ブレーキランプ交換をオートバックスでした費用や感想など

   


車のブレーキランプ交換を、オートバックスでしてもらったときの費用や感想などを、まとめています。

ブレーキランプ交換は自分でやる方法や、ガソリンスタンドなどでもできます。

その中でオートバックスで交換してもらって、感じたことがあります。

スポンサーリンク

ブレーキランプ交換のオートバックスの費用

 

私がブレーキランプ交換をオートバックスでしたのは、メンテナンスメンバーになっていたからです。

オートバックスのメンテナンスメンバーは、オイル交換などの工賃が無料になるサービスです。

入会費1000円で1年間有効で、継続する場合は1年間で500円です。

 

それでブレーキランプの交換費用も、無料になると思っていたんですね。

ところがメンテナンスメンバーに、ブレーキランプの交換費用は含まれていませんでした。

そのままブレーキランプ交換してもらったのですが、費用は以下の通りです。

 

ブレーキランプの部品代が376円ですが、これは2個セットの値段で、消費税8%が含まれています。

ブレーキランプ交換の工賃は540円で、これは片側のブレーキランプだけの交換で、消費税8%が含まれています。

オートバックスのブレーキランプ交換は、トータルで916円(消費税8%込)でした。

 

ちなみ次にブレーキランプ交換する場合は、部品が1つ余っているので、部品持ち込みで工賃のみで交換できます。

ブレーキランプ交換費用916円というのは、人によっては高く感じるかもしれません。

自分で交換する方法なら、工賃はただになりますからね。

でも色々考えると、この値段は決して高くないと思いました。

 

 

本当にブレーキランプが切れているのか?

車のブレーキランプが点灯しなければ、直感的にブレーキランプが切れたんだと、思ってしまいます。

しかし電気系統のトラブルなど、他のことが原因でブレーキランプが点灯しないこともあります。

まあ殆どの場合は、ブレーキランプが切れているんですけどね。

 

今回オートバックスで、ブレーキランプ交換してもらって良いと思ったのは、きちんと点検してから作業してもらたことです。

実は昔ガソリンスタンドでも、ブレーキランプの交換をしてもらったことがあります。

その時は何も点検せずに、いきなりブレーキランプを交換し始めたのを覚えています。

 

それでもお店で交換する場合は、最後にブレーキランプが点くかは確認しますから、なんとかなるとは思います。

でも自分でブレーキランプを交換する方法は、どうでしょうか?

スポンサーリンク

せっかくブレーキランプを交換したのに、ランプが点灯しないってなりますよね。

 

滅多に無いケースだとは思いますが、もしかして交換するときに壊したかもなんて、不安になるかもしれません。

 

 

安心・確実なブレーキランプ交換作業ができるか?

工業系の学校を出ていたり、車のメンテナンスに詳しい人なら、自分でブレーキランプの交換をしてもいいと思います。

しかし普段ドライバーも使わないような素人であれば、やはり専門のお店に任せたほうが安心できます。

 

例えば私の知り合いは、自分でブレーキランプ交換をして、愛車に傷を付けてしまったようです。

 

車に傷が付くくらいなら、まだマシかもしれません。

自分で交換したブレーキランプの不備で、事故でも起こしたら大変です。

 

ドライブレコーダーを付けている車なら、証拠もバッチリ残ります。

車は事故を起こしたときの損失が、とても大きいというリスクがあります。

それを考えれば500円くらいの工賃は、決して高くないと思います。

 

 

オートバックス以外のお店でのブレーキランプ交換は?

ブレーキランプの交換はオートバックス以外でも、イエローハットやガソリンスタンドなど、色々なお店でできます。

 

費用の相場は同一地域であれば、それほど大きくは変わらないのではないでしょうか。

地元のイエローハットしか調べてませんが、ほとんどの工賃がオートバックスと同じになっています。

この辺はお互いライバル同士なので、他店の工賃は調査しているのではないでしょうか。

 

逆にあまり工賃が安すぎても、不安になりますよね。

数百円程度の違いなら、工賃より信頼で選ぶほうがいいでしょう。

 

そしてガソリンスタンドについては、当たり外れがあるような気がします。

要は腕のいい整備士が、いるかいないかなんですよね。

腕のいい整備士がいるガソリンスタンドなら、安心して任せられます。

 

整備士については、オートバックスやイエローハットにも言えることですね。

オートバックスやイエローハットも、店舗により差があるかもしれません。

 

この辺はインターネットで口コミを調べたり、知り合いなどに聞いて調べるしかありません。

車に乗るなら、信頼のおけるお店を見つけておくと、いいですね。

 

 

まとめ

車のブレーキランプが切れたまま走っていれば、整備不良で警察に捕まることもあります。

しかし車に乗っていると、ブレーキランプが切れている車って、けっこう見かけますよね。

両方のブレーキランプが切れている車も、何度か見かけたことがあります。

 

ブレーキランプは気付きにくい場所だけに、余計に注意しないといけません。

ブレーキランプ交換は、オートバックスでも自分でもいいと思いますが、きちんとメンテナンスだけはしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 - 生活