梅雨にお弁当の作り置きは危険?冷蔵庫や保冷剤を使えば安全?

      2017/08/29

梅雨の季節には、お弁当の作り置きは気を付けなければなりません。気温が高くなり、食中毒の危険が増します。また冷蔵庫や保冷剤を使って、お弁当を保管すれば安全かについても、探っていきます。

スポンサードリンク

梅雨にお弁当の作り置きは危険?

お弁当

梅雨の季節に、一番気を付けなければならないのは、何と言っても食中毒です! 特にお昼にお弁当を持っていく人は、注意が必要です。梅雨にお弁当の作り置きは、食中毒の危険性を増大させます。

梅雨の季節から夏場にかけては、細菌が原因で起きる食中毒が増えます。この季節になると毎年のように、腸管出血性大腸菌O-157などの食中毒事故のニュースを、聞くようになります。

この様な食中毒を引き起こす細菌が、繁殖する条件は温度と湿度が関係しています。高温多湿の場所では、食中毒菌が繁殖しやすくなります。梅雨の季節からは気温も高くなるので、お弁当を作り置きしておけば、食中毒の危険が高まります。

特に危険なのは、生物や水気の多いものです。肉や卵は、さすがに生のままお弁当には、入れないと思います。しかし野菜や果物は、生のままお弁当に入れている人も、いるのではないでしょうか。

平成26年に静岡市の花火大会で発生した、腸管出血性大腸菌O-157の食中毒事故を覚えていまか? この時の食中毒の原因は、屋台で売られていた冷やしきゅうりでした。

もともと野菜などは、O-157などの食中毒菌に汚染されている可能性は、それほど高くはありません。しかし台所では肉や卵など、食中毒菌が付着している可能性のある食材と野菜を、一緒に取り扱います。そうすると、どこでどの様に食中毒菌が付着しているかは、分かりません。

例えば人間の手なども、食中毒菌を付着させる要因になります。もちろんお弁当を作る前には、きちんと手洗いをすると思います。しかしその後お弁当を作るのに、いろいろな場所を触ってしまいます。

冷蔵庫から食材を取り出すのに、冷蔵庫のドアを触ります。調理器具を取り出すのに、戸棚や引き出しを開けることもあるでしょう。そのような場所にも、細菌が付着していないとは限りません。

お弁当の中身を全て火を通したものにしても、お弁当内に細菌が存在していない保証はありません。ですから梅雨にお弁当の作り置きは、とても危険であるということを覚えておきましょう。

 

梅雨のお弁当は冷蔵庫や保冷剤を使えば安全?

前項でも触れていますが、食中毒菌は高温多湿の環境で、繁殖しやすくなります。ですから梅雨のお弁当の作り置きの食中毒菌の繁殖を抑えるには、冷蔵庫や保冷剤を使って低温で保管するというのは、有効な手段と言えます。

ただし細菌の繁殖を完璧に抑えるには、マイナス15℃以下に保管する必要があります。冷蔵庫や保冷剤を使って保存しても、食中毒菌の繁殖のスピードが遅くなるだけです。長期間の保存はできませんので、なるべく早く食べなければなりません。

冷蔵庫や保冷剤を使う場合は、食べる直前まで低温で保管しなければなりません。前の日に、作り置きしたお弁当を冷蔵庫で保管して、朝冷蔵庫から出して、お昼まで常温に置いておくというのはダメです。お昼までに腐ってしまう可能性は、十分あります。

スポンサードリンク

朝からお昼までの間もお弁当は、保冷剤を使って低温状態を保ってください。クーラーボックスや保冷バックなどに、保冷剤とお弁当を入れて保管します。保冷剤はタオルなどを使い、お弁当に巻きつけておくといいです。

このとき保冷剤は、お弁当箱の上に置くようにして下さい。冷気は上から下へと移動するので、お弁当箱の上に保冷剤を置いたほうが、お弁当全体がよく冷えます。保冷剤をお弁当箱の下に置いてしまうと、お弁当の上のほうが十分に冷やされません。

また電子レンジで加熱すれば、殺菌効果があると考え、作り置きしたお弁当を朝レンジでチンして、持っていくという人がいます。しかしこれは、逆効果になることもあるので、注意してください。

なぜなら電子レンジでは、加熱ムラができることがあるからです。そうすると死滅していない細菌が、残っている可能性があります。その場合、中途半端に温度が上がることで、細菌が逆に増殖しやすくなることもあります。

夏場などは朝お弁当を冷凍させておき、お昼まで常温で放置して、自然解凍させるという人もいます。しかし一度冷凍させた食材は、逆に傷みやすくなります。自然解凍した後に、常温で長時間放置しないように、注意しなければなりません。

冷蔵庫や保冷剤を使って保存する場合でも、お弁当の中身は全て、加熱調理したものにしましょう。そして汁気のあるものは、よく汁を切っておきます。お弁当が温かいままフタをすると、中に蒸気で水分が溜まってしまうので、冷めてからフタをして下さい。

お弁当箱もよく洗って、消毒したものを使いましょう。特にゴムパッキンの様に、凹凸のある部分は、汚れや細菌が溜まりやすくなります。できれば、アルコールやお酢で消毒すると、安心できます。

後はお弁当用の抗菌シートを使うと、更に安心できます。

お弁当に乗せるだけで、原料も天然のわさびやからしを使っており、お弁当に匂いや味がうつることもありません。

最後に梅雨のお弁当は梅干しを入れることで、食中毒を予防できると思っている方もいると思います。しかし梅干しの殺菌効果は、それほど高いわけではありません。これについては、関連記事:梅干しで食中毒は予防できない? にまとめてあります。

 

まとめ

梅雨から夏にかけては、食中毒が起きやすくなる。

野菜や果物なども生のものは、お弁当に入れると食中毒の危険がある。

梅雨の季節のお弁当の作り置きは、食中毒の危険が高くなる。

梅雨のお弁当は冷蔵庫や保冷剤を使い、低温で保管する方が安全である。

ただし完全に最近の繁殖を防ぐことはできないので、早めに食べなければならない。
電子レンジで加熱しても、逆効果になることもある。

お弁当の中身は加熱調理した物で、汁気はよく切り、冷めてからフタをする。

お弁当用の抗菌シートを使うと、より安心できる。

スポンサードリンク

 - 梅雨