冬の朝風呂は危険?血圧の高い人や心臓の弱い人は要注意!

      2017/07/11


寒い冬は朝風呂に入って温まってから、出かけようなんて人も、多いかもしれません。でも、ちょっと待ってください! 冬の朝風呂は、危険かもしれません。特に血圧の高い人や、心臓の弱い人は要注意です。

スポンサードリンク

冬の朝風呂は危険?

朝風呂
 

冬の朝風呂が危険かは、冬の寒さ朝の体の状態が関係しています。朝というのは人間の体温が、一番低くなっている時間帯です。これに加えて冬の朝となると、冷え込みも厳しくなります。さてそんな状態で朝風呂に入ってしまうと、体にはどんな変化が起きるのでしょうか?

 

脱衣所の寒さで血圧が急上昇!

冬に朝風呂に入る場合、最初の危険地帯は脱衣所です。脱衣所に暖房が入っている家は良いのですが、暖房が入っていない家のほうが多いのではないでしょうか。冬に朝風呂に入ろうとして、冷え切っている脱衣所で服を脱ぐと、体は一気に冷たい空気にさらされます。

急激に冷たい空気さらされた肌は、体温を逃さないようにするため、肌表面の血管を収縮させます。そうすると、血圧が一気に上昇するのです。血圧が高めの方は、脳卒中などを起こす危険が高まり、大変危険です。

 

湯船では溺死の危険も!

冬の朝風呂の次の危険地帯は、湯船に浸かることです。湯船に到達するまでに、体は冷えて血圧が上昇しています。そこへ今度は湯船に浸かることで、一気に体温が上昇します。冷えた体が温まるのは、極楽気分かもしれませんが、ここにも危険が潜んでいます。

冷えた体を急激に温めると、今度は一気に血管が拡張します。先程まで上がっていた血圧が、今度が一気に低下します。そうすると貧血をおこして意識を失い、湯船で溺れる危険があります。

実は家庭内で不慮の事故で亡くなった方の死因で、一番多いのが溺死なのです。特に高齢者がお風呂場で溺死するケースは多く、お風呂場は危険な場所だということは、ぜひ認識していただきたいです。

 

脱水症のリスクも高い!

人間は寝ている間に、大量の汗をかいています。ですから朝起きてすぐの状態は、かなりの水分を失っている状態です。朝風呂に入る前に、水分補給をしていればいいのですが、そうでなければ朝風呂は、脱水症のリスクもかなり高まります。

スポンサードリンク

ただでさえ水分量が減っているところに、お風呂に入って汗をかくことで、更に水分が失われます。そうすると血液の粘度が高まり、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を起こすリスクが高まります。

 

お風呂から出た後も危険が!

お風呂に入って体が温まっても、その後にも危険が潜んでいます。お風呂から出て寒い脱衣所に行くと、そこで急激に体が冷やされます。そうするとお風呂で温まって拡張した血管が、一気に収縮して血圧が上昇します。

 

冬の朝風呂に入るには?

ここまでの説明で、冬の朝風呂の危険性については、理解していただけたと思います。ですから前提として、血圧が高い方、心臓の弱い方、高齢者の方は冬の朝風呂には、入らないほうがいいでしょう。

それ以外の方も冬の朝風呂は、なるべく避けたほうが無難です。しかしどうしても入りたい場合は、次の事に注意しましょう。

 

起床後1時間は入浴しない

朝起きて直ぐというのは、血圧が安定しません。その状態で朝風呂に入ると、温度変化によりさらに血圧が変動して危険です。朝風呂に入るなら血圧が安定するように、最低でも起床から1時間経ってから、入浴するようにしましょう。

 

十分な水分補給をする

朝風呂に入る入らないに関わらず、寝ている間に失った水分を補給するために、朝起きたらすぐに水分補給をしましょう。そして入浴前後にも水分補給して、脱水症を起こさないように気を付けましょう。

 

脱衣所と浴室を暖めておく

冬の朝風呂で一番危険なのは、寒さによる温度変化です。それをなくすためには、脱衣所と浴室を暖めておく必要があります。脱衣所は小型の暖房器具などを置いて、暖めるようにします。浴室は湯船に湯を張った状態で放置したり、シャワーでお湯をしばらく出しておくと、暖めることができます。

 

湯船の温度は低めに設定する

急激な温度変化を避けるために、湯船の温度は低めに設定しましょう。大体38~40度位を目安に、温度設定します。湯船に浸かる時は徐々に体を慣らすように、最初は足だけ浸かり、次は腰まで浸かり、最後に肩まで浸かるというように、時間をおいて浸かるようにします。

 

まとめ

冬の朝風呂にはかなりの危険があることが、分かっていただけたと思います。人間の体は急激な温度変化に弱く、冬の朝の寒さとお風呂の温かさの温度差が、危険な状態を作り出します。

お風呂に入ることは、体を清潔にすること以外にも、リラックス効果があります。お風呂に入った後、眠くなる方も多いのではないでしょうか。この辺を考えると、やはりお風呂は朝よりも、夜に入るほうが適しているのではないでしょうか。

いずれにせよ冬の朝風呂で、危険な目に遭われている方も多いので、十分に注意していただきたいものです。

スポンサードリンク

 - 生活 ,