学校のプールでコンタクトは外す?目の悪い子供はどうすればいい?

   

学校のプールでコンタクトは、外したほうがいいのでしょうか? コンタクトレンズをしたまま泳ぐと、外れてしまったり、目に悪い影響がないかも気になるところです。目の悪い子供は、プールの授業をどうすればいいのでしょう。

スポンサーリンク

学校のプールでコンタクトは外す?

 

私自身も目が悪く、普段からコンタクトレンズをしています。そのため定期的に眼医者で検査をしているので、担当医師にこの件を尋ねてみました。すると担当医師からは、

学校のプールではコンタクトレンズは、必ず外して下さい。

という回答をいただきました。学校のプールだけでなく、海などで泳いだり水に入る時は、必ずコンタクトレンズを外さなければいけないそうです。

またうちの子供の学校でも、プールの授業ではコンタクトは外すようにと、指導を受けています。

これはコンタクトをしたまま泳ぐと、外れてなくしてしまうかもしれないという、理由もあるでしょう。しかしそれ以上に、目の健康に関する危険の方が、大きいようです。

コンタクトレンズというのは、眼球とレンズの間に涙を介して、表面張力で張り付いています。ここにプールの水の塩素や細菌などが、入り込んだらどうなると思いますか?

塩素は角膜や結膜の上皮細胞などに、障害を起こします。また目の中で細菌が繁殖すれば、炎症や結膜炎を起こすこともあるでしょう。

それにソフトコンタクトレンズの場合は、プールの水をレンズが吸収してしまいます。塩素や細菌の混ざったプールの水を吸収したコンタクトが、目に貼り付いているのはとても危険な状態です。

すぐに失明する危険まではありませんが、角膜が傷ついてそこからバイ菌が入れば、大変なことになるでしょう。

最近では学校のプールの授業では、水道水での目の洗浄も行っていません。これは水道水に含まれる塩素が、目に悪い影響を与えるためです。

それくらい目は、デリケートな場所です。くれぐれも学校のプールや海で泳ぐ時は、コンタクトを外すようにして下さい。

コンタクトの他にメガネを持っているなら、プールの授業の前までメガネで過ごして、終わった後にコンタクトをする。もしくはプールの授業前にコンタクトを外して、後はメガネをするなどしている人も、多いようです。

スポンサーリンク

 

学校のプールで目の悪い子供はどうすればいいのか?

学校のプールでコンタクトを外すとなると、目の悪い子供がどうすればいいのか、困ってしまいますね。一番いい方法は、度付きゴーグルを使用することです。

ここで大事なのは、コンタクトをした上にゴーグルをするのではなく、コンタクトは外して度付きゴーグルをすることです。

ゴーグルをすれば、コンタクトをしても良いのではないかと、思ってしまうかもしれません。しかし、よっぽど顔にフィットするゴーグルで無い限り、泳いでいると中に水が入ってしまいます。

また眼科医の先生に言わせれば、視力の良い悪いに関係なく、泳ぐ時はゴーグルで目を保護したほうが、良いということです。

前述したようにプールの水は、塩素や細菌が混ざっており、目に入れば悪い影響を与えます。なるべく目には、プールの水を触れさせないことが大事です。

 

使い捨てのコンタクトならプールで使っていい?

プールの時はワンデータイプの使い捨てのコンタクトをして、終わったら新品のコンタクトに取り替えるという方も、いらっしゃるようです。

確かにプールが終わった後に新しいレンズに変えれば、衛生的でかなりリスクを軽減することはできます。

しかし万全を期すのであれば、やはりプールではコンタクトはせずに、ゴーグルで目を保護するのがベストです。例え短時間でもコンタクトをして泳ぐほうが、目に塩素や細菌が付着しやすくなります。

それにワンデータイプのコンタクトでも、目に水が入るとゴロゴロしたり、目に痛みを感じることもあります。またコンタクトが外れた時に、急に視界がぼやけるのも危険です。

 

視力の矯正が難しい場合は授業を休ませることも

子供の視力が極端に悪くて、度付きゴーグルで矯正が難しければ、学校の先生と相談して、授業を休ませることも検討して下さい。

プールの授業であれば他の授業と違って、細かい字まで読むほどの視力はいりません。そのためちょっと目が悪い程度なら、裸眼でも支障はないでしょう。

しかし極端に目が悪ければ、何かにつまずいたり人にぶつかったり、危険が伴います。この辺は学校の先生とよく相談して、どうするか決めて下さい。

 

まとめ

学校のプールや海など、水に入ったり泳ぐのであれば、コンタクトは外したほうが良い。

コンタクトをして泳ぐと、プールの水や塩素、細菌などが目につきやすくなり、眼病の危険が高まる。

目の悪い子供はコンタクトの代わりに、度付きゴールを使うようにする。

プールでは使い捨てのコンタクトを使用して、終わったら新品に取り替えるという手もあるが、万全を期すならコンタクトはしない方が良い。

度付きゴールで視力の矯正が難しい場合は、先生と相談して授業を休ませることも考える。

スポンサーリンク

 - 年間行事 ,