会社の昼休みに寝るのはダメ?仕事への効果や昼寝の方法とは?

      2019/07/18

会社の昼休みに、寝るのはダメなのでしょうか?

会社や職場の雰囲気で、昼寝ができないところもあるでしょう。

しかし昼休みに寝ると、仕事にいい効果もあるようです。

ここでは会社での昼寝の効果や、方法などについてまとめています。


スポンサーリンク

会社の昼休みに寝るのはダメ?

会社の昼休みに寝る男性

会社の昼休みに寝る人は、最近増えてきているようです。

これは次項で詳しく説明しますが、医学的にも昼寝の効果が認められているからです。

昼寝の効果が一般的にも、浸透して来てるんですね。

 

しかしビジネスマナーとして考えた場合、会社の昼休みに寝るという行為は、本当に大丈夫なのでしょうか?

実際に会社の昼休みに職場で寝ていたら、上司に注意されたという人もたくさんいます。

 

基本的に会社のお昼休みは自由時間なので、寝るのも自由だといえます。

しかし会社という組織に所属している以上は、周りの人に迷惑をかけたり、不快だと思わせる行動は、慎まなければなりません。

 

ここで寝るという行為が、他人に迷惑をかけたり、不快に思われるのかと、疑問に思われる方もいるかもしれません。

しかし大きないびきをかいて寝ていたりすれば、これは迷惑行為といえます。

 

またいびきをかかずに静かに寝ていても、人によっては「だらしがない」とか、「仕事の士気が下がる」など、不快に感じる方もいます。

この辺が会社の昼休みに寝ることの是非について、グレーゾーンな部分でしょう。

 

会社によってはむしろ、昼休みに寝ることを推奨してるところもあります。

こういう会社であれば、堂々と昼寝が出来ます。

しかしそうでない会社は、どうすればいいのでしょうか?

 

会社の昼休みに寝ることが、許されないような雰囲気の職場であれば、一度上司に相談してみましょう。

しかしたら、すんなりとOKがもらえる可能性もあります。

 

もし上司にダメだと言われても、次項で説明する昼寝の仕事への効果を説明してみて下さい。

仕事の効率がアップするのならばと、OKを貰える可能性もあります。

 

それでもダメな場合は、会社のオフィス以外の場所で、昼寝ができる場所を探してみてはいかがでしょう。

私が昔勤めていた会社では、書庫や工作室などで昼寝をしている人が、けっこういました。

 

ただしその場合は、始業の10分前くらいには起きれるように、携帯やスマホなどのアラームをセットしておきましょう。

もしも午後の仕事が始まっているのに気付かずに、ずっと寝ていたなんてことになったら大問題になります。

 

 

昼寝の仕事への効果とは?

昼寝をすることで仕事に、どんな効果があるのかを説明していきます。

 

まず昼寝は短時間でも、疲労を回復させる効果があります。

午前中に仕事をして溜まった疲労は、昼寝で回復させることができます。

体力の回復に関しては、通常の睡眠よりも短時間の睡眠のほうが、高いというデータもあります。

疲労を蓄積させたまま午後の仕事に望むより、いい仕事ができますね。

 

疲労物質というのは体だけでなく、脳にも蓄積していきます。

スポンサーリンク

脳に疲労物質が蓄積すると、集中力がなくなり仕事の効率も悪くなります。

昼寝をして脳の疲労物質が取り除かれれば、集中力がアップして効率的に仕事が出来ます。

 

また寝不足などにより、昼間眠いという人がいます。

これは夜しっかり寝るようにするのが一番いいのですが、とりあえず昼寝をすることで、眠気をふっとばすことができます。

睡魔と戦いながらでは、いい仕事はできません。

 

このように昼寝をすることで、仕事の効率がアップすることが分かってきて、積極的に昼寝を推奨する会社が増えています。

特にアメリカは進んでおり、昼寝専用の部屋を設置している企業もあるほどです。

 

その点日本の企業は、まだまだ昼寝の導入が進んでいないといえます。

仕事の効率がアップするのですから、日本の企業も積極的に昼寝を導入して欲しいですね。

 

 

会社での昼寝の方法

会社での昼寝で効率よく疲れが取れて、スッキリ目覚めるための方法を紹介します。

 

まずお昼ごはんを食べる時に、お茶やコーヒーなどのカフェインの入った飲み物を飲んでおきます。

カフェインは摂取してから、30分後くらいから、覚醒効果が出始めます。

起きる時間の30分前に飲んでおけば、スッキリ目覚めることができます。

 

昼寝の時間は、10~15分程度の短時間でOKです。

ほとんどの会社は、1時間程度昼休みがあると思います。

お昼ごはんを食べた後でも、このくらいの時間は確保できるでしょう。

 

昼寝は長過ぎると、深い眠りに入ってしまうため、スッキリ目覚めることができなくなります。

そのため長く寝ると逆に、疲労感を感じることもあります。

昼寝はどんなに長くても、20分以内に留めましょう。

 

昼寝をする姿勢は椅子に座ったままで、背もたれにより掛かるか机に顔を伏せて寝ます。

自分がいちばん楽だと思う姿勢で、寝て下さい。

眠った時に体勢が崩れることがあるので、机に伏せている格好の方がいいでしょう。

 

横になって寝てしまうと、逆に疲労感が増してしまうこともあります。

会社の中で横になれる場所は、あまり無いかもしれませんが、横にならずに椅子に座った状態で昼寝しましょう。

 

光や音が気になって、上手く昼寝ができないという方は、アイマスクや耳栓を使ってみて下さい。

もし眠ることができなくても、目を閉じて静かに休むようにして下さい。

眠らなくても目を閉じているだけでも、疲労を回復する効果があります。

 

そして昼寝から目覚めた後は、窓の外から太陽の光を浴びたり、軽くストレッチなどをして、体を目覚めさせましょう。

スッキリした状態で、午後の仕事に取り組めるようにします。

 

 

まとめ

会社の昼休みに寝ると仕事の効率はアップするが、ビジネスマナー的にNGとする会社もある。

昼寝がダメという会社では上司に相談したり、オフィス以外の場所で昼寝できる場所を探すと良い。

昼寝には疲労を回復したり集中力がアップして、仕事の効率を上げる効果がある。

会社での昼寝の方法は10~15分程度とし、椅子に座った状態で寝るといい。

スポンサーリンク

 - ビジネスマナー ,