結婚披露宴に出席するときの女性の服装のマナー!色や素材など気を付けるポイント

   

結婚披露宴に招待された時、どんな服装で出席すればいいのか、迷うことも多いと思います。新郎新婦にとっては、一生に一度の晴れ舞台ですから、失礼のないように努めたいものです。ここでは、結婚披露宴に出席するときの女性の服装のマナーについて、まとめています。

スポンサードリンク

結婚披露宴に出席するときの女性の服装のマナー!

最近では結婚披露宴の服装のマナーも、昔ほど厳しくは無くなってきているようです。しかしあくまで主人公は新郎新婦ですから、彼らや親族の方に不快な思いをさせるのはいけません。恥をかかないように、色や素材など女性の服装のマナーについて、ひとつひとつ確認していきましょう。

 

結婚披露宴の女性の服装の色

結婚披露宴の主役は新郎新婦であり、特に女性である花嫁さんが、一番目立たなければなりません。花嫁さんが着るウェディングドレスは白を基調としており、白は花嫁さんが着れる特別な色と言えます。

ですから新郎新婦を祝う立場のあなたは、花嫁さんと同じ白色の服装は避けなければなりません。白いドレス以外でも、上半身だけ白で下は違う色という組み合わせも、やめておきましょう。

白色以外にも薄いピンク色やクリーム色など、白系のドレスもやめておいたほうが無難です。この様な薄い白系の色は、光の当たり方によっては、真っ白に見えてしまうからです。特に写真に写るときは、注意が必要です。

薄い色のドレスを着る場合には、上に濃い色の服を羽織って、全体的に白っぽくならないように工夫します。新郎新婦よりも、目立たないように心がけることが、ポイントです。

だからといって、全身黒ずくめにするのも良くありません。全身黒ずくめの服装は、お葬式をイメージさせるので、結婚披露宴のようにおめでたい場にはふさわしくありません。黒系の服を着る場合には、バッグやアクセサリーに差し色を入れましょう。

 

結婚披露宴の女性の服装の素材

結婚披露宴の女性の服装の素材で、タブーとなるのは毛皮や革素材です。これらの素材は動物を殺して、皮を剥いで作られます。ですから殺生に結びつくということで、結婚披露宴のようなおめでたい場にはふさわしくありません。

スポンサードリンク

毛皮や革素材以外にも、ファーも殺生を連想させるので、やめておきましょう。ファーはそれ以外にも、毛が料理に入ったり他の人の服に付いて、汚してしまうことがあります。

また服装以外にバッグなどの持ち物についても、動物の皮を使った素材も、同じように殺生をイメージさせるのでNGです。バッグについてはゴールドやシルバーなど、光り物もやめておきましょう。

 

肌を露出し過ぎない!

結婚披露宴の場では、女性は肌を露出し過ぎないように、注意しなければなりません。最近の若い女性はキャミソールやノースリーブなど、肌の露出の多い格好を好んでしたがる傾向があります。しかし結婚披露宴の場には、ふさわしくありません。

スカートの丈も、短すぎるものは厳禁です。最低でも、膝が隠れるくらいの長さは必要です。タイトスカートなど、体の線がピッタリと出るものも、やめておきましょう。

 

ストッキングは必ず着用する

結婚披露宴のようなフォーマルな場では、素足や厚手のタイツはNGとされています。必ず、ストッキングを着用して下さい。色はナチュラルなベージュ系のストッキングで、黒いストッキングはNGとされています。

 

靴はヒールを選びましょう

ヒールは低すぎるとカジュアルに見えるので、3cm以上の物を選べば品が良く見えます。また太いヒールもカジュアルに見えるので、細いものを選ぶと品が良く見えます。つま先や踵が露出している靴も、結婚披露宴にはふさわしくありません。

 

まとめ

結婚披露宴の主役は新郎新婦であり、女性は花嫁さんよりも目立つ格好をしてはいけない。

服の色は白や薄いピンクやべーじゅなど白系は避け、花嫁さんと被らないようにする。

全身黒ずくめも、喪服をイメージさせるので良くない。

服装の素材は毛皮や動物の皮などは、殺生をイメージさせるのでよくない。

肌を露出し過ぎたり、体の線がピッタリ出る服装は避ける。

ストッキングは必ず着用し、靴は3cm以上のヒールを選ぶ。

スポンサードリンク

 - 一般常識