インフルエンザはいつから外出できる?体調の目安や注意すること

      2019/04/29

インフルエンザはいつから、外出していいのでしょうか?

他の人にインフルエンザが感染する危険があるので、治ったからといってすぐに出勤や登校してはいけません。

体調の目安や外出するときに、注意することも確認しておきましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザはいつから外出していい?

kaze01
インフルエンザは体調が回復して動けるようになったら、すぐに外出してしまう人が多いようです。

まじめな人ほど、すぐに出社して仕事をしたいとか、登校して勉強したいと思うかもしれません。

しかしあまり慌てて、外出しないほうが良さそうです。

 

インフルエンザで怖いのは、なんといっても集団感染です。

自分が原因で、他の人にインフルエンザを感染させてしまっては大変です。

解熱して普通の生活が出来るようになっても、まだインフルエンザが感染する危険は残っています。

インフルエンザが治っても、すぐに外出するのはやめましょう。

 

インフルエンザの後いつから外出していいについては、学校保険法という法律が参考になります。

こちらの法律の規定によれば、インフルエンザを発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(乳児は3日)を経過するまでを出席停止期間と定めています。

学校保健法というのは、小学校、中学校、中等教育学校などの生徒の学校への出席について定めたものです。

インフルエンザが治った後、学校以外の場所への外出や、サラリーマンの方が会社に出社することまでは、禁止していません。

 

サラリーマンの方も会社によっては、個別にインフルエンザ感染後の出社停止期間が、定められていることがあります。

しかし、そのような定めがない場合でも感染を拡大さえないために、学校保健法で定められた期間は、出勤しないほうがいいでしょう。

 

インフルエンザ後いつから外出できるか体調の目安

インフルエンザ後いつから外出できるか、体調の目安を説明していきます。

インフルエンザに感染して発熱などの症状が起きた場合でも、抗インフルエンザ薬を服用すれば、早ければ1~2日程度で解熱することもあります。

スポンサーリンク

 

熱が下がってしまうと体調も良くなり、普段の生活ができると思うかもしれません。

しかしこの状態では、まだインフルエンザは完治していません。

あくまで抗インフルエンザ薬の作用で、解熱しているだけです。

 

そして、他人にインフルエンザを感染させない目安としては、解熱よりも咳が出なくなることを確認して下さい。

熱が下がっても咳が出るうちは、他人にインフルエンザを感染させてしまう可能性があります。

 

たとえ咳が出なくても前項で説明した、「インフルエンザを発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(乳児は3日)」は感染の危険があるので、なるべく外出しないようにしましょう。

 

インフルエンザ後の外出で注意すること

インフルエンザにかかった後に外出する場合は、たとえ咳が出なくてもマスクをするようにしましょう。

上記で説明した期間を過ぎていれば、他人に感染するリスクはほとんどありません。

しかしマナーとして、しばらくマスクを着用しましょう。

 

服装は暖かい格好が基本ですが、暑すぎると汗をかいて、逆に冷えてしまうこともあります。

服を1枚着たり脱いだりして、体温調整をしましょう。また汗をかいた時は着替えをして、体を冷やさないようにします。

 

インフルエンザは完治したと言っても、体力は低下していることがあります。

病み上がりで、あまり無理はしない方がいいでしょう。

 

体力が低下してる時は、いろいろな病気にかかりやすくなります。

インフルエンザ以外の病気や、違う型のインフルエンザに感染することもあります。

しばらくは、いつも以上に体調管理に気を付けましょう。


まとめ

インフルエンザ後いつから外出できるかは、学校保健法で規定されているインフルエンザを発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(乳児は3日)を経過するまでを参考にする。

インフルエンザはいつから外出できるか体調の目安は、熱が下がって咳が出なくなるのを目安とする。

インフルエンザ後の外出で注意することは、マスクを着用すること、暖かい格好をして冷えないようにすること、無理をしないことである。

スポンサーリンク

 - 健康