粉ミルクの余りは大人が飲んでもいい?下痢や太る原因になる?

      2018/01/10

粉ミルクの余りは、大人が飲んでもいいのでしょうか?

開封した粉ミルクは消費期限が短く、余って困ることはよくあります。

捨ててしまうのも勿体無いですから、大人が飲んで消費したくなります。

しかし大人が粉ミルクを飲むと、下痢をしたり太るという噂もあります。

スポンサーリンク

粉ミルクの余りは大人が飲んでもいい?

粉ミルク
粉ミルクの余りは大人が飲んでも、基本的に害はありません。

なぜなら粉ミルクというのは、生乳から水分を除去して、粉末状に加工した食品だからです。

そのため粉ミルクも生乳と同じく、タンパク質やミネラルを多く含む、栄養価の高い食品です。

ただし赤ちゃんが飲む乳児用調製粉乳は、生乳を粉末状に加工したものに、成分を調整しています。

これは粉ミルクの成分を、母乳に近づけるためです。

具体的にはタンパク質、乳脂肪、ビタミン、ミネラルの含有量などを調整しています。

赤ちゃんが成長するための栄養と、大人が摂取すべき栄養は違います。

そのため大人が粉ミルクだけを飲んで、生きていこうとするのは無理があります。

しかし補助的な飲み物として、粉ミルクを飲むのであれば、問題ないのです。

しかし粉ミルクを大人が飲むと、下痢をしたり太るという噂もあります。

次章ではこの点について、詳しく説明します。

 

粉ミルクを大人が飲むと下痢をする?

粉ミルクを大人が飲むと、下痢をすることがあります。

これは粉ミルクに含まれるラクトース(乳糖)を分解する酵素が、少ない人が粉ミルクを飲むと起きる症状です。

ラクトースは普通の牛乳に含まれていますが、育児用の粉ミルクの方が、ラクトースの含有量が高くなります。

そのため普通の牛乳は大丈夫でも、粉ミルクを飲むと下痢をしてしまう人がいます。

乳児のうちは、ラクトースを分解するラクターゼという酵素を、殆どの赤ちゃんが作ることができます。

しかし離乳後からは、ラクターゼの分泌量が減ってしまう人がいます。

ラクターゼの分泌量が少ない人ほど、粉ミルクを飲むと下痢をしやすくなります。

スポンサーリンク

ラクターゼの分泌量には、個人差もありますが、特に日本人は少ないようです。

この様にラクターゼの分泌量が少なく、ラクトースを分解できないことを、乳糖不耐症と呼びます。

本来であればラクトースは、小腸で分解され吸収されます。

しかしラクターゼが少ない人は、ラクトースが小腸で分解されずに、大腸に移動します。

するとラクトースは、大腸にいる悪玉菌のエサになって、発酵してメタンガスを発生します。

これが粉ミルクを大人が飲むと、下痢をするメカニズムです。

ミルクや母乳でしか栄養を摂れない乳児には、ラクトース(乳糖)は必要な栄養素です。

しかし食事で栄養を摂取できる大人には、必ずしも必要な栄養素ではありません。

ですから乳糖不耐症だからといって、特に気にする必要はありません。

粉ミルクや牛乳を、飲まないようにすればいいだけです。

 

粉ミルクを大人が飲むと太る?

粉ミルクを大人が飲んで太るというのは、あまり気にしなくてもいいようです。

ただし粉ミルクの飲み方にもよるので、あまりにも大量に飲んでしまうと、太る可能性もあります。

粉ミルクを飲んでみると、普通の牛乳よりも甘味がありますよね。

甘い物は太るという先入観と、栄養が豊富であるということから、粉ミルクは太るという噂が、出たのではないでしょうか。

粉ミルクのカロリーは、メーカーによる違いもありますが、100mlあたり65~70kcal程度です。

これは普通の牛乳とほとんど同じで、太るのを気にするほど、カロリーは高くありません。

それよりもダイエットに必要な、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富なので、粉ミルクダイエットというのを、実施している人もいるようです。

ただし粉ミルクダイエットというのは、朝食や夕食など1食を粉ミルクにするという、置き換えダイエットです。

普通に食事をした上で、更に粉ミルクを飲めば、その分多くのカロリーを摂取します。

この場合は、太る可能性がないとも言い切れません。

 

まとめ

粉ミルクの消費期限は、開封してから約1か月ぐらいで、とても短いですね。

離乳食を始めれば、ミルクの消費量も減ってきます。

大きめの缶を買ってしまったり、試供品をもらったりすると、粉ミルクを余らせてしまうことはよくあります。

勿体無いという理由で、大人が粉ミルクを飲むのも、いいと思います。

粉ミルクはそのまま飲む他に、クリームシチューやホワイトソースなどの料理に、牛乳代わりに使えます。

粉ミルクは牛乳を使うレシピであれば、ほとんど利用することができます。

しかし思い切って、捨てるという選択肢も、ありだと思います。

乳糖不耐症は下痢だけでなく、吐き気やけいれん,鼓腸などの症状が出ることもあります。

勿体無いかもしれませんが、体にあわない物を無理して、摂る必要はありません。

個人的には私は、粉ミルクの味が苦手なので、あまり飲みたくはありません。

やはり粉ミルクを余らせないように、計画的に購入するように、気を付けたいものです。

スポンサーリンク

 - 一般常識