耳かきのやり過ぎは危険?正しいやり方と頻度とは

   

身だしなみは大事ですから、毎日耳かきをしてる人も、多いかもしれません。しかし耳かきのやり過ぎは、危険だって知ってましたか? ここでは正しい耳かきのやり方や、頻度などを探っていきます。

スポンサードリンク

耳かきのやり過ぎは危険?

耳かきが好きという人は、けっこう多いようです。耳垢があろうが無かろうが関係なく、とりあえず耳かきや綿棒を耳の中に入れて、擦ったりしているようです。耳垢が取れなかったとしても、その行為を何度も繰り返してしまうのです。

どうやら耳かきが好きな人の目的は、耳の中を掃除することだけではなく、気持ちが良いからという理由があるようです。実は耳の中には、迷走神経が走っているので、耳かきや綿棒が触れるだけで、とても気持ちが良いのです。それで病みつきになって、やめられなくなる人が多いのです。

 

耳垢にも役割がある

ただの排泄物だと思われている耳垢ですが、実は大切な役割があるのです。耳垢は酸性となっており、耳の中で細菌などの微生物が、繁殖するのを防ぐ作用があります。また耳垢に含まれる脂肪は、耳の中の皮膚の乾燥を防ぎ、肌の表面を保護する役割があります。

耳垢の役割を考えたときに、耳垢を摂り過ぎてしまうと、どうなるか分かりますよね。耳の中に細菌などの微生物が繁殖しやすくなり、外耳道炎などにかかりやすくなります。また耳の中の皮膚が乾燥しやすくなり、バリア機能も弱まってしまいます。

 

耳の中の皮膚を傷つけることも

耳垢がなくても無理やり耳垢を取ろうとして、耳の中の皮膚を傷つけることもあります。また気持ちいいが故に、耳の中を刺激することが目的になっている人も、やり過ぎれば耳の中の皮膚を傷つけることがあります。

前述したように耳垢がない状態では、細菌が繁殖しやすくなっているので、耳の中の皮膚が傷ついてしまうと、そこから細菌が侵入して炎症を引き起こします。

スポンサードリンク

 

耳垢を押し込んでしまうこともあります

耳かきをしているつもりが実は耳垢を耳の奥深くに、押し込んでしまうということもあります。特に綿棒を使って耳かきをする人は、耳垢を奥に押し込んでしまうことが多いです。

耳垢が耳の中の奥深くまで押し込められると、耳が聞こえづらくなります。急に耳が聞こえなくなって耳鼻科に行ったら、耳垢が詰まっていたというケースは、けっこうあります。耳鼻科に行けばすぐに、耳垢を取り除いてももらえます。

 

耳かきの正しいやり方と頻度

耳かきの正しいやり方と頻度ですが、実は耳かきはしなくていいというのが、専門家の意見のようです。耳垢は自然に、耳の中から外に向かって排出されていくので、何もしなくても出て行くのです。

しかし何もしないというのは、さすがに不安になります。誰かに耳の中を見られたら、耳垢があったなんて考えると怖いですよね。そこで耳の入口付近だけ、月に1回から4回くらいの頻度で、耳かきをするようにしましょう。

使う道具は綿棒ではなく、必ず耳かきを使用します。綿棒はどうしても、耳垢を奥に押し込んでしまいます。耳かきを使って、耳の入り口から1cmくらいまでの範囲で、皮膚をこすらないように掃除します。できれば自分ではやらずに、誰かにやってもらうほうがいいでしょう。

 

まとめ

耳かきをやり過ぎている人には、耳垢を取る目的以外に、気持ちが良いという理由がある。

耳垢にも細菌の繁殖を防いだり、保湿をするという役割があり、摂り過ぎは良くない。

耳の中の皮膚を擦り過ぎれば、傷ができて細菌により炎症を引き起こすことがある。

耳かきのやり過ぎで、耳垢を奥に押し込んでしまうこともある。

耳垢は本来、何もしなくても出て行くものなので、耳かきをする必要はない。しかし心配な人は、月に1回から4回くらいの頻度で、耳の入口から1cmくらいの範囲で行う。

スポンサードリンク

 - 健康