風邪のときの食事のおすすめメニュー!簡単にできて栄養がある食べ物

      2017/07/08


風邪を引いている時の食事で、おすすめのメニューをまとめています。食欲がなくて体がだるければ、作るのもめんどくさいかもしれません。そんな時でも簡単に作れて、栄養のある食べ物を紹介します。

スポンサードリンク

風邪のときの食事のおすすめメニュー!

風邪
 

風邪を引いているときは体力が落ちており、胃腸に負担の掛からない食事を心がけなければなりません。それには、消化吸収のいい食べ物を選んで食べるようにします。揚げ物や脂肪の多い食べ物は、胃腸に負担がかかるので避けるようにします。

また風邪を早く治そうと思えば、体を温めて免疫力を高めなければなりません。体を温めるような食事をすると共に、タンパク質やビタミン・ミネラルなど栄養バランスの良い食事がおすすめです。

これらの栄養をしっかり取れて、消化吸収が良く簡単に作れる風邪のときの食事のおすすめメニューを紹介していきます。

 

胃に負担の掛からないおかゆとおじやがおすすめ!

風邪を引いたときの食事に、おかゆやおじやを食べる人も多いでしょう。おかゆやおじやはご飯をよく煮込んで柔らかくすることで、胃に負担を掛けずに食べることが出来るので、風邪のときの食事にはおすすめです。

しかしおかゆやおじやだけだと、炭水化物過多となり、栄養のバランスが偏ってしまいます。そこで栄養のバランスが良くなるように、いろいろとトッピングをしましょう。

まず風邪のときに、おすすめのトッピングはネギです。ネギには殺菌効果があり、特に喉の風邪にいいとされまず。ネギは免疫力を高めて体を温める作用があるので、風邪を引いたときの食事には、是非加えていただきたい食材です。

風邪を引いたときの食事にはネギの他にショウガも、殺菌作用があり体を温めてくれる食材です。ショウガは、すりおろしておかゆやおじやに入れると、風味が良くなり美味しく食べられます。

そして良質なタンパク質が豊富で、ビタミン・ミネラルの栄養バランスの取れた卵も、風邪を引いたときにはオススメの食材です。風邪を引いたときは、タンパク質の消費量も増えるので、しっかり補給しなければなりません。

ただし生卵は消化が悪いので、風邪を引いているときには、食べないほうがいいです。風邪を引いている時に卵を食べる場合は、必ず火を通して半熟にして食べましょう。卵は半熟が一番消化が良くなるので、風邪の時は半熟卵がおすすめです。

 

消化の良いうどんがおすすめ!

うどんは小麦粉と塩と水だけで作られるので、他の油が使われている麺類に比べて消化が良く、風邪のときの食事におすすめです! 風邪を引いているときは、うどんを少し柔らかめに茹でると、さらに消化が良くなります。

スポンサードリンク

うどんもおかゆやおじやと同様に、それだけだと炭水化物過多となり栄養のバランスが悪くなってしまいます。前項で紹介したネギやショウガ、卵などをトッピングして、栄養のバランスが良くなるようにするのが、風邪の食事にはおすすめです。

 

消化の良いおでんがおすすめ!

大根やはんぺん、ちくわ、昆布などの具材をしっかり煮込んで柔らかくなったおでんは、消化もよく風邪を引いたときの食事におすすめのメニューです。

おでんの具で多いはんぺんやちくわなどの練り物は、魚肉をすり身にして固めたものです。一度細かくすり潰しているので、消化されやすくなっており、風邪の食事には胃腸に負担をかけず、おすすめのメニューとなります。

ただしおでんには、しらたきやこんにゃくなど消化の悪い具材もあります。風邪のときの食事には、そういった消化の悪い具材は、食べないほうがいいでしょう。

 

消化を助け殺菌作用がある梅干しがおすすめ!

梅干しはクエン酸が豊富に含まれているので、食事のときに食べると消化を助けるので、風邪のときにはおすすめです。また梅干しにはウイルスの増殖を抑えたり、抗菌作用も期待できます。風邪を引いたら食事のときには、梅干しを1粒食べるといいでしょう。

 

ビタミン・ミネラルの補給に野菜スープがおすすめ!

風邪を早く治すには、ビタミン・ミネラルを補給する必要があります。それには野菜を多く食べたいものですが、生野菜は消化が悪いので風邪の食事には、消化の良い野菜スープがおすすめです。生野菜よりも温野菜のほうが、栄養も吸収されやすくなります。

特に栄養豊富な緑黄色野菜を多めに使って、じっくりコトコト煮込んで下さい。野菜を煮込むと、水溶性のビタミンやミネラルが溶け出してきますが、スープとして飲めるので問題ありません。

野菜スープに肉を入れるときは、鶏のささみ肉など脂肪の少ない肉のほうが消化が良く、風邪の食事にはおすすめです。魚介類も入れるなら同様に、脂肪の少ない白身魚の方が消化が良くなります。タンパク質を摂取するなら、卵を入れるのもおすすめです。

また風邪を引くと汗を多くかくので、水分をきちんと補給しなければなりません。野菜スープはミネラルを含んでいるので吸収も良くなり、風邪を引いたときの水分補給にも役立ちます。

 

ビタミンが補給できる果物やスムージーがおすすめ!

デザートに果物を食べて、ビタミン補給するといいですね。特に風邪を引いたときには、ビタミンCを多めに摂ってください。ビタミンCの多い果物は、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、柑橘類です。余裕のある方は、スムージーなどを作って飲むのもいいでしょう。

 

胃の粘膜を守るヨーグルトがおすすめ!

ヨーグルトは消化がよく、胃の粘膜を守る働きがあるので、風邪の食事にはおすすめです!またヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内環境を整えて免疫力をアップする効果も期待できます。

 

まとめ

風邪を引いたときの食事で、おすすめのメニューを紹介しました。どれも簡単にできるものばかりですが、調理がめんどくさいときはコンビニなどで、そのまま食べれるものを買ってくるのもいいでしょう。

また食べるときは消化を良くするために、良く噛んで食べることも大事です。せっかく消化が良くなるように柔らかく煮込んであっても、良く噛まないと逆に消化が悪くなってしまうこともあります。

しっかり食べて、早く風邪を治しましょう!

スポンサードリンク

 - 健康