ワキガの服の素材や色の選び方!臭わない対策とは?

   

ワキガの臭いというのは、服の素材によってきつく感じることがあります。特に夏など汗を多くかく季節は、臭わない素材の服を選びたいものです。また黄ばみや汗染みが目立たない、服の色の選び方や、臭わない対策についてまとめています。

スポンサードリンク

ワキガの服の素材の選び方!

ワキガの服

ワキガの臭いがきつくなる服の素材は、吸水性の悪い素材や通気性の悪い素材になります。代表的な服の素材としては、ポリエステル、ナイロンなどの化学繊維や、それらが混ざった混紡素材になります。

ワキガの人は、アポクリン汗腺から分泌される脂質やタンパク質、アンモニアなどの有機物を含む汗を、多くかくという特徴があります。服の素材が吸水性が悪いと、この汗の成分が服の表面に残ってしまいます。

さらに通気性が悪いことで、服の内側が蒸れた状態になります。湿度と温度が高くなることで、ワキガの原因菌が活性化します。そうするとワキガの原因菌が、汗に含まれる脂質やタンパク質、アンモニアなどの分解を促進し、ワキガ臭をきつくしてしまうのです。

また服の素材自体に、汗とワキガの原因菌が付着してしまうことで、服にワキガ臭がいつまでも残ってしまうことがあります。このワキガ臭はかなり頑固で、普通に洗濯しても、ニオイが取れなくなってしまうことがあります。

ワキガ臭をなるべく抑えるためには、吸水性と通気性が良い服の素材を選ぶようにします。代表的な服の素材としては、綿があります。ただし綿と化学繊維の混紡素材はダメで、綿100%の素材を選びます。

綿は吸水性に優れているので、汗をかいてもすぐに吸い取ってくれます。また通気性もいいので、服の中が蒸れる危険も少なくなります。そうするとワキガの原因菌の活動も抑えられ、ワキガ臭も抑えることが出来るのです。

 

ワキガの服の色の選び方!

ワキガの人は脇汗を多くかき汗染みができたり、黄ばみできてしまうこともあります。これらが目立たないようにするには、服の色の選び方が重要です。

まず白色の服は、黄ばみが目立つので、着ない方がいいでしょう。白色の服は、汗染みは目立たないので、多汗症の人にはおすすめの色です。しかしワキガで脇が黄ばみやすい人は、目立ってしまうので要注意です。

スポンサードリンク

汗染みに関しては、グレーなどの原色系の色の服は目立ちます。これは汗で濡れた部分が黒く見えるので、周りとの色の濃淡がはっきりしてしまい、汗染みが目立ってしまうからです。

これらの点を考慮して、黄ばみと汗染みの両方が目立たない服の色を選ぶと、黒色になります。
黒色のような濃い色は、黄ばみが着いても目立ちません。また汗で濡れても、色の変化が少ないので、汗染みも目立ちません。

また単色の服ではなく、横ボーダーや細かい柄が多い服も、汗染みが目立たなくなります。

 

ワキガの服が臭わない対策

ワキガの服が臭わない対策としては、体と服にゆとりがある服を着ることです。体にピッタリした服を着てしまうと、通気性が悪くなるため、服の中が蒸れやすくなって、ワキガの臭いもキツくなります。

体と服にゆとりがあると、通気性が良くなって、服の中が蒸れにくくなります。袖口なども広い方が、通気性が良くなります。通気性が良くなれば、汗も乾きやすくなるので、汗染みもできにくくなります。そしてワキガ菌の活動も、抑えることができ、臭わない対策になります。

また脇汗をこまめに拭くことで、ワキガ臭や汗染みの対策になります。汗が服などについて、時間が経つほどニオイがキツくなっていくので、早めに拭き取ったほうが、臭わない対策になります。

汗を拭き取る時は、濡れタオルかウェットティッシュを使います。乾いたタオルを使うと、脇の下が乾燥してしまうので、余計に汗をかいてしまうことがあります。濡れタオルやウェットティッシュを使うと、脇の下が程度に湿って、汗を抑えることが出来ます。

また制汗スプレーや脇汗パットなどを使うと、余計にワキガを悪化させてしまうことがあります。ワキガの対策としては、保湿するタイプのわきがクリームのほうが、効果が期待できます。

 

まとめ

ポリエステル、ナイロンなどの化学繊維や、それらが混ざった混紡素材の服は、ワキガ臭がきつくなる。

ワキガの服の素材は、吸水性と通気性の良い綿100%のものが良い。

ワキガの服の色は、黒色が黄ばみも汗染みも目立たなくて良い。

グレーなどの原色系の色は、汗染みが見立ちやすい。

ワキガの服が臭わない対策としては、体と服の間にゆとりがあり、通気性の良いものを選ぶと良い。

脇汗は濡れたタオルやウェットティッシュで拭き取ると、臭わない対策となる。

スポンサードリンク

 - ワキガ