六義園の紅葉の見頃はいつ?ライトアップの期間と見どころ

      2017/06/15

六義園は東京都内で、日帰りで行ける紅葉スポットとして有名な場所です。特に期間限定で行われるライトアップは、一見の価値があります。ここでは六義園の紅葉の見頃はいつかや、ライトアップの期間や見どころをまとめています。

スポンサードリンク

六義園の紅葉の見頃はいつ?

kouyou01

六義園の紅葉が色づき始めるのは、毎年だいたい11月中旬です。そこから紅葉がピークを迎えて見頃になるのは、11月下旬から12月上旬くらいです。六義園に紅葉を見に行くのなら、この期間がおすすめです。

紅葉の色づき具合については、六義園サービスセンター(TEL:03-3941-2222)に直接お問い合わせいただければ、教えていただくことができます。年によって紅葉の見頃は前後しますので、お出かけの前にご確認いただいたほうがいいでしょう。

六義園の紅葉写真を見たい方はコチラから!

六義園へのアクセス方法

六義園には駐車場がありませんので、電車などの公共交通機関を使用して、アクセスしてください。JR駒込駅から、徒歩7分です。

六義園の基本情報

所在地:東京都文京区本駒込6丁目
入園料:一般300円/65歳以上150円/小学生以下無料/都内在住在学の中学生無料
開園時間:通常時9:00~17:00(入園16:30まで)ライトアップ期間9:00~21:00(入園20:30まで)

スポンサードリンク

 

六義園の紅葉のライトアップの期間

六義園では毎年秋になると大名庭園で、日没後にライトアップを行います。六義園の紅葉のライトアップは、水面に色づいた木々が映しだされて、とても幻想的な風景を楽しむことができます。

下の動画を再生すれば、六義園の紅葉のライトアップの様子が確認できます。動画よりも生で見たほうが、より感動できます。

この六義園の紅葉のライトアップの期間が平成28年は、11月19日(土)~12月7日(水)になります。この期間は最終入園が20:30になり、閉園時間が21:00まで延長されます。

この期間は染井門が開門されているので、駒込駅から徒歩2分で来往できます。

 

六義園の紅葉の見どころは?

六義園は回遊式築山泉水庭園となっており、池を中心にして園内を回遊して鑑賞して楽しめます。回遊式築山泉水庭園は、日本の庭園の集大成とも言われているので、和の趣を存分に楽しみましょう。

園内にはイロハカエデ、モミジ、ハゼ、ケヤキ、イチョウなどの木々が彩っており、庭園内のいたるところで紅葉が楽しめます。特に紅葉のおすすめポイントは、庭園の北西にある水香江の周辺です。

夜のライトアップを楽しむのもいいのですが、できれば明るいうちに来園して、昼間の紅葉を存分に楽しんでから、夜のライトアップを楽しみたいものです。

ライトアップの期間限定で、もみじ茶屋がオープンします。(営業時間は10時~20時)こちらは吟花亭という、江戸時代に花見をしていた場所に、設置されています。ここでゆっくりお茶を飲みながら、紅葉を楽しむのいいでしょう。

 

まとめ

六義園の紅葉の見頃は、11月下旬から12月上旬くらい。

六義園の紅葉のライトアップの期間は、平成28年は11月19日(土)~12月7日(水)。

六義園の紅葉の見どころは、庭園の北西にある水香江の周辺やもみじ茶屋など。

スポンサードリンク

 - 行楽