脇の汗疹が治らない!繰り返しできる原因と対策を探っていきます!

      2019/08/02

脇に汗疹ができてしまい、なかなか治らないことがあります。

きちんと脇のケアをして薬を塗り、治ってきたと思ったら、また繰り返し汗疹ができてしまうという悪循環!

そんな脇の汗疹が治らない、原因と対策を探っていきます。

スポンサーリンク

脇の汗疹が治らない!

脇の汗疹
 

脇にたくさん汗をかいて、服の中で蒸れてしまったとき、かゆい汗疹ができてしまいます。

特に夏は暑くて汗をかきやすいので、汗疹ができやすい季節です。

 

汗疹にも幾つかの種類がありますが、多いのは赤いブツブツができて、炎症を起こして痒みなどの症状を伴うものです。

まずは汗疹ができる原因を、探っていきましょう。

 

 

脇に汗疹ができる原因は?

脇に汗疹ができやすい人は、脇汗が多いことが考えられます。

汗をかいたままの状態を放っておくと、体温の影響などで脇が蒸れたりかぶれたりします。

そうすると皮膚の表面にある角質層がふやけて、汗腺が狭まってきます。

 

汗腺が狭まってしまうと、汗がスムーズに排出されなくなり、肌表面に水ぶくれを作ります。

これが炎症を起こすと、赤みや痒みなどの症状を伴う汗疹になるのです。

また皮脂や老廃物が汗腺に詰まっても、同じように水ぶくれができたりかぶれたりして、汗疹となることがあります。

 

特に脇は肌と肌が密着しているので、汗をかくと蒸れやすくなります。

また脇の下の皮膚は、他の場所よりも薄く弱いので、汗疹ができやすい部分です。

脇以外の部分では、ベルトやゴムなどで肌が締め付けられている場所は、同じように汗疹ができやすくなります。

 

 

脇に汗疹が繰り返しできるのは?

前述のように、脇に汗をかいて皮膚が蒸れる状態が、汗疹を出来やすくします。

この原因を取り除かない限りは、汗疹は繰り返しできます。

先にできた汗疹が治ってきても、また新たな汗疹ができるのを繰り返すだけです。

 

また汗をかくと、できてしまった汗疹に、汗が刺激を与えます。

汗疹は刺激を受けることで、赤みやかゆみなどの症状を、悪化させます。

そのため汗をかきやすい脇の下は、一度汗疹ができると、治りにくいのです。

 

痒みの症状を伴う汗疹は、掻いてしまうことで悪化して、なかなか治りません。

掻けば肌の組織が破壊され、傷口は炎症を起こします。

汗疹を掻いていると、繰り返し汗疹になってしまうのです。

 

 

脇の汗疹の対策!

なかなか治らない、脇の汗疹対策を紹介します。

 

脇汗をこまめに拭き取る

脇に汗をかいてしまった場合は、そのままの状態を放置せずに、脇汗をこまめに拭き取るようにしましょう。

脇汗をこまめに拭き取れば、脇の下を清潔に保つ効果があります。

 

脇汗を拭く時に注意するのは、乾いたタオルではなく、濡れタオルやウェットティッシュを使うことです。

汗にはタンパク質やアンモニア、皮脂、老廃物など、いろいろな成分が含まれています。

スポンサーリンク

 

乾いたタオルで脇汗を拭き取ると、水分のみが吸収されて、肌表面に皮脂や老廃物などの成分が残ってしまいます。

皮膚に残った皮脂や老廃物は、汗腺に詰まると汗疹の原因になるので、逆効果になります。

 

また力を入れて、皮膚をゴシゴシ擦って汗を拭き取って、刺激を与えるのもやめましょう。

肌をゴシゴシ擦って刺激を与えれば、皮膚のバリア機能が弱まって炎症を起こしやすくなります。

これも汗疹ができやすくなり、逆効果となります。

 

 

通気性の良い服を着る

汗をかいても蒸れないように、通気性の良い服を着ましょう。

麻の素材の服は通気性が良く、汗疹対策には最適です。

通気性の良い服は、暑さ対策にもなるので、汗の量も減らす効果もあります。

 

逆に通気性が悪い素材は、ナイロンやポリエステルなどです。

これらの素材の服は、通気性が悪いので蒸れやすく、また熱も逃げにくいので、汗の量も多くなります。

汗疹対策には、最悪の素材です。

 

 

吸水性と速乾性に優れたインナーを着用する

脇の下にかいた汗は、インナーに吸わせてしまったほうが、汗疹を予防する効果があります。

ただしインナーが汗で濡れたままの状態になっていると、皮膚が蒸れやすくなってしまうので、速乾性にも優れていなければなりません。

 

インナーの素材としては、麻などがオススメです。

また最近は汗疹対策素材が開発されており、それを使ったインナーも販売されています。

そういったインナーは、吸水性や速乾性に優れているので、汗疹対策にはオススメです。

 

 

脇の下を清潔に保つ

脇の下に汗をかいた状態で放置すると、皮膚に雑菌が繁殖しやすくなります。

皮膚に雑菌が多ければ、炎症を起こしやすくなり、あせもの原因になります。

脇の下の皮膚は、清潔に保つようにしましょう。

 

 

汗疹を掻かない

前述したように、汗疹は掻くことで悪化してしまいます。

痒くても我慢して、汗疹を掻かないようにしましょう。

どうしても痒い時は、冷やすことで痒みを和らげる効果があります。

 

またできてしまった汗疹は、皮膚科などを受診して、早く治してしまいましょう。

皮膚科では、かゆみ止めの薬も処方してもらえるので、掻いて悪化させる前に、治療したほうがいいでしょう。

 

湿疹がひどい場合には、ステロイド配合の塗り薬を、処方されることもあります。

ステロイドは副作用を懸念して、毛嫌いする人もいます。

しかし医師の指示に従い、短期間の使用であれば、問題ありません。

早く汗疹を治すには、ステロイドも有効です。

 

 

まとめ

脇に汗疹ができる原因は、脇汗が多く蒸れやすいこと。

脇が蒸れて角質がふやけると、汗腺が狭まって詰まりやすくなり、水くれができて汗疹になりやすい。

脇に汗疹が繰り返しできるのは、ワキ汗対策をしないことと、掻いて悪化させてしまうため。

脇の汗疹の対策としては、脇汗をこまめに拭き取ること、通気性の良い服を着ること、吸水性と速乾性に優れたインナーを着用すること、脇の下を清潔に保つこと、汗疹を掻かないことがある。

スポンサーリンク

 - ワキガ