お中元をやめるタイミングややめ方とは?手紙は書いた方がいいのか?

   

お中元は一度贈ってしまうと、毎年贈らなければならなくなります。

最初は深く考えずに贈ってしまっても、だんだん付き合いがなくなってきたり、負担が大きくなってやめたいと思うこともあるでしょう。

そんな時にお中元をやめるタイミングややめ方、手紙を書いた方がいいかについてまとめています。

スポンサードリンク

お中元をやめるタイミングとは?

お中元をやめる


お中元をやめるタイミングは相手にもよりますが、付き合いがなくなった時点で、やめるのがいいでしょう。

お中元はお世話になった人に対して、御礼の気持ちとして贈るものです。ですから付き合いがなくなれば、当然お世話にもなっていないので、お中元を贈る必要はなくなると考えます。

このケースに当たるのは、職場の上司が人事異動で他の職場に移った時や、子供が習い事をやめた時の先生などです。

この場合は貰う方も特にお世話もしていないのに、お中元を貰っては申し訳ないと思ってしまいます。

その後も縁を保ちたいとしても、お中元を続ける必要性はありません。

年賀状や暑中見舞いなど、季節の折々の挨拶状で縁を保っていれば十分ではないでしょうか。

結婚式の仲人をしていただいた方は、礼儀としてしばらくはお中元を贈っておくほうがいいでしょう。

最近では目安としてだいたい3~5年のタイミングで、お中元をやめる方が多いようです。

仲人へのお中元をやめたいと思っている方は、それくらいのタイミングを見計らって、贈るのをやめればいいでしょう。

次に親族のお中元をやめるタイミングですが、やめたいと思った時にやめるのがベストです。

やめたいと思う理由は、金銭的な負担などいろいろあると思います。

しかしお中元をやめること自体は、決して失礼なことではありません。

お中元自体は義務ではないので、基本的にはやめたい時にやめていいことになります。

 

お中元のやめ方とは?

お中元をやめるのはいいとしても、急にやめたら先方から変に思われないかなど、気になることでしょう。

ここではお中元のやめ方について、触れたいと思います。

お中元は普段のお世話に対する御礼ですので、やめる時には特に何もしなくても問題はありません。

スポンサードリンク

しかし何もないと先方から、「何かあったのかもしれない」と余計な心配をかけてしまうかもしれません。

そうならないためには暑中見舞いのはがきを出して、こちらの近況報告と相手の安否を気遣いようにすればいいでしょう。

暑中見舞いくらいであればこちらも相手も、それほど大きな負担にはなりません。

また先方からお中元が贈られてくるので、仕方なくお返しにお中元を贈っている場合は、倍返しをして断るのがマナーです。

本来お中元のお返しをする場合は相手の気持ちを受け取るために、いただいた物の半額程度の物をお返しする半返しをします。

しかしもうお気遣いは結構ですと、今後のお中元を断るには、いただいた物の倍額の物を贈って意思表示をします。

この場合は分かりやすいように、手紙を添えて贈ることをお勧めします。

 

お中元をやめるときは手紙を書いたほうがいい?

先にも少し触れていますが、お中元をやめるときは手紙を書いて、相手に伝える必要はありません。

暑中見舞いを送るようにするといいと書いてますが、そこに今後はお中元を贈りませんなどの旨は書く必要はありません。

お中元はあくまで、こちらのお礼の気持として贈るものです。

事前に今年からは贈りませんなどと手紙がくれば、まるで先方が催促しているかのように捉えて、不快な気持ちになってしまうこともあるでしょう。

ただし倍返しでお中元をお断りする場合は、手紙を書いたほうがいいです。

その場合は今までお中元を贈っていただいたことへの感謝と、今後はお気遣いなさいませんようにとの言葉を入れてお断りします。

しかし、これでお互いの関係を精算したいと思われては、角が立ってしまいます。

そこで、「今後も変わらぬお付き合いをお願いします」という一文を加えることで、お中元はやめても良好な関係を保っていきましょう。

 

まとめ

お中元をやめるタイミングは、先方との付き合いがなくなった時にやめると良い。

結婚式の仲人などをしていただいた方の場合は、3~5年くらいでやめるのが一般的。

親族などのお中元は、やめたいと思った時にやめて良い。

お中元のやめ方は特に何もしなくてよいが、暑中見舞いなどを出しておくと良い。

相手からお中元が贈られてくるので、仕方なくお返しにお中元を贈っている場合は、倍返しでお断りする。

お中元をやめる時には、特に手紙などは書く必要はない。

倍返しでお断りする時には、手紙を添えて意思表示するほうが良い。

スポンサードリンク

 - お中元