お花見で健康アップ!桜の香りや色彩の効果とは?

   

春になると桜の花が咲き乱れ、お花見のシーズンとなります。

近くの公園に家族や友達と、お花見に行かれる方も多いでしょう。

花を見るよりも、飲み食いが楽しみかもしれませんが、お花見にも健康アップの効果があります。

桜の香りや色彩の効果について、探っていきます。

スポンサードリンク

お花見で健康アップ!

ohanami01
 

お花見に限らず自然と触れ合うことには、健康をアップする効果があります。

公園や森林を散歩するだけでも、心がリフレッシュして清々しい気持ちになります。

逆に、ほとんど自然に触れ合わない生活をしている人は、病気になりやすいという研究結果もあります。

人間は自然の中にいることで、リラックス効果が得られます。

これはうつ病などの精神疾患にも良く、免疫系の機能も強化してくれます。

免疫系の機能が強化されれば、様々な病気にかかりにくくなります。

また植物には、汚染物質や二酸化炭素を吸収する働きがあるので、新鮮な空気を吸うことができます。

現代人は自然と触れ合う機会が減っており、それが健康にはマイナスの影響を与えています。

お花見のシーズン以外にも、積極的に自然と触れ合いたいものです。

さてお花見の健康効果ですが、桜の花の香りを嗅ぐことや、色彩を見ることでの健康効果が期待できます。

以下それぞれの効果に付いて、解説を進めていきます。

 

お花見は桜の香りで健康アップ!

アロマテラピーなど、香りによって心身をリラックさせたり、病気の治療や予防をする健康法があります。

この様に香りと健康には、密接な関係があります。

多くの人は、花の香りを嗅いだ時に、心地よい感じがするのではないでしょうか。

この心地よいという感覚が得られれば、身体はリラックス効果が得られます。

桜の花の香りを嗅いで、心身をリラックスさせましょう。

桜の香りには、クマリンという成分が含まれています。

クマリンには抗菌作用、血行促進作用、むくみ防止などの効果があります。

血液をサラサラにしてくれるので、肩こりや冷え性など血行不良から来る疾患の改善が期待できます。

スポンサードリンク

桜の香りにはその他にも、咳止め、解熱、二日酔い予防の効果もあります。

そして桜の花びらに含まれるエキスには、高い美容効果もあります。

最近では、桜の花びらのエキスを配合した化粧品や、健康食品も販売されています。

せっかくお花見に行くのなら、落ちている桜の花びらを拾って袋に詰めて、持ち帰ってはいかがでしょう。(木に咲いている桜の花は、取ってはいけません)

その桜の花びらをお風呂に浮かべて、桜風呂を楽しみましょう!

お風呂のお湯で桜の香りが広がって、とてもリラックスできます。

また桜の花のエキスを肌から吸収して、美容効果も期待できます。

 

お花見は桜の色彩で健康アップ!

桜の花の色彩を鑑賞することでも、健康効果が期待できます。

多くの人はキレイな花を眺めると、清々しい気持ちになるのではないでしょうか。

このとき人間の体は、リラックス効果が得られます。

春は多くの植物が芽吹き花を咲かせ、生命力感じさせる季節です。

桜の花を見ることで、前向きな気持になれます。

カラーセラピーという、色による効果を利用した療法があります。

例えば赤い色を見ると体温が上昇して食欲が増したり、緑色を見ると目の疲れが取れたり精神が安定するという作用があります。

桜の花のピンク色には、若返り効果や幸福感を感じる効果があります。

またピンクは恋愛をイメージする色でもあるので、恋人同士でお花見をすれば、より親密な仲になれるかもしれません。

 

お花見で健康を害しないために

ここまでお花見で、健康をアップするお話をしてきました。

しかし逆に、お花見で健康を害する危険もあります。

それは、食べ過ぎや飲み過ぎです。

どんなに桜の花の香りや色彩で健康アップしても、食べ過ぎたり飲みすぎたりすれば、健康を害してしまいます。

キレイな桜の花を眺めながらだと、食事やお酒が美味しく感じますが、程々に制御して下さい。

 

まとめ

お花見など自然と触れ合うことが、健康アップに繋がる。

桜の花の香りにはリラクス効果や抗菌作用、血行促進作用、むくみ防止、咳止め、解熱、二日酔い予防の効果が期待できる。

桜の花のエキスには、高い美容効果もある。

お花見に行ったら落ちている花びらを持ち帰り、お風呂に浮かべて桜風呂を楽しむと良い。

桜の花を眺めることでリラックスして、前向きな気持ちになれる。

桜の花のピンク色には、若返り効果や幸福感を感じ恋愛にも良い。

お花見で健康を害しないために、食べ過ぎ飲み過ぎには気を付ける。

スポンサードリンク

 - 年間行事 ,