冬の手荒れの原因と対策は?悪化すると手湿疹になることも

   


冬になると手荒れがひどくなり、悩んでいる方も多いと思います。
私も手荒れで皮がむけてきてしまい、ハンドクリームが欠かせない生活をしていました。
悪化すると手湿疹になることもあり、早く治したいものです。
ここでは、冬の手荒れの原因と対策を探っていきます。

スポンサードリンク

冬の手荒れの原因は?

手荒れ


冬の手荒れの原因は、寒さと空気の乾燥が関係しています。

まず寒くなることで肌表面の発汗量が減り、皮脂の分泌量も減ってしまいます。
本来肌の表面は皮脂で覆われることで、外部からの刺激を防ぐバリアの役目をしています。
皮脂の分泌量が減るということは、その分バリア機能が弱まるということです。

それに加えて空気が乾燥することで、肌表面の水分がどんどん奪われていきます。
ただでさえバリア機能が弱まっているところに、乾燥した空気で水分が奪われれば、肌はドンドン乾燥していきます。

こうなると肌表面にある角質細胞は、乾燥してひび割れたりめくれ上がってきます。
角質層がボロボロになってしまうと、外部からの刺激にも弱くなり、痒みや痛みを伴うこともあります。

これに加えて水仕事などをされる方は、お湯や合成洗剤などを使うことで、手の皮脂成分が落ちやすくなります。
冬は特に水仕事をするとき、お湯を使う機会が増えます。
肌の皮脂成分は、温度が高いほうが溶けて落ちやすくなります。

また冬になると風邪やインフルエンザの予防のために、手をアルコールで消毒する人がいますが、これも手荒れの原因となります。
アルコールは皮脂を溶かす作用があり、また蒸発するとき手の水分を一緒に蒸発させます。
アルコールによっててのバリア機能が弱まり、乾燥させて手荒れを起こします。

 

冬の手荒れ対策は?

冬の手荒れ対策としては、いかに肌を保護するかがポイントです。
皮脂の分泌量が減るので、その分をハンドクリームなどを塗って、保湿成分を補うようにします。
お風呂に入ったり水仕事の後などの他にも、普段からこまめにハンドクリームを塗って下さい。

ハンドクリームは荒れた手に塗ると、刺激で痒くなったりすることがあります。
手荒れがひどい場合には、低刺激性のハンドクリームを使うようにします。
手荒れしている部分だけではなく、手全体にまんべんなく塗るようにして下さい。

スポンサードリンク

水仕事をする場合はゴム手袋やビニール手袋をして、お湯や合成洗剤が直接手に触れないようにします。
ただし肌の弱い人は、ゴムの刺激で肌荒れすることがあります。
そういう人は、ゴム手袋の下に布手袋をして、直接ゴムが手に触れないようにしましょう。

お風呂に入る時は、手を熱いお湯に浸けないようにします。
これはお湯の熱で、手の皮脂が溶け出さないようにするためです。
温めのお湯に浸かったり、湯船から手を出して入浴するようにしましょう。

水を使って手が濡れている場合は、水分を残さず拭き取るようにします。
手についた水が蒸発するときに、肌の水分も一緒に蒸発してしまうので、手荒れがひどくなる原因となります。

 

冬の手荒れは悪化すれば手湿疹になることも

手湿疹とは、指や手のひらにできる皮膚炎です。
慢性化すると冬だけでなく、一年中悩まされることになります。
症状としては、手に水疱ができたり、ひび割れ、あかぎれ、糜爛(びらん)、表皮の角化、皮膚の落屑などがあり、さらに強いかゆみを伴うことがあります。

手湿疹になってしまった場合は、普通のハンドクリームではなく、手湿疹用の軟膏などを使って治療します。
手湿疹用の軟膏には抗炎症作用のある成分や、肌の新陳代謝を高める成分が入っており、手湿疹をケアします。

手湿疹用の軟膏には、ステロイド配合の薬も売られていますが、ステロイドには副作用があります。
薬によりステロイドの強さも違いますが、強いものを長期間使用し続けるのはよくありません。

この辺の危険も考慮すると手湿疹の治療は、皮膚科を受診するのが一番安全です。
手湿疹の原因には、食べ物やアレルギー、白癬菌などのカビが関係していることもあります。
その辺を特定するのにも、専門医に診てもらうほうがいいでしょう。

 

まとめ

冬の手荒れの原因は、寒くなり空気が乾燥することで、肌のバリア機能が低下することである。
それに加えて水仕事やアルコールで手を洗うことで、更に手荒れを悪化させる原因となる。
冬の手荒れの対策は、こまめにハンドクリームを塗って、肌を保護することである。
水仕事の際はゴム手袋を使って、なるべくお湯や洗剤を直接手に触れさせないようにする。
手は熱いお湯に浸けないように、手ぬ付いた水分はきちんと拭き取るようにする。
手湿疹になってしまうと、水疱、ひび割れ、あかぎれ、糜爛(びらん)、表皮の角化、皮膚の落屑などの症状が現れる。
早目に皮膚科などを受診して、治療するようにする。

スポンサードリンク

 - 健康 ,