水道水に含まれているミネラル分は、もともと少ないので、あまり気にしなくていいでしょう。

ただし水道水の硬度は、地域による差異もあるので、全ての地域で問題ないとは言い切れません。

 

 

 

自宅の冷蔵庫での透明な溶けにくい氷の作り方

自宅の冷蔵庫での、透明な溶けにくい氷の作り方を紹介します。

どこの家庭でも作れるように、水道水を使って作る方法を紹介します。

自宅の冷蔵庫での透明な溶けにくい氷を作る手順は、以下の4ステップです。

①浄水器で水道水の不純物を除去
②水を煮沸して空気を除去
③水を常温で放置して冷ます
④水をゆっくり冷やして氷を作る
(設定温度をマイナス10℃にする or 容器をエアパッキンで包む)

それぞれの氷を作る手順について、細かく説明していきます。

 

浄水器で水道水の不純物を除去

浄水器で、水道水の不純物を除去します。

浄水器は高価なものの方が、不純物を除去する能力は高くなります。

しかし私の実験では、100均の浄水器でも効果がありました。

 

水を煮沸して空気を除去

目で見てもわかりませんが、水にはたくさんの空気が溶け込んでいます。

魚が水中でも呼吸できるのは、水に溶け込んだ空気をエラから、取り込んでいるからです。

 

水に溶け込んだ空気は、水が氷になる過程で、気泡となって出てきます。

この気泡が氷の中に閉じ込められた状態で凍ると、白く濁った氷ができてしまいます。

透明な氷を作るには、予め水に溶けた空気を除去しなければなりません。

 

水に溶けた氷を除去するには、水を火にかけて煮沸してください。

水を火にかけると、鍋の底から泡がたくさん出てきます。

これが、水に溶け込んだ空気です。

 

水を常温で放置して冷ます

煮沸して熱くなった水は、そのまま冷蔵庫に入れてはいけません。

お湯を冷蔵庫に入れてしまうと、一時的に冷蔵庫内の温度が急上昇します。

冷蔵庫内の温度が上昇すれば、設定温度に下がるまでコンプレッサーを稼働し、余計な電気代がかかります。

煮沸した水は、必ず常温で放置して冷ましてください。

 

水をゆっくり冷やして氷を作る

透明な溶けにくい氷を作る一番のポイントが、水をゆっくり冷やして氷を作ることです。

最初の方で水を煮沸して、溶けた空気を除去しています。

スポンサーリンク

しかし煮沸だけでは、完全に空気を除去しきれません。

わずかに残った空気が、凍らす過程で気泡となって出てきます。

 

急激に凍らせてしまうと、気泡となった空気が閉じ込められて、白く濁った氷になります。

しかし水をゆっくり冷やしていくと、水が氷になりきる前に、気泡が水の外に逃げていき、透明な氷ができます。

 

本当は水をかき混ぜなら凍らすと、空気が出やすくなります。

氷屋さんでは水を攪拌しながら、作っているところもあります。

しかし自宅で、かき混ぜなら凍らすのは難しいので、ゆっくり凍らすだけにします。

 

さて問題は、どうやってゆっくり冷やすのかという点です。

温度調整ができる冷蔵庫なら、冷凍庫内の温度をマイナス10℃にすれば、ゆっくり冷えて透明な氷が作れます。

他に冷やすものがない場合には、設定温度を変えるのが楽です。

 

しかし冷凍庫内に、アイスや冷凍食費が入っている場合は、設定温度は変えないほうがいいです。

アイスや冷凍食品は、大体マイナス18℃以下で保存するように、推奨されています。

冷凍庫の設定温度をマイナス10℃にしてしまうと、アイスや冷凍食品の保存に影響があります。

 

冷蔵庫の設定温度を変えずに、透明な氷を作るには、容器をエアパッキンで包んでから、冷凍庫で冷やします。

エアパッキンが断熱材の役割をして、ゆっくりと冷えて、透明な氷ができます。

エアパッキンがない場合は、タオルでも代用できます。

 

丸い氷も溶けにくい

透明でなくてもいいなら、丸い氷も溶けにくいです。

丸い氷が作れるシリコン製の製氷機も、売られています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シリコン製 製氷器 ( mini×3 ) 溶けにくいまあるい氷が作れる製氷器 air 【10P03Sep16】
価格:650円(税込、送料別) (2019/7/26時点)

楽天で購入

 

 

丸い氷は四角い氷に比べて、表面積が小さくなります。

氷の表面積が小さいと、熱が伝わる面積が小さいので、氷が溶けにくくなります。

丸い氷は丸型の製氷機を使えば、簡単に作れます。丸型の製氷機を使って、透明な丸い氷を作れば、一番溶けにくい氷が作れます。

 

 

まとめ

暑い夏は冷たいジュースやお茶に、氷を入れて飲みたいですね。

しかし氷がすぐに溶けてしまうと、飲み物の味が薄くなってしまいます。

そんな時に透明な溶けにくい氷を入れれば、冷たい飲み物を美味しくいただけます。

 

私の家では、夏にお客さんが来たときは、透明な氷を入れて飲み物をお出しています。

子供なんかは、氷が透明なだけで、けっこう喜んでくれます。

透明な溶けにくい氷は、常に冷蔵庫にストックしておくと、便利ですよ。

 

スポンサーリンク

 - 生活