入園式でのママのアクセサリーは?パール以外にダイヤやなしでもいいのか?

   


入園式でのママのアクセサリーは、どうすればいいのでしょうか?

パールが定番という話はよく聞きますが、それ以外のダイアなどのアクセサリーではダメなのでしょうか?

またアクセサリーなしでも、いいのでしょうか。

スポンサードリンク

入園式でのママのアクセサリーは?

入園式
 

入園式でのママのアクセサリーですが、地域差や年代差もあると思います。

昔はパールが定番と言われてきましたが、最近では必ずしもパールにこだわらない人が増えています。

ただし入園式の主役はあくまで子供であるということを考慮して、あまり目立ち過ぎない事が大事です。

この点を踏まえながら、入園式でのママのアクセサリーをどうすればいいか、探っていきましょう。

 

入園式でのママのアクセサリーはパールが定番!

最近はあまりパールに拘る人も減ってきましたが、やはり入園式でのママのアクセサリーはパールが定番です。

どんなアクセサリーを付ければいいか悩んでいるのなら、パールのネックレスやイヤリングを選ぶのが一番無難です。

パールは年令に関係なく身につけられ、どんな服装にも合うので、コーディネートしやすいでしょう。

ただしネックレスをパールにしたら、イヤリングもパールにするというように、統一感を持たせて下さい。

パールは涙の象徴とされ、結婚式やお葬式、七五三、卒業式など、色々な冠婚葬祭で使えます。

入園式の場合にはパールは、喜びの涙ということになります。

パールのネックレスやイヤリングは、とても便利なアイテムですので、一つくらいは持っていたほうがいいでしょう。

しかしパールのネックレスも、サイズがでかすぎるものや二連のものは、ちょっとパールが目立ち過ぎて、品が損なわれます。

パールのサイズは7.5-8mmくらいで一連の物が、シンプルで使いやすいでしょう。

 

入園式にパール以外のダイアなどのアクセサリーはダメ?

入園式でのママのアクセサリーは、パール以外の物を付ける人も、最近は多くなっています。

スポンサードリンク

場合によってはパール以外の人の方が、多かったりすることもあります。

ですからパールを持っていない人は、それ以外のアクセサリーでも、気にしなくていいでしょう。

昼間行われる式では、あまり綺羅びやかな装飾は、避けたほうがいいというマナーがあります。

また入園式の主役は子供ですから、ママが子供より目立つのはよくありません。

ですからあまり派手なアクセサリーは、避けるようにして下さい。

服装も黒やネイビーなど落ち着いた色でしょうから、派手なアクセサリーは服装とのコーディネートもよくありません。

人によってはダイアなどの光る石も、昼間の式には相応しくないとする人もいます。

しかし小さなダイアのネックレス程度なら、気にしなくても大丈夫です。

またカジュアルなアクセサリーも、入園式の場には相応しくありません。

上品さも、大切にしましょう。

なるべく、フォーマルでシンプルなものを選んで下さい。

 

入園式にアクセサリーなしでも大丈夫?

入園式にアクセサリーなしで、出席するママも珍しくはありません。

ネックレスやイヤリング以外に、コサージュなども付けない人もいます。

下に子供がいて一緒に連れて行かなければいけないママは、抱っこする時に邪魔になったり、子供に取られてしまうので、わざとアクセサリーを付けない人もいます。

アクセサリーなしだと、浮いてしまうと思う方もいるかもしれませんが、それほど心配しなくても大丈夫です。

はっきり言って、みんな他人の服装やアクセサリーなんて、それほど気にしていません。

自分の格好がおかしいのではないかと、気にしているのは自分自身だけです。

よっぽど目立つような格好をしていない限りは、気にする必要はありません。

ただし記念写真などを撮影すると、その時の格好が写真として一生残るので、後から後悔することがあるかもしれません。

大切な子供の特別な日ですから、後悔しないような格好で望みましょう。

 

まとめ

入園式でのママのアクセサリーは、パールのネックレスやイヤリングが定番である。

何を付けるか迷ったときは、パールのアクセサリーを選ぶのが無難である。

パール以外のアクセサリーでも、フォーマルでシンプルなアクセサリーなら、問題ない。

ダイアのような光る石でも、小さな物なら問題ない。

入園式にアクセサリーなしで、参加するママもけっこういるので問題ない。

スポンサードリンク

 - 年間行事