カラスがうるさい時の対策!嫌いな音で追い払った実践記

      2016/11/07

カラスのうるさい鳴き声のせいで、ノイローゼになりそうな日が続いていました。いろいろな対策を試して、最終的にはカラスの嫌いな音で追い払う事ができました。このうるさいカラスを追い払った実践記を公開します!

スポンサードリンク

カラスがうるさい時の対策!

カラス

私の家から10メートルくらいの所に電柱があるのですが、そこがカラスのお気に入りの場所になってしまったようで、いつの頃かツガイと思われるカラス二羽が頻繁にやって来るようになりました。

このカラスが早朝5時くらいから、カーカー鳴き始めてうるさくてたまりません。毎朝5時にカラスの鳴き声で起こされて、ぐっすり眠れずにノイローゼになりそうでした。

特に夏は窓を開けっ放しで寝るので、カラスのうるさい鳴き声が部屋の中まで響きます。石でも投げつけたくなりますが、周りに民家があって危ないので、それはできません。

ここから、私のカラスを追い払う奮闘記が始まりました。

 

カラスは強い光が苦手!

まず最初にやった対策は、光によるものです。昔テレビでカラスは強い光が苦手なので、カラスに向けて強い光を当てていると、いなくなるというのをやってたような記憶があります。

そこで家にある懐中電灯や電気スタンドなど、光を発するものをカラスに向けて照射してみましたが、これは全然効果がありませんでした。カラスはこちらに、気付きすらしません。

やはり、この対策で大事なのは、強い光という部分でしょう。ネットで探してみると、パワーLED懐中電灯とか超光懐中電灯というのがあります。こういうのを使えば、もしかしたら効果があるのかもしれません。

またレーザーポインタで、カラスを撃退できるという対策もあるようです。レーザーポインタをお持ちの方は、試してみたら面白そうですね。下の動画では、緑のレーザーポインタを使っています。レーザーポインタは、人に向けて照射しないように注意しましょう。

 

カラスの嫌いな周波数とは?

次にやった対策は、音によるものです。人間も黒板を爪でひっかく、キ~という音が苦手な人が多いと思います。この音は2000~4000Hzの周波数で、人間の本能に刻まれている苦手な音なのだそうです。

人間がまだ野生生活をしていた時、人間を天敵が襲ってくるときに発する音が2000~4000Hzの周波数で、この音を聞くと本能的に嫌悪感を感じてしまうのです。

カラスにも同じように苦手な周波数があるはずだと思い、いろいろ調べたのですが、結局それは分かりませんでした。

そこでWaveGeneというソフトを使って、カラスの苦手な周波数を探してみようとしたのです。WaveGeneは好きな周波数を設定して音が出せるという、とても便利なソフトです。

WaveGeneで1Hzずつ周波数を上げていって、カラスの反応を確認していくという作業をひたすら行っていました。しかしなかなかカラスが反応しなくて、結局途中で挫折してしまいました。

根性無しでスイマセン・・・

 

カラスの嫌いな音を見つけた!

いろいろ遠回りした感じはありますが、最終的にはYoutubeで「カラス撃退」という動画がアップされており、これが効果てきめんでした。

まずは下の動画を再生してみてください。

スポンサードリンク

動画の詳細はよく分かりませんが、カラスの天敵の鳥の鳴き声やそれを仲間に知らせる警戒の鳴き声などが、収録されているのではないかと思います。

この動画をパソコンで音量マックスにして再生したら、カラスの鳴き声がピタッと止まり、辺りをキョロキョロ見回している感じです。そしてちょっと目を離している隙に、カラスはいなくなっていました。

それから1週間ほど経ちますが、電柱にカラスの姿は1度も見ていません。1度嫌な思いをした場所には、2度と近寄らなくなるのかもしれません。

ついでにもう一つ試したい動画があったのですが、今はもうカラスがいなくなってしまったので、試すことができません。あれほどうるさかったカラスも、いなくなってしまうとちょっと寂しかったりします。

その動画というのが下の動画なのですが、カラスが鷹に襲われているものです。ちょっとグロい動画ですから、苦手な人は見ないほうがいいでしょう。

カラスが鷹に襲われているときの鳴き声が入っているので、これを聞いたカラスは危険を察知して近寄らなくなるのではないかと思います。

 

カラスはなぜ朝早くに鳴くのか?

ほぼ夜明けとともに鳴き始めてうるさいカラスですが、一体何のために鳴いているのでしょうか。この点について調べると、どうやら朝早くに鳴いているカラスは、自分の縄張りを主張しているようです。

ここは俺の縄張りだと、他のカラスに一生懸命主張しているのですね。それで毎朝休まずに、鳴き続けるわけです。しかし電柱のある場所というのはカラスに限らず、いろいろな鳥のお気に入りの場所になりやすいようです。

ですから今のカラスがいなくなっても、しばらくすると別のカラスが、「いい場所見つけたぜ!」とかいって縄張りにしてしまう可能性は十分あります。

でも実はそれをちょっと、期待している自分がいます。というのはまだ試していない対策があるので、それを試してみたいなんて思っています。

 

カラスが帰ってきました!

あれから1か月ほど経ちましたでしょうか、久しぶりにカラスの鳴き声がするので外を見ると、カラスが帰ってきていました。

とりあえず、記念に写真を1枚撮影しました。

帰ってきたカラス

前に来ていたカラスはツガイと思われる2羽でしたが、今回は1羽しかいなかったので、もしかしたら違うカラスかもしれません。今回は昔のようにうるさく鳴くのはなく、ちょっとしか鳴いていませんでした。

例の試してみたかった鷹vsカラスの動画を再生しようとしたのですが、動画を探しているうちにすでにいなくなってしまい、効果は確認来ませんでした。

前と同じカラスなら知らないうちにこうやってちょくちょく、偵察しにきているのかもしれません。いずれにせよ前のように朝早くから、ずっと鳴き続けるようなことはなく、今はぐっすり寝れてます。

 

まとめ

カラスも野生の生き物ですから、人間がコントロールするのは難しい部分もあります。私のところは2羽くらいのカラスですから、まだマシな方かもしれません。場所によっては何十羽というカラスが集まってきて、対策に苦慮されている方もいることでしょう。

またカラスは、頭のいい鳥という話もよく聞きます。一度通用した対策も何度も繰り返しているうちに、効果がなくなってくることもあるようです。いま私が行っている音による対策も、そのうち効果がなくなってしまうかもしれません。

他に何かもっといい対策を知っているという方は、是非コメントなどでシェアしていただけると助かります。

スポンサードリンク

 - 生活トラブル