年明けうどんの由来は?紅白にする理由やおすすめのトッピング!

      2017/07/09


最近は新年を迎えると年明けうどんというのが、スーパーやコンビニで売られるようになりました。私が子供の頃には、こういった風習はなかったように思います。一体いつから、このような風習が広まったのでしょうか? ここでは年明けうどんの由来や、紅白にする理由、おすすめのトッピングをまとめています。

スポンサードリンク

年明けうどんの由来は?

年明けうどん
 

年明けうどんの由来については、「さぬきうどん振興協議会」という団体が関係しています。年明けうどんは新年にうどんを食べることを広めて、うどんの消費量を増やそうという、商業的な目的で始まったのが由来になります。

「年明けうどん」という名前からして、「年越し蕎麦」を意識しているのではないかと、推測されます。大晦日になるとお蕎麦屋は、年越し蕎麦の需要で大繁盛します。それと同じように年明けには、うどん屋を繁盛させようということですね。

年明けうどんはまだ歴史も浅く、始まったのは2009年のお正月のことです。全国のスーパーやコンビニなどが、イベントとして大々的に販売活動を行うことで、最近になって認知度が高まってきたのでしょう。

しかしさぬきうどん振興協議会が、年明けうどんのようなイベントを展開してきたのには、ある事情があります。それは麺類関係の小麦粉の使用量が、年々減少してきているということです。これに危機感を覚えた団体が、小麦粉の消費を回復するための施策として、考え出されたのが年明けうどんです。

最初は讃岐うどんから始まった年明けうどんも、秋田の稲庭うどん、群馬の水沢うどん、三重の伊勢うどん、長崎の五島うどんなど、全国の有名なうどんも賛同する動きをしています。この分だと年明けうどんは、今後さらに全国的に広まって行きそうです。

このように商業的な側面がある年明けうどんですが、きちんと縁起物としての意味合いもあります。うどんの麺は太くて長いことから、長寿の縁起物とされています。またうどんは麺の色が白いことから、純白や清楚、神聖さを表しており、幸福を祈るという意味があります。年明けうどんは、お正月の縁起物としては、最適かもしれません。

讃岐うどんの本場である香川県では、新築で家を立てたときは、入居して一番最初のお風呂で、湯船浸かりながらうどんを食べる風習があります。これを「初風呂うどん」と言って、やはり太く長くという願いが込められています。

ちなみに年明けうどんは、元日から1月15日の間であれば、いつ食べても大丈夫です。これだけ日にちがあるのですから、一食くらい年明けうどんを食べて、験を担ぐのもいいかもしれません。

 

年明けうどんを紅白にする理由

年明けうどんを食べるとき、一つだけ注意しなければいけないことがあります。それは年明けうどんに赤い色のものをトッピングして、白い麺と紅白にしなければならないことです。これがさぬきうどん振興協議会が、正式に定義している年明けうどんになります。

スポンサードリンク

年明けうどんを紅白にする理由は、お正月をお祝いするためです。日本では伝統的に、お祝い事には、紅白の二色の組み合わせが使われます。よくお祝い事の席には、紅白の幕が飾られています。

 

年明けうどんのおすすめのトッピング

年明けうどんのトッピングは、基本的に赤いものであれば、何でも大丈夫です。ここではお正月ということも考えて、年明けうどんにおすすめのトッピングを紹介したいと思います。

 

伊勢海老で豪華な年明けうどん

せっかくのお正月ですから、豪華なものを食べたいと思えば、伊勢海老をトッピングした年明けうどんはいかがでしょう。

伊勢海老はそれ単体でも、健康長寿や厄除け、必勝祈願の縁起物とされ、おせち料理としても食べられます。今年厄年を迎えられる方や、受験など大きなイベントが控えている方は、奮発して年明けうどんに、伊勢海老をトッピングしてみてはいかがでしょう。

また伊勢海老でなく普通の海老も、長い髭と曲がった腰から、長寿の縁起物とされています。健康長寿を願うのなら、年明けうどんにエビ天などのトッピングもいいですね。

 

カニでツキを呼んで運気アップ

カニもお正月にふさわしい、豪華な食べ物です。カニはハサミを上下に振る仕草から、ツキを呼ぶ縁起物とされています。ツキを呼んで運気アップしたい方には、カニをトッピングした年明けうどんがおすすめです。

 

かまぼこでお正月を祝う

かまぼこは紅白になっており、おせち料理でも食べられるように、お正月を祝う食べ物です。またかまぼこの半円型は、初日の出の形ともされています。お正月をお祝いするなら、かまぼこをトッピングした年明けうどんがおすすめです。

 

梅干しで健康アップ

梅干しにはクエン酸が含まれており、消化を助ける作用があります。お正月はお餅やおせち料理など、食べ過ぎで胃腸の調子が優れないこともあるでしょう。そんな方には、梅干しをトッピングした年明けうどんで、健康アップしましょう。うどん自体も消化のいい食べ物ですので、食べ過ぎや飲み過ぎで弱った胃には最適です。

 

子供が喜ぶ赤いお餅

お正月とえば、やはりお餅ですね。赤いお餅をトッピングして、力うどん風の年明けうどんにすると、子どもたちは喜びます。自宅でお餅をつくなら、もち米を小豆を戻した水に浸けたり、食紅を使えば赤いお餅が作れます。

 

ピリ辛で美味しい明太子

明太子は特にお正月の縁起物ではありませんが、うどんにトッピングするとピリ辛で美味しいです。辛いものが好きな人は、年明けうどんに明太子のトッピングがオススメです。明太子をうどんの麺に、絡めて食べるのがおすすめです。

 

まとめ

年明けうどんの認知度も年々高まってきて、お正月にうどんを食べる人も増えてきているようです。個人的にはお正月には、食べ過ぎで胃腸の調子が悪くなることが多いので、消化の良いうどんを食べるのは悪くないと思っています。年越し蕎麦ほど定着するのは、もう少し時間が掛かるかもしれません。しかし年明けうどんを食べて、太く長い1年を平和に過ごせればいいですね。

スポンサードリンク

 - 年間行事 ,