日焼けが白髪の原因に?髪や頭皮を紫外線のダメージから守るには

      2017/03/13

日焼けが白髪の原因に、なることがあるようです。

白髪は老化現象ですから、いろいろな要因で生えてきます。

しかし日焼けの紫外線のダメージが、大きな要因となっているのです。

髪や頭皮をを紫外線のダメージから守るのは、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

日焼けが白髪の原因に?

日焼けでできた白髪

日焼けと白髪の関係を解説する前に、髪の毛がなぜ黒いのかを解説します。

髪の毛の黒い色は、肌が日焼けした時に黒くなるのと同じ、メラニンという色素の色です。

メラニンはメラノサイトという、色素細胞から作られます。

日焼けで肌が黒くなるのは、紫外線の影響でメラノサイトが活性化して、メラニンを大量に生成するからです。

しかし頭皮にあるメラノサイトは、紫外線の影響を受けなくても、メラニンを生成しています。

髪の毛は毛母細胞から作られますが、最初は何も色が付いていない白髪の状態になっています。

そこにメラノサイトが生成したメラニンを取り込んで、黒色の髪の毛ができるのです。

つまり白髪というのは髪の毛が作られるときに、メラニンが取り込まれていない状態のものなのです。

この原因はメラノサイトの機能の低下と、作られたメラニンを髪の毛に運ぶ能力の低下が考えられます。

しかしその両方に関係しているのが、日焼けによる紫外線の影響です。

白髪がこめかみや分け目に目立つのも、一番日焼けしやすく紫外線の影響を、受けやすい場所だからです。

スポンサードリンク

もちろん白髪の原因というのは、日焼け以外にも生活習慣や老化によっても起こります。

しかし日焼けによる紫外線のダメージが、大きな原因となっていると言えるでしょう。

 

日焼けによる紫外線のダメージから髪や頭皮を守るには

人間が何も紫外線対策をしなかった場合、一番日焼けしやすい場所は頭部です。

太陽の光は上から降り注いできますから、一番上にある頭部が一番日光を浴びるのです。

その結果髪の毛や頭皮は、かなりの紫外線ダメージを受けます。

紫外線のダメージが深刻になれば、白髪だけでなく薄毛になることもあります。

また髪の毛も紫外線ダメージで、キューティクルが剥がれてツヤがなくなったり、枝毛になったりします。

頭部を紫外線ダメージから守るには、帽子を被ったり日傘を差したりして、頭部に日光が当たらないようにしてください。

髪の毛にも使える紫外線カットスプレーというのがありますので、こういった商品を利用するのもいいでしょう。

しかし紫外線カットスプレーは、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の影響で、髪の毛が傷んでしまうことがあるようです。

使用前には念のため、髪の毛の先端でパッチテストをしてから、使うようにして下さい。

またこのような紫外線対策アイテムを使った場合は、必ず丁寧にシャンプーして落とすようにして下さい。

紫外線カットスプレーには、皮脂や汗で落ちにくい成分が含まれています。

きちんとシャンプーしないと、そういった成分が髪や頭皮に残ってしまいます。

 

まとめ

日焼けによる白髪は紫外線のダメージで、メラニンが減少して起きる。

頭皮や髪を紫外線から守るために、帽子や日傘を利用する。

髪の毛用の紫外線カットスプレーなどを、利用するのも良い。

スポンサードリンク

 - 日焼け ,