年越しそばを食べるタイミングはいつ?正しい食べ方やトッピングのおすすめ

   

年越しそばを食べるタイミングは、いつか知っていますか? 食べるタイミングを間違うと、縁起が悪くなることもあるので、ぜひ確認して下さい。また年越しそばの正しい食べ方や、縁起のいいおすすめのトッピングについてまとめています。

スポンサードリンク

年越しそばを食べるタイミングはいつ?

年越しそば

年越しそばを食べるタイミングを周りの人に聞いてみると、人によってまちまちであることがわかります。大晦日のお昼に食べる人や、晩御飯に食べる人、そして除夜の鐘を聞きながら年をまたいで食べる人などがいます。

私の家では、「年越しそば」という言葉の意味から、年を越しながら食べるものという意味に考えて、年をまたぎながら食べていました。毎年NHKの紅白歌合戦が終わると年越しそばの準備を初めて、ゆく年くる年を見ながら食べるのです。しかし調べてみると、この食べ方は間違っていたようです。

年越しそばを食べる正しいタイミングを知るには、まず年越しそばを食べる理由を知らなければなりません。

年越しそばが日本で食べられるようになったのは、江戸時代の頃と言われています。現在のソバは小麦粉などのつなぎが使われていますが、江戸時代のソバはつなぎを使わない十割ソバで、とても切れやすかったのです。

このソバの切れやすさから験を担いで、今年一年の災厄を断ち切るという意味で、食べられるようになったのが年越しそばです。ですから年越しそばを食べるタイミングは、年が明ける前の大晦日のうちに食べて、災厄を断ち切ってから新年を迎えるのが正しいということになります。

昔の私のように年をまたいだり、年が明けてから年越しそばを食べるのは、前の年の災厄が断ち切れずに新年を迎えてしまっているので、縁起が悪いとされます。

ただし地域による違いもあって、年が明けた元旦におソバを食べたり、ソバの代わりにうどんを食べる地域もあるようです。

また年越しそばを食べる理由には、その他にも細く長いものを食べることで、長寿を願うためとする説などもあります。

スポンサードリンク

 

年越しそばの正しい食べ方

年越しそばの正しい食べ方としては、残さないで全て食べることが大事です。ソバを残してしまうと、金運が悪くなると言われています。多めに作ったりせずに、食べれる分だけを作るようにしましょう。

かけソバにするか、ざるソバにするかで悩む方もいるかもしれませんが、これはどちらでも大丈夫なので、自分の好きな方を食べて下さい。ソバであれば、その他にはあまり細かい決まりはないので、自分の好みで自由に食べればOKです。

 

年越しそばのおすすめのトッピング

年越しそばのトッピングは、基本的に何を乗せてもOKですので、自分の好きな物をトッピングして構いません。ここでは年に一度の年越しそばということで、縁起のいいおすすめのトッピングを紹介します。

 

労をねぎらうネギ

ソバの薬味として、ネギは欠かせませんね。ネギは風味が良くなるだけでなく、免疫力がアップして、風邪を引きにくくする効果が期待できます。新しい年を健康に迎えれるように、ネギはおすすめです。またネギには、労をねぎらうという意味もあります。

 

長寿を願うなら海老の天ぷら

海老は腰が曲がっていることから、昔から長寿のシンボルとされています。海老の天ぷらをトッピングして、長寿を願うのもいいですね。

 

子宝に恵まれるニシンソバ

ニシンは二親と掛けて、子孫繁栄の縁起の良い食べ物です。またお正月のおせち料理の数の子は、ニシンの卵で子宝に恵まれるとされます。

 

商売繁盛や金運アップを願うなら油揚げ

商売繁盛や金運アップを願うなら、年越しそばに油揚げをトッピングするといいでしょう。油揚げはキツネの大好物で、キツネは稲荷神の使いとされています。稲荷神社の前には、キツネの像が置かれていますね。稲荷神は商売繁盛の神様ですので、油揚げを食べて金運アップを願いましょう。

 

金運アップに月見そば

金運アップには卵をトッピングして、月見そばにするといいです。卵の黄色い色というのは、風水的にも金運を呼び込む色とされています。また卵は栄養バランスの非常に優れた食品ですので、健康にも美容にも最適です。

 

まとめ

年越しそばを食べるタイミングは、年を越してしまうと縁起が悪くなるので、意外と重要ですね。昔は何も知らずに年をまたいで食べていたので、運が悪かったのはそのせいかもしれません。これからはきちんと、年を越す前に食べるようにしたいものです。それ以外は温かくても冷たくても、何をトッピングしても自由ですので、美味しく年越しそばを頂いて良い年を迎えましょう。

スポンサードリンク

 - 一般常識