新生活に必要なもの一人暮らし編!家具や家電などの費用を節約するには

      2017/07/28

新生活をスタートするのに、必要なものは何なのでしょうか?

一人暮らしを始めるのなら、費用もなるべく節約したいですよね。

それには家具や家電など、最低限必要なものと、不要なものを見極めなければなりません。

ここでは一人暮らしの新生活に、必要なものをまとめています。

スポンサードリンク

新生活に必要なもの一人暮らし編!

新生活に必要なもの
 

新生活に必要なものを買い揃えるのに一人暮らしの場合は、最初に一気に揃えようとしない方がいいです。

最初は必要最低限なものだけを揃えて、後は生活をしていく中で必要だと思ったものを都度、買い足していくようにします。

一人暮らし経験者の方には使うだろうと思って買ったけれど、全然使わなかったという失敗談がたくさんあります。

一人暮らしなら部屋もあまり広くないでしょうから、使わないものがあっても邪魔になるだけです。

それに何よりも、お金がもったいないです。

実際に新生活がスタートすると、意外と出費がかさむものです。

なるべく節約できるところは節約して、お金を貯めておきましょう。

まずは一般的な一人暮らしの新生活で、最低限必要と思われるものを紹介します。

後はそれぞれのライフスタイルに合わせて、必要なものを選んでみて下さい。

 

カーテン

新生活を始めるにあたり、あなたのプライバシー守るのに、カーテンは必需品です。

引っ越したらまず最初に、カーテンを設置しましょう。

最近はみんなが、カメラ付きの携帯電話やスマートフォンを持っていますから、カーテンがないと盗撮の被害に遭う危険が高まります。

カーテンは閉めっぱなしにすると、部屋に陽の光が入って来ないので、昼間はレースのカーテンがあると便利です。

また女性の方はピンク色など、カワイイ柄のカーテンを選びたいと思うかもしれませんが、なるべくなら止めたほうがいいです。

これは外から見たときに、女性が住んでいることを伺わせてしまうからです。

女性の一人暮らしは、特に防犯に気を付けましょう。

 

照明器具

照明器具を買い忘れると、暗闇の中で生活しなければなりません。

照明器具は引っ越したら、忘れないうちに設置しましょう。

引っ越しでバタバタしていて暗くなってから、照明器具がないことに気付いたなんて失敗談もあります。

一人暮らしで電気代を節約したければ、LEDの照明がいいでしょう。

部屋の配線器具を確認して、設置できる照明器具を選んでください。

また天井に照明器具を取り付けるのには、踏み台など足場が必要になります。

本などを積み上げて、不安定な状態で作業するのは危険ですので、必ずきちんとした足場を用意してください。

自分で照明器具が設置できない場合は、お金は掛かりますが業者に依頼しましょう。

 

寝具

一人暮らしの新生活での寝具は、ベッドにするか布団にするかがポイントです。

一人暮らしで部屋が狭い場合は、ベッドよりも布団のほうが、部屋のスペースを有効活用できます。

6畳ぐらいの狭い部屋に、ベッドを置いてしまうと、部屋がかなり狭く感じます。

布団であれば寝るときだけ敷いて、普段はたたんでおけばいいので、部屋を広く使えます。

また布団は自分の好きな位置に敷いて寝ることができるので、季節によって暖かい場所や涼しい場所に移動して寝れます。

ただし布団の場合は敷きっぱなしで、万年床にならないように注意しましょう。

また寝具は寝袋でもいいと考える人もいますが、これはやめたほうがいいです。

寝袋ではぐっすり眠れず、体の疲れが取れないことがあります。

一人暮らしで辛いのは、病気など体調を崩したときです。

体調管理をする上で、睡眠は非常に重要です。

きちんと体の疲れが取れて、ぐっすり眠れる寝具を選んで下さい。

 

洗濯機

生活していれば必ず、洗濯機は必要になります。

ただし近所にコインランドリーがあれば、それを活用してもいいでしょう。

これは費用面で洗濯機とコインランドリーのどっちがお得か、よく考えて決めて下さい。

例えば1年とか短期間しか一人暮らしをしないなら、洗濯機を買うよりコインランドリーの方が安くすみます。

しかし長期間一人暮らしをするなら、洗濯機を買ってしまったほうがお得です。

洗濯機を選ぶ時は、部屋の洗濯機置場に設置できるサイズを選ぶことが重要です。

人によってはまとめて洗濯したいから、大きいサイズを選びたいと思うかもしれませんが、まずはサイズを確認しましょう。

洗濯機の設置は自分でやる場合は、ホースの取付など水漏れしないように気を付けて下さい。

アパートなど集合住宅で水漏れすると、他の部屋まで水浸しにして、弁償しなければならないこともあります。

自信がない場合は、業者にお任せしましょう。

 

冷蔵庫

冷蔵庫は自炊しない人でも、あったほうが便利です。

いざという時のために冷蔵庫に、食料を保管しておきましょう。

例えば病気などで外出できないときに、冷蔵庫に食料があると助かります。

また夏場は食料が腐りやすいので、きちんと冷蔵庫で保管するようにしましょう。

冷蔵庫はサイズが大きい方が電気代も高くなるので、自分の用途にあったサイズを選びます。

スポンサードリンク

自炊するなら200リットルくらいを目安にして、自炊しないならもう少し小さ目の冷蔵庫を選んでもいいでしょう。

 

冷暖房器具

地域にもよりますが、冷暖房器具は必需品です。

都心部では夏に、冷房無しで過ごすのは厳しいです。寒い地域で冬に、暖房無しで過ごすのもきついでしょう。

春から新生活を始めるなら、必要な季節になってから買えばいいでしょう。

 

テーブル

新生活を始める上で、テーブルは一つくらいは、あったほうがいいでしょう。

友達がたくさん遊びに来るなら、大きいテーブルの方が便利ですが、あまり大きいと場所をとるので邪魔になります。

自分のライフスタイルに合わせて、最適なものを選びましょう。

また軽量で折りたたみ式のテーブルなら、使わない時は畳んで片付けておけます。

 

収納ケース

新生活をするのに、衣類や下着をしまうのに、収納ケースは必要です。

一人暮らしの狭い部屋は、収納が悪いとより狭くなります。

限られたスペースを有効活用するなら、収納ケースを使って、スッキリ収納しましょう。

 

食器類

新生活をするなら、食器類は自炊をしなくても、持っていたほうがいいです。

人から何か食べ物をいただいたとき、食器類がないと困ります。

またコンビニでお弁当を買った時に、家に帰ったら割り箸が付いてなかったなんてことも、あるかもしれません。

お皿、コップ、カップ、お箸、スプーン、フォークなど、自分に必要なものを揃えて下さい。

洗うのがめんどくさい人は、割り箸や紙コップ、紙のお皿など、使い捨てできる物を買っておきましょう。

これらは全て、100円ショップで揃えられます。

バス用品・洗面用具・トイレ用品・その他

バス用品・洗面用具・トイレ用品などは、生活をする上で必需品です。

代表的なものを挙げると、シャンプー、リンス、ボディシャンプー、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、タオル、ティッシュ、トイレットペーパー、洗剤類、雑巾、スポンジ、ブラシ、ハンガー、ゴミ袋、ゴミ箱、物干し竿などです。

 

一人暮らしの新生活にあると便利なもの

一人暮らしの新生活で、あると便利なものを紹介します。

自炊するなど人によっては必需品もありますので、自分のライフスタイルに合わせて、必要なものを選んで下さい。

 

テレビ

テレビは一昔前は必需品でしたが、最近はパソコンやスマートフォンが普及して、必ずしも必要ではなくなってきました。

パソコンやスマートフォンを持っていれば、必要な情報はそちらから入手できます。

テレビを持っていると、NHKの受信料を払わなければいけないので、見ないならない方がいいでしょう。

ただし実際に一人暮らしの新生活をスタートすると、寂しさに耐えられないという人がかなりいます。

そんな時はテレビを見なくても点けっぱなしにしておくと、寂しさを紛らわすことができます。

また暇な時に時間を潰すのにも、テレビは便利です。

 

炊飯器

炊飯器は自炊する人には必需品ですが、自炊しない人はなくても大丈夫です。

ご飯だけ炊いて、おかずだけ外で買ってくるという手もあるので、あれば便利です。

ご飯は鍋でも炊けますし、パックのライスも売っているので、一人暮らしの新生活には、必需品ではありません。

実際に一人暮らしの新生活をスタートする時に、炊飯器を購入したけれども、全然使っていないという人が、たくさんいます。

炊飯器が本当に必要か、よく考えてから購入しましょう。

 

電子レンジ

電子レンジは色々使えるので、あれば便利です。

最近はレンジでチンするだけで、食べれる物がたくさん売っているので、一人暮らしの強い味方になります。

電子レンジを選ぶ時は、コンビニのお弁当などが温められるように、ちょっと大きめのほうが便利です。

一人暮らしだからといって小さいものを選ぶと、大きいものが温められなくて不便です。

 

掃除機

掃除機は一見必需品のように思えますが、なくても掃除はできます。

床がフローリングなら、ホウキやクイックルワイパーで掃除できます。

掃除機は場所を取るので、一人暮らしの狭い部屋には、けっこう邪魔になります。

それに電気代と騒音のことを考えて、持っているけど使わないという人もいます。

ただし床がカーペットなら、掃除機を使ったほうが、キレイに掃除できます。

 

ガスコンロ・IHクッキングヒーター

ガスコンロやIHクッキングヒーターは自炊をするなら必需品ですが、自炊しないならなくでも大丈夫です。

しかし自炊はしなくても、お湯くらいは使うでしょうから、あると便利です。

しかしお湯だけなら、電気ポットや電気ケトルでもいいので、ガスコンロやIHクッキングヒーターはなくてもいいでしょう。

 

電気ポット・電気ケトル

電気ポットや電気ケトルがあると、手軽にお湯が沸かせて便利です。

お茶を飲んだり、カップ麺を作る程度であれば、電気ポットや電気ケトルで十分です。

 

キッチン用品

キッチン用品は料理をする人は必需品ですが、しないなら必要ありません。

一応あれば便利なキッチン用品をリストアップすると、まな板、包丁、フライパン、鍋、やかんなどです。

 

まとめ

一人暮らしの新生活に必要なものと、あったら便利なものに分けて紹介しました。

必要なものは、それぞれのライフスタイルによって変わりますので、自分のライフスタイルに合わせて選んで下さい。

特に自炊するかしないかで、大きく変わってきます。

最初は自炊するつもりでいても、結局めんどくさくてやらなくなる人も多いです。

実際に新生活が始まってみないと、分からないこともありますから、段々と揃えていけばいいでしょう。

スポンサードリンク

 - 一般常識 ,