ムダ毛処理の後できる黒いポツポツは何?原因と対策を探っていきます!

      2017/05/02

ムダ毛を処理した後に、黒いポツポツができてしまうことがあります。これはもしかしたら、ムダ毛よりも恥ずかしいかもしれません。ここではこの黒いポツポツができる原因と、対策を探っていきます。

スポンサードリンク

ムダ毛処理の後できる黒いポツポツは何?

ムダ毛処理
 

自分でムダ毛処理をした時に一番多いトラブルが、肌にできる黒いポツポツです。肌が汚く見えるので、ムダ毛処理しても肌を露出できないということもあります。この黒いポツポツは何度も繰り返しているうちに、どんどん目立つようになってくることもあります。

さてこの黒いポツポツの正体ですが、痛みが無いのであれば毛です。ムダ毛の処理方法によって、毛穴に残っている毛が黒く見えている場合と、埋没毛になってしまって黒く見える場合があります。

 

ムダ毛処理の後できる黒いポツポツの原因

カミソリでムダ毛を剃った場合は、毛穴の中には毛根が残った状態になります。しかし毛穴が閉じていれば、残った毛根はそれほど目立つことはありません。この黒いポツポツが目立つのは、毛穴が開いているからです。カミソリを何度も使っているうちに、毛穴が開いてきてしまうのです。

埋没毛というのは、本来皮膚の上に伸びてくるはずの毛が、皮膚の中に埋まってしまうものです。この原因はムダ毛の処理の時に、肌にダメージを与えることで、角質層が厚くなってしまうことで起こります。厚くなった角質層は毛穴を塞いでしまい、肌の表面に出てくる事ができずに、埋もれてしまうのです。

また毛抜きでムダ毛を抜いたりカミソリで剃った時に、毛穴を傷つけて炎症を起こすことがあります。その時にカサブタができて毛穴を塞いでしまうことでも、同じように埋没毛になることがあります。

スポンサードリンク

 

ムダ毛処理の後できる黒いポツポツの対策

毛穴の開きに関しては、ボディクリームやローションなどを使って、しっかり保湿するようにして下さい。そうすれば徐々に毛穴も閉じていき、黒いポツポツも目立たなくなっていきます。

埋没毛のほうは、自分で治すのはかなり難しいです。皮膚の下にあるので、簡単には取り出すことはできません。間違っても針などを使って、無理やりほじくったりしないようにして下さい。

埋没毛も放置しておけば、そのうち排泄されていきます。しかし炎症を起こしたり、色素沈着を起こすこともあるので、治したほうがいいのは確かです。埋没毛を治すには、クリニックで行われているレーザー脱毛があります。

エステティックサロンで行われている脱毛は、埋没毛があると受けられないことがあります。レーザー脱毛はレーザーで毛母細胞を破壊するので、埋没毛であっても脱毛することができます。

しかしこのようにして黒いポツポツの対策をしても、繰り返しカミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をしていれば、また黒いポツポツを繰り返してしまいます。根本的な対策としは、カミソリや毛抜きを使わないことが大事です。

一番いいのはレーザーで永久脱毛することですが、自宅で簡単に脱毛できるパイナップル豆乳ローションが、塗るだけで簡単に脱毛できるローションとして、人気になっています。毛穴の黒ずみケアも同時にできるので、黒いポツポツで悩んでいる人には、最適な脱毛方法です。

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

まとめ

ムダ毛の処理の後できる黒いポツポツは、毛穴の開きによって中に残った毛根が、埋没毛である。

その原因はカミソリで剃ったり、毛抜きでムダ毛を抜くことによって起きる。

毛穴の開きは、ローションなどを使ってケアすれば、徐々に目立たなくなる。

埋没毛は、レーザー脱毛によって処理する。

黒いポツポツを繰り返さないために、カミソリや毛抜きを使うのをやめ、レーザー脱毛やパイナップル豆乳ローション使うと効果的である。

スポンサードリンク

 - 美容