お歳暮は喪中の相手に贈ってもいい?のしや送り状のマナーは?

   

毎年お歳暮を贈っている相手の家に、ご不幸が有り喪中になったとします。さてお歳暮は、喪中の相手に贈ってもいいのでしょうか? また、のしや送り状など注意することやマナーについて、まとめています。

スポンサードリンク

お歳暮は喪中の相手に贈ってもいい?

oseibo03


お歳暮は喪中の相手に、贈っても大丈夫です。

喪中の相手からは11月くらいになると、新年の挨拶を控えさせて欲しいという内容が書かれた、喪中はがきが送られてくることがあります。ちょうどお歳暮を準備する時期と重なるので、お歳暮も控えたほうがいいのではと、悩んでしまうことがあります。

しかし喪中で控えなければならないのは、お祝いごとです。お正月に送る年賀状には、「あけましておめでとうございます」と書くように、「おめでとう」というお祝いの言葉が入っています。ですから喪中の相手には、このような年賀状はふさわしくありません。

しかしお歳暮を贈るときは、「今年もお世話になりました。来年も宜しくお願いします。」という気持ちで贈ります。つまりお歳暮は、お祝いの品として贈るのではなく、日頃お世話になっているお礼として贈るものです。ですからお歳暮は、喪中の相手に贈っても問題ありません。

ただし相手にご不幸があって、まだ49日が終わっていない忌中の間は、お歳暮を贈るのは控えたほうがいいでしょう。ご不幸があってしばらくは、何かと忙しかったり気持ちの整理もつきません。ですからお歳暮やその他の贈り物も、なるべく控えたほうがいいでしょう。

忌中が明けるのが、お歳暮の時期を過ぎてしまう場合は、無理してお歳暮を贈るのはやめましょう。その代わりに年が明けて松の内後に、改めて寒中見舞いとして贈り物をすればいいでしょう。

ちなみに年明けから松の内までに贈るお年賀は、年が明けたお祝いの意味もあるので、喪中の相手に贈るのは控えましょう。必ずお歳暮か寒中見舞いになるように、贈る時期を間違えないようにしましょう。

スポンサードリンク

 

お歳暮を喪中の相手に贈るときの「のし」のマナー

ここまでで、お歳暮は喪中の相手に贈っても大丈夫という話をしましたが、のしには注意すべきマナーがあります。

一般的に歳暮の「のし」は、紅白蝶結びの水引が入ったものを使います。紅白の水引は慶事(お祝いごと)に使われるもので、蝶結びは何度も結び直せることから、おめでたいことが何度もあるようにという意味があります。お歳暮の場合は、来年も贈れますようにという意味になります。

しかし喪中の相手に対しては、慶事に使う紅白の水引はふさわしくありません。水引の付いていない、白い無地の奉書紙か白短冊の表書きに、「お歳暮」と書いたものを使います。

特にお店に注文する方は何も言わないと、紅白蝶結びの水引が入ったのしを使われてしまいます。贈る相手が喪中であることを伝え、無地ののし紙を使うように、配慮してもらってください。

 

お歳暮を喪中の相手に贈るときの送り状のマナー

お歳暮を喪中の相手に贈るときの送り状も、少し注意したほうがいいマナーがあります。

基本的な文面は例年通りで構いませんが、文中に「ご家族皆様変わりありませんか?」や「ご家族の皆様おそろいで幸多き新年を迎えられますよう」などの文を入れないようにして下さい。喪中ですでにご家族に不幸あった後なので、これは失礼になります。

このような文面は、一般的な挨拶文としてよく使われるものなので、何も考えずに送り状を書いてしまうと、うっかり使ってしまうかもしれません。またインターネット上にある送り状の例文にも、このような文面を使っているものがあるので注意して下さい。

喪中の相手にお歳暮を贈るときに、送り状にお悔やみの言葉を入れる人もいますが、これは必要ありません。お悔やみの気持ちは、通常ご不幸があった知らせを受けた時に、お香典などをさし上げるものです。お歳暮の送り状はシンプルに、普段お世話になっているお礼の気持のみを伝えればいいでしょう。

 

まとめ

お歳暮はお祝いの品ではなく御礼の品なので、喪中の相手に贈っても問題ない。

お歳暮を喪中の相手に贈るときの「のし」は、水引の付いていない無地のものを使うのがマナーである。

送り状は家族の健康を願うなどの文を入れないようにし、お悔やみの言葉などは必要ない。、

スポンサードリンク

 - 一般常識 ,