冷房で毛穴がピンチ!夏のエアコンは肌を乾燥させ黒ずみやニキビの原因にも

      2018/09/14

夏になると毛穴の開きや黒ずみが、気になるという方が増えています。

この原因はズバリ、エアコンなど冷房によるものです。

冷房の乾燥した空気は、毛穴の開きや黒ずみを招き、ニキビの原因にもなります。

スポンサーリンク

冷房で毛穴がピンチ!

冷房

冷房が毛穴に与える悪影響の原因は、乾燥した空気です。

乾燥した空気は肌の水分を奪って、肌をどんどん乾燥させます。

エアコンなど、冷房が効いている部屋に長時間いると、喉が痛くなるという経験はありませんか?

これも冷房によって空気が、乾燥していることが原因です。

潤いのある健康な肌は、弾力もあり毛穴は目立ちません。

しかし乾燥した肌は弾力を失い、弛んでしまうため毛穴も楕円形になります。

さらに乾燥した肌は縮むので、毛穴は引っ張られて広がってしまうのです。

そして肌の乾燥は、バリア機能の低下を招きます。

健康な肌は表面が、水分と皮脂がバリアを作り、守っているのです。

バリア機能が低下すれば、肌は角質層を厚くして、肌を守ろうとします。

更に乾燥した肌を潤そうとして、皮脂の分泌も過剰になります。

過剰に分泌した皮脂は、毛穴を詰まらせます。そして皮脂が酸化すると、黒ずみやニキビの原因になります。

また肌や体が冷えることも、肌や毛穴には悪影響です。

冷えることで代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れます。

すると古い角質がいつまでも残り、毛穴に詰まってしまうこともあります。

スポンサーリンク

 

冷房による乾燥対策

自宅であれば、なるべくエアコンなどの冷房は、使わないようにするのがいいでしょう。

しかし会社など、自分の都合だけで冷房をコントロールできない場所では、何らかの対策が必要です。

まず冷房の風が直接当たらないように、吹き出し口を調整しましょう。

乾いた風が肌に当たると、どんどん水分を奪っていきます。

気化熱による水分の蒸発もあり、肌の乾燥が加速します。

吹き出し口を調整できない場合は、衝立などで風よけを作ります。

次に加湿器を使って、空気を潤すと効果的です。

最近は卓上に置けるような、小型の加湿器も販売されています。

このような物を利用して、空気の乾燥を防ぎましょう。

体の内側からも潤いを補給するために、水をこまめに飲むようにして下さい。

体を冷やし過ぎないように、温かい水や白湯などを飲むようにします。

一度にたくさん飲むのではなく、少しずつ何回にも分けて飲むのがコツです。

スキンケアは洗顔で、毛穴の汚れや皮脂をしっかり落とすことが肝心です。

次に乾燥対策として、肌の保湿をしっかりしましょう。

肌を化粧水などで潤わして、その上に乳液やクリームなど油分のあるものでフタをして、水分が蒸発しないようにします。

 

まとめ

冷房の乾燥した空気が、毛穴に悪影響を与える。

乾燥した空気は肌を乾燥させ、弾力を奪いたるませ毛穴が目立つ。

肌の乾燥は角質層を厚くし皮脂を過剰分して、毛穴の黒ずみやニキビの原因になる。

冷房の乾燥対策は、冷風が直接当たらないようにすること、加湿器を使うこと、水分を補給すること、スキンケアでしっかり保湿することである。

スポンサーリンク

 - 美容 ,