マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件には引っ越さないほうがいい?

      2019/09/12

今、お部屋探しをしているあなた!

マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件に、引っ越そうとしていませんか?

家賃が安かったり、すぐに買い物に行けるなんてメリットよりも、悲惨なデメリットがあるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件には引っ越さないほうがいい?

マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件
 

あなたは引っ越しをする時に、どんな条件のマンションを選びますか?

その人のライフスタイルによって、色々な条件を設定されると思います。

会社勤めをされていれば、通勤に便利な場所であったり、陽当りがいい、築年数など・・・

 

物件選びで多くの方が条件に加えるのが、家賃が安いことと買い物の便利さです。

家賃は予算が決まっていますから、それをオーバーするわけには行きません。

また生活をするには、食料や日用品を調達しなければならず、買い物も重要な条件になります。

 

家賃と買い物の条件をクリアーする物件を探していると、マンションの1階に飲食店やコンビニなど店舗が入っている物件が、目に付きます。

家賃も安いし買い物も便利、他の人に取られる前に、慌てて不動産屋に電話しようとするかもしれません。

 

でも、ちょっと待って下さい!

 

マンションは一度引っ越してしまうと、気に入らないからといって、簡単にまた引っ越すわけにいきません。

費用もかさみますし、賃貸物件選びは慎重にやりましょう。

 

まずマンションやアパートなどの賃貸物件の場合、家賃が相場よりも安ければ何かあると疑った方がいいでしょう。

大家さんが家賃を下げる理由は、入居者がつかないからで、やむを得ず下げているケースが多いのです。

逆に人気物件は、多少家賃が高くても入居者がいます。

 

私も学生時代に、家賃が安いというだけで引っ越したアパートで、大変な目に遭いました。

駅から徒歩10分で、すぐ側にコンビニやスーパーなど店舗もあって、家賃が相場の2/3くらいです。

掘り出し物を見つけたと思っていましたが、実際に住んでみると、色々な不具合が見つかります。

築30年以上の木造建築で、冬は隙間風が入ってきて、とにかく寒い。

壁も薄くて、騒音に悩まされたりと散々でした。

 

マンションやアパートは、実際に住んでみないと分からないことが、たくさんあります。

マンションの1階に飲食店やコンビニなど店舗が入っている物件も、家賃が安いというメリットがある反面、それを覆すようなデメリットがあるかもしれません。

 

ここでは実際に、マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件に、住んでいた人の声を元に、よくあるデメリットをまとめています。

もちろん全ての物件にデメリットがあるわけではなく、きちんと管理されている物件もありますのでご注意下さい。

 

ゴキブリが出やすい

マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件に、住んだことがある方が口をそろえて言うのが、ゴキブリが出やすいということです。

ゴキブリが苦手な人であれば、辛い思いをすることになるでしょう。

 

飲食店など食べ物を扱っている店舗は、残飯などエサが豊富にあるので、どうしてもゴキブリが出やすくなります。

そのため普通の家と比べて、想像できないほど大量のゴキブリが、出ることがあります。

 

しかもこのゴキブリの嫌らしいところは、自分の部屋のゴキブリを退治しても、無駄だということです。

なぜなら、ゴキブリの発生源がマンション1階の飲食店だからです。

自分の部屋のゴキブリを駆除しても、次から次へと新しいゴキブリが侵入してきます。

 

実際にマンションの1階に、飲食店やコンビニが入っている物件に住んでいた方は、

「キリのないゴキブリとの戦いに疲れて、ノイローゼになった。」
「ゴキブリが出ると思うと夜は安眠できず、精神的にも肉体的にも参った。」
「殺虫剤を使ってもコンバットを使っても、ゴキブリを全部駆除することができなかった。」

などの感想がありました。

 

 

ネズミが出ることも!

前項ではマンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件は、ゴキブリが出やすいという話をしました。

しかしゴキブリくらいなら、まだマシだと言う人がいます。

なぜなら、ネズミが出るからです。

 

ネズミもゴキブリと同じで、マンション1階の飲食店など店舗の残飯をエサに、繁殖してしまいます。

ネズミもマンション1階の飲食店が、駆除をしてくれないと、自分では対策のしようがありません。

 

ネズミの被害は、ゴキブリよりも深刻です。

スポンサーリンク

なぜならネズミは人に、噛み付くことがあるからです。

特に小さな赤ちゃんは、ネズミのターゲットになります。

ネズミに噛まれて大怪我をすることもありますし、何箇所も噛まれれば死ぬこともあります。

 

何よりも怖いのは、ネズミはスピロヘータ、モニリスホルムレンサ桿菌などを保有していることです。

ネズミに噛まれた時に細菌に感染すると、鼠咬症を発症することがあります。

またネズミに噛まれることによるアレルギー反応でアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

 

ネズミの糞や尿、ネズミの体に付いているダニやノミにも、様々な病原菌が紛れています。

例えばサルモネラ菌、レプトスピラ菌、ペスト菌などがあります。

ネズミにより、細菌が部屋に持ち込まっれば、とても不衛生です。

 

さらにネズミは歯が丈夫なので、あらゆる物に噛みつきます。

ネズミが、電線を噛み切って停電するという被害も、多々あります。

更に噛み切った電線から漏電すれば、火災が発生することもあります。

インターネットの回線ケーブルを噛み切られれば、ネット接続もできなくなります。

 

後はネズミの死骸により、悪臭が発生することもあります。

ネズミのような小動物は、どこに入り込んでいるかわかりません。

ネズミの死骸を回収するのに、四苦八苦することもあります。

 

 

騒音に悩まされる!

マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件では、騒音に悩まされることがあります。

特にお酒を取り扱っている居酒屋などの店舗や、深夜遅くまで営業しているお店、24時間営業のコンビニなどが入っていると、騒音被害に遭いやすくなります。

 

酔っ払いが深夜に、大声を出して騒いでいる光景は、容易に想像できます。

それ以外は、深夜に店に来る車の音や、配送のトラックの音などにも、悩まされている人がいます。

 

実際にマンションの1階に、飲食店やコンビニが入っている物件に住んでいた方は、

「窓を開けるとうるさいので、夏でも窓が開けれない。」
「深夜に来る配送のトラックの音で、目が覚めてしまうことがある。」
「店の前でたむろして、大声で喋っている人がいる。」

などの感想がありました。

 

ニオイに悩まされる!

マンションの1階に飲食店が入っている物件では、食べ物のニオイに悩まされることがあります。

 

物件によっては排気ダクトが店舗とつながっていて、下の階のニオイが上がってくることもあります。

例え自分が好きな食べ物でも、毎日ニオイを嗅ぐのは苦痛です。

 

ベランダに布団や洗濯物を干しておくと、臭いが付いてしまうこともあります。

臭いが付くのが嫌で、ベランダには何も干せないということもあります。

 

ニオイというのは厄介で、記憶と結びつきやすいという特徴もあります。

普段から同じ匂いを嗅いでいると、生活の中で不快なことが起きたときに、そのニオイと記憶が結びついてしまいます。

ニオイと記憶が結び付くと、ニオイに対して過剰に反応してしまうことがあります。

体調の悪いときはニオイのせいで、頭痛や吐き気に悩まされることがあります。

 

 

特に被害のないマンションもある!

マンションの1階に飲食店やコンビニが入っている物件でも、ゴキブリやネズミ、騒音、ニオイなどの被害がない物件もあります。

 

お店によって衛生管理を徹底していたり、専用の排気ダクトなどの設備を備えているかなどで、大きな差が出てきます。

またマンションの構造によっても、被害の差があります。

 

この点を考慮するとマンションの契約をする前に、十分に下調べをすることが大事です。

マンションは必ず、現地で内見をして下さい。

できれば昼間と夜の様子を、両方確認することをお勧めします。

 

ゴキブリがいるかいないかは、昼間だと確認できません。

なぜならゴキブリは夜行性で、昼間は暗い場所に隠れているからです。

一番いいのは、ゴキブリホイホイを設置して、そこにゴキブリが捕まるか確認することです。(不動産屋の許可が必要です)

 

不動産屋はなるべくマンションに入居して欲しいので、わざわざマイナスになる情報は教えてくれないこともあります。

もし可能であれば、実際にそこに住んでいる方に聞くのが、一番いいでしょう。

 

スポンサーリンク

 - 生活 ,