夏のスーツの暑さ対策とは?便利なグッズなども紹介します

      2017/01/13

最近はクールビズなども浸透していますが、それでも夏にスーツを着るのは暑くて大変です。

スーツを着ると汗が止まらなくなるなんて人も、いるのではないでしょうか。

しかし仕事の関係や就活などで、どうしてもスーツを着なければならないこともあります。

そんな夏のスーツの暑さ対策や、便利なグッズを紹介します。

スポンサードリンク

夏のスーツの暑さ対策とは?

sarari-man01

夏のスーツの暑さ対策として、まず最初にやらなければならないのはスーツの素材選びです。

もちろん夏用のスーツを選ぶのですが、その中でも素材によってより通気性が良く、涼しく感じるものがあります。

自分で商品を見て比較するのは難しいでしょうから、なるべく店員さんにアドバイスを貰い選ぶようにします。

次にスーツのサイズは、やや大きめの物を選ぶようにして下さい。

そうすれば体とスーツの間に隙間ができて、空気の通りが良くなるので涼しくなります。

そして次に重要なのが、シャツの下に着る肌着です。

なるべく薄着にしたほうが涼しいと考えて、肌着を着ない人もいますが、これは逆効果です。

日本のように夏に湿度が高いと、汗をかいた時に汗が蒸発せず肌に残って、熱が発散しなくなります。

ですから肌着を着て、汗を吸い取らせるようにします。

スポンサードリンク

肌着も汗の吸収性が良く、乾燥しやすい素材の物を選んで下さい。

できればインナーは何枚か替えを用意して、着替えるといいでしょう。

 

夏のスーツの暑さ対策に便利なグッズ

夏のスーツの暑さ対策として、便利なグッズをいくつか紹介します。

 

冷却材を活用する

最近は冷却材も体に貼り付けるものや、タオル状で体に巻き付けられるものなど、いろいろなタイプが出ています。

冷蔵庫で冷やさなくても、水で濡らすだけで冷たくなるものもあって、とても便利です。

このような冷却材を使って、体を冷やします。ポイントは首の周りや脇の下など、肌が薄くて太い血管が通っている場所を冷やすことです。

そうするとより効率的に、体を冷やすことができます。

 

冷却スプレーを活用する

一気に体を冷やそうと思えば、冷却スプレーが便利です。

こちらもいろいろなタイプが開発されており、服の上からでもスプレーできるタイプも有ります。

注意事項として冷却スプレーは、引火しやすい成分を含んでいるものもあります。

冷却スプレーを使って、タバコの火などに引火する事故も起きていますので、注意事項を厳守して安全にお使い下さい。

 

扇子を活用する

ちょっとレトロな感じもしますが、扇子を活用するのもおすすめです。

暑い時はやはり、風に当たるのが一番和むかもしれません。

うちわは持ち運びづらいですが、扇子ならすぐにしまえて持ち運びも便利です。

ポケットにでも、扇子を忍ばせておくといいですね。

 

まとめ

夏のスーツの暑さ対策は、なるべく通気性の良い素材のスーツを選ぶ。

インナーには肌着を着用し、汗を吸収するようにする。

夏のスーツの暑さ対策に便利なグッズとして、冷却材、冷却スプレー、扇子などがある。

スポンサードリンク

 - 暑さ対策 ,