秋にニキビが悪化するのはなぜ?原因と対策を探っていきます!

      2017/05/08

秋は季節の変わり目ということもあって、肌トラブルが起こりやすい季節です。特にニキビが悪化したり、増えることがあります。ここでは秋にニキビが、悪化する原因と対策を探っていきます。


スポンサードリンク

秋にニキビが悪化するのはなぜ?

秋にニキビが悪化した女性

秋は温度も下がり涼しくなり、過ごしやすい季節です。しかしその反面、ニキビが悪化しやすい季節です。秋に悪化しやすいニキビは、思春期ニキビではなく、大人ニキビになります。大人ニキビの悪化は、秋の気候と関係があります。その原因をひとつひとつ、確認していきましょう。

 

夏の肌ダメージの蓄積

夏に受けた肌のダメージは、秋になって一気に現れます。秋になると、肌がカサついたりゴワついたりしますが、これは夏に紫外線などから受けた肌ダメージによるものです。紫外線の影響を受けた肌は、バリア機能が低下して保湿力が弱まります。

肌はバリア機能が弱まると、そのバリア機能を回復させようとして、角質層をどんどん厚くしていきます。これが乾燥した上に、ゴワついた肌になっていく原因です。

角質層が厚くなっていくと、毛穴も細く長くなって、詰まりやすくなります。更に乾燥した肌は、潤いを取り戻そうとして皮脂を過剰に分泌するようになります。細く長くなった毛穴に、皮脂がたくさん出て詰まりやすくなるのが、秋にニキビが悪化する原因なのです。

アクネケアたっぷりおためしキット
 

秋は肌が敏感になる

夏が終わって寒い冬に向かっていく、秋のような季節の変わり目は、肌が敏感になる季節です。環境が変化することによって、体はそれに適応しようとして、外部の刺激に敏感になってしまうのです。これはニキビに限らず、肌の痒みやかぶれ等肌トラブルの原因となります。

 

空気の乾燥

秋になるとジメジメした夏とは一転して、空気が乾燥します。乾燥した空気は、肌の水分を奪ってしまいます。更に気温も低下していくので、発汗量も減っていき、肌はどんどん乾燥していきます。乾燥は皮脂の分泌を促し、ニキビ悪化の原因となります。

 

秋にニキビが悪化する対策

秋にニキビが悪化する原因は、前項で取り上げたように、ほとんど肌の乾燥が関係しています。この対策としては、肌のバリア機能を回復させて、肌が十分に水分を保持できるよにすることです。それには肌の一番表面にある角質層が、正常な状態を保たなければなりません。

アクネケアたっぷりおためしキット
 

できれば夏のうちからダメージが蓄積しないように、きちんとスキンケアしておくことが大事です。しかし夏のスキンケアが不十分だったという人も、決して諦める必要はありません。きちんとスキンケアして、正常な肌のバリア機能を回復させていきましょう。

肌はターンオーバーによって生まれ変わっていくので、きちんとスキンケアしていけば、いずれは正常な肌へと生まれ変わっていきます。それには肌に刺激を与えないことと、しっかり保湿することが重要です。

肌は擦ったりするなどの刺激を受けると、角質層を傷つけることでバリア機能が低下してしまいます。ですから肌には、極力刺激を与えないようにしてください。

そして肌の保湿をしっかり行うことで、肌のターンオーバーのサイクルが、正常化していきます。肌のターンオーバーのサイクルは、通常28日くらいです。この期間しっかり保湿していれば、徐々に肌のバリア機能も回復していくでしょう。

また肌が敏感になっているので、化粧品も敏感肌用のものを使いましょう。普段は普通肌用の物を使っている人でも、秋には敏感肌用の化粧品に変えてみてください。

空気の乾燥対策として、保湿器を使うのも有効です。とにかく大人ニキビは、乾燥することが悪化させる一番の原因です。

 

まとめ

秋は大人ニキビが、悪化したり増えやすい季節である。

その原因は、夏の肌ダメージの蓄積、季節の変わり目で肌が敏感になっていること、空気が乾燥していることなどがある。

秋のニキビ対策は、肌に刺激を与えず十分に保湿することで、バリア機能を回復させることである。

 

スポンサードリンク

 - ニキビ