化粧水の代わりになるもの5選!身近なもので肌を保湿しよう!

   

化粧水を買い忘れたり、旅行先に持っていくのを忘れたりして、困った経験はありませんか?

そんなときのために、化粧水の代わりになるもの5選を紹介します。

身近なもので、肌を保湿しましょう。

スポンサーリンク

化粧水の代わりになるもの5選!


化粧水は主に角質層に水分を補給して、肌の潤いを保つために使います。

1日2日化粧水を使わなかったからといって、それほど気にする必要はありません。

もしも近所に化粧水を買えるお店があるのなら、化粧水なしでメイクして、買いに出かけてもいいでしょう。

しかし洗顔した後に化粧水を付けないと、肌が乾燥して耐えられないという人もいますよね。

そんな人のために、なるべく台所にあるような身近なもので、化粧水の代わりになるものを探してみました。

 

お米のとぎ汁

お米のとぎ汁は、化粧水の代わりになります。

台所にお米があれば、簡単に作れます。

 

通常の美容法として、お米のとぎ汁を使っている人もいるくらいですから、効果はお墨付きでしょう。

お米のとぎ汁には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、肌にいい栄養が多く含まれています。

保湿効果のあるセラミドやオイル成分、美白効果のあるビタミンC、皮膚の再生を助けるアミノ酸などがあります。

 

ここでお米のとぎ汁を化粧水の代わりに、使うときのポイントをお教えします。

一番最初のとぎ汁は、使わずに捨てて下さい。

 

最初のとぎ汁には、お米の表面の汚れなどが、混ざってしまうためです。

一回目はたっぷりの水で手早くお米を洗い、お米が水を吸ってしまう前に、すぐに捨てましょう。

 

2回目はお米を揉むようにして、よく研いで下さい。

こうするとお米のエキスをたっぷり含んだ、とぎ汁ができあがります。

この2回目のお米のとぎ汁を、化粧水代わりに使いましょう。

 

とぎ汁が濃すぎる場合は、水で薄めて使って下さい。

お米のとぎ汁は日持ちしないので、余っても保管せずに捨ててしまいましょう。

 

日本酒

お米のとぎ汁で保湿できるなら、同じお米から作られる日本酒でも、保湿できるのではと思いますよね?

その通りで、日本酒も化粧水の代わりになります。

 

日本酒は発酵させている分、お米のとぎ汁よりもアミノ酸が豊富に含まれています。

そのため日本酒のほうが、保湿効果は高いようです。

 

しかし日本酒の場合は、アルコールが含まれている点に、気をつけなければなりません。

肌が弱い人は、アルコールが肌に刺激を与えるので、日本酒はそのまま使わない方がいいです。

 

アルコールは揮発性があるので、普通の人もあまり肌に付けないほうがいいです。

アルコールが蒸発するときに、肌の水分も一緒に奪ってしまうんですね。

 

日本酒を化粧水の代わりに使うときは、一度煮沸して冷ましてから使います。

煮沸することによって、日本酒のアルコール分をとばすことができます。

 

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、化粧水の代わりになります。

市販の化粧水が肌に合わないという人の中には、ミネラルウォーターで保湿しているという人もいます。

 

ミネラルウォーターには、天然のミネラルが豊富に含まれています。

このミネラルが、肌にいいんですね。

 

ミネラルウォーターを化粧水の代わりに使う場合は、どんなミネラルウォーターを使うかが、最重要ポイントです。

スポンサーリンク

ミネラルウォーターなら、何でもいいというわけではありません。

 

ミネラルウォーターは大きく分けて、軟水と硬水の2つがあります。

このうち化粧水代わりに使えるのは、軟水であり硬水はダメです。

 

硬水はマグネシウムやカルシウムが多いので、肌に付けると逆に乾燥しやすくなります。

化粧水代わりに使えるのは、軟水のミネラルウォーターということを、よく覚えておきましょう。

 

日本のミネラルウォーターは軟水が多いですが、ヨーロッパは硬水が多いので、注意して下さい。

市販されている軟水のミネラルウォーターは、いろはす、南アルプスの天然水、六甲のおいしい水などがあります。

 

岩塩水

岩塩水も、化粧水の代わりになります。

岩塩もミネラルをたっぷり含んでいて、保湿効果が期待できます。

精製された食塩は、化粧水の代わりにならないので、注意して下さい。

 

岩塩というのは太古の海の水が、何億年という長い年月をかけて、結晶化したものです。

海の水にはほとんど全ての水溶性のミネラルが、含まれているといいます。

その数はなんと、40種類以上です。

しかも太古の海の水なので、汚染もされていません。

 

作り方は水100ccに岩塩0.9gを混ぜて、0.9%の岩塩水にします。

この0.9%という数字は、生理食塩水と同じ濃度です。

肌が弱くてしみるという人は、もう少し薄くしても大丈夫です。

 

岩塩もピンク岩塩やブラック岩塩など、いろいろな種類があります。

どの岩塩でも化粧水の代わりとして使えますが、一番いいのはクリスタル岩塩です。

 

クリスタル岩塩は不純物がなく、透明な結晶をしています。

その代りクリスタル岩塩は、値段もちょっと高めです。

それだけ、貴重な岩塩ということですね。

 

ブラック岩塩は」硫黄が混ざっているので、ニオイが気になるかもしれません。

温泉なんかでする、卵が腐ったようなニオイです。

硫黄は肌にはいいのですが、ニオイが気になる方にはおすすめしません。

 

オリーブオイル

オリーブオイルは化粧水の代わりというよりも、保湿アイテムと言ったほうが、正しいかもしれません。

化粧水がない場合に、オリーブオイルで保湿をします。

 

オリーブオイルには、オレイン酸が多く含まれています。

オレイン酸は人間の皮脂に含まれる成分と同じなので、肌にとても馴染みやすいという特徴があります。

オリーブオイルにはその他に、ビタミンA、ポリフェノール、植物性スクワレンといった美容成分も含まれています。

 

オリーブ・オイルを使うときは、洗顔後の湿った肌に使います。

肌の水分をオリーブオイルで、閉じ込めるようなイメージです。

 

パッチテストをしてから使いましょう!

化粧水の代わりになるもの5選を紹介しましたが、使う前にひとつだけ注意事項があります。

それは使う前に、必ずパッチテストをすることです。

 

やはり肌に付けるものは、合わないと赤みや痒みなどが、出てしまうこともあります。

パッチテストで肌に合わないものは、使わないようにしましょう。

 

パッチテストは二の腕の内側に塗って、異常が出ないかを確認します

それで赤みなどが出る場合は、水などでキレイに洗い流して、使わないようにして下さい。

 

 

まとめ

化粧水の代わりになるものとして、お米のとぎ汁、日本酒、ミネラルウォーター、岩塩水、オリーブオイルの5つを紹介しました。

5つとも保湿効果が期待できて、日常的に使っている人もいるようなものです。

また台所にありそうな物ばかりなので、いざというときには役に立つのではないでしょうか。

後は肌に合わないものは、使わないようにすることだけ、気を付けて下さい。

スポンサーリンク

 - 美容