顔ダニでニキビができる?その原因と対策を探っていきます!

      2017/03/26

あなたの顔にも、ダニが住んでいるかもしれないと聞くと、ちょっと気持ちが悪いですね。しかしこの顔ダニが、ニキビの原因になっているとすれば、放っておくわけにはいきません。何かいい対策方法は、あるのでしょうか?

スポンサードリンク

顔ダニがニキビの原因になる?

顔ダニのニキビ

毎日キレイに洗顔して清潔にしてるから、自分には顔ダニなんていないはずと、思っている方も多いかもしれません。しかし残念ながら、ほぼ全ての人の肌に寄生しているのが、顔ダニなのです。

顔ダニは鏡でどんなに注意して見ても、肉眼では見えるものではありません。なぜなら顔ダニは、毛穴の中の毛根の中に住み着いているからです。そこで毛穴から分泌される皮脂や皮細胞をエサにして、生存しているのです。

一般的なニキビの場合は皮脂の過剰分泌により、皮脂が毛穴に詰まることによって起きます。顔ダニが原因でできるニキビは、顔ダニの死骸や排泄物が毛穴に詰まることで起こります。

しかし前述したように、顔ダニはほとんど誰にでもいます。それにも関わらず、ニキビができる人とできない人がいるのは、なぜなのでしょう? そこ答えは、顔ダニの個体数です。

顔ダニの数が少ないうちは、毛穴に死骸や排泄物が詰まることはありません。逆に顔ダニが皮脂を食べてくれることで、皮脂を過剰分泌しても適正値に整えてくれるというメリットも有ります。

 

顔ダニはニキビ以外にも肌トラブルの原因になる

顔ダニはニキビ以外にも、様々な肌トラブルの原因になります。まずはダニをアレルゲンとした、痒みなどのアレルギー症状です。ダニの死骸などが肌に付着していると、それがアレルゲンとなり症状を引き起こします。

顔ダニが増えすぎてエサとなる皮脂を食べ尽くしてしまうと、乾燥肌になることもあります。肌に必要な皮脂が、足りなくなってしまうのです。

スポンサードリンク

顔ダニの活動が活溌になると、ツメや口で肌が傷つけられます。肌細胞が傷つけられると、活性酸素を発生して老化の原因になります。

 

顔ダニが原因でできるニキビの対策

顔ダニが原因でできるニキビの対策は、顔ダニが増え過ぎないようにすることです。それには、顔ダニのエサとなる皮脂を過剰に分泌させないことです。

皮脂の過剰分泌は、食生活と大きな関係があります。肉食中心の欧米型の食生活や、油っこいもの、炭水化物や糖質、刺激物の摂り過ぎは全部皮脂の過剰分泌につながります。和食中心の食事を心掛け、お菓子などを間食しないようにしましょう。

睡眠不足やストレス
も、皮脂の過剰分泌の原因になります。毎日十分な睡眠時間が取れるように規則正しい生活をして、ストレスも溜め込まないようにスポーツなどをすると良いでしょう。

そして増えた顔ダニをこまめに、駆除していくことです。それには、毎日の洗顔が重要です。前述したように顔ダニは、毛穴の中に住んでいるので、全滅させることは難しいです。しかし洗顔をすれば、30%程度は死滅させる事ができます。1日2回朝と晩に洗顔すれば、少なくとも個体数を増やさないことはできます。

顔ダニは夜行性ですので、夜寝る前の洗顔は特に重要です。顔ダニは人間が寝ている間に、毛穴から出てきて活動しています。その時肌に化粧や汚れが残っていれば、顔ダニはそれを体に付けて毛穴の中へと戻っていきます。これも、毛穴が詰まる原因となります。

気になる場合は、皮膚科で診察してもらいましょう。皮膚科では顕微鏡などで、顔ダニの確認をしてもらえます。そして顔ダニを駆除するためのクスリなども、処方してもらえます。

 

まとめ

顔ダニは毛穴の中の毛根に住んでおり、ほとんど全ての人の肌に生息している。

顔ダニの死骸や排泄物などが毛穴に詰まり、ニキビの原因となる。

顔ダニはニキビ以外にもアレルギー、乾燥肌、老化などの肌トラブルを引き起こす。

顔ダニのニキビ対策は、エサになる皮脂を過剰分泌させないことと、洗顔でこまめに駆除すること。

スポンサードリンク

 - ニキビ