冷房が便秘を悪化させる?夏はお腹の冷やし過ぎにご注意を!

      2017/05/17

夏のエアコンなどの冷房は、便秘を悪化させる原因になります。夏になると便秘が酷くなるという方は、冷房に当たりすぎて体を冷やし過ぎていませんか? ここでは、原因と対策を探っていきます。

スポンサードリンク

冷房が便秘を悪化させる?

冷房で便秘

冷え性の方に便秘が多いように、体温と便秘には密接な関係があります。冷房による体の冷えも、冷え性と同じように便秘を悪化させます。

体の冷えは便秘以外にも、様々な体調不良を起こします。例えば、頭痛や肩こり、精神的なイライラなどです。しかしこれらは全て、冷えからくる血行不良が原因となっています。

便秘の場合は血行不良によって、胃腸の働きが弱まることが問題になります。これは人によっては、下痢という症状として現れることもあります。便秘も下痢も、同じ胃腸の働きの低下によって起こります。

便秘とは腸内の便の排泄が順調に行われず、長時間腸内に便が留まっている状態です。便を排泄するには腸のぜん動運動が、活発に行わなければなりません。しかし冷房でお腹が冷えると血行不良によって、腸のぜん動運動も鈍ってしまうのです。

また冷房の使い過ぎは、自律神経の働きを乱します。これが、いわゆる冷房病という症状で、便秘の原因となります。胃腸などの消化器官も、自律神経の働きにより、消化・吸収・排泄などの活動と、休息とをコントロールしています。自律神経の働きが乱れると、胃腸の活動が低下して、便秘になってしまうことがあります。

特に普段は便秘ではないのに、夏にだけ便秘になるという人がいます。このような方は、夏に冷房を使い過ぎていないか、チェックしてみて下さい。

 

冷房による便秘の対策

冷房による便秘の対策として、便秘薬などに頼リたくなる方もいるでしょう。しかし、その前に冷房対策などを行いましょう。便秘薬も飲み過ぎれば、逆に便秘を悪化させる要因となります。なるべくなら便秘薬には頼らずに、対策をしていきましょう。

 

体を冷やし過ぎないようにする

まず冷房で体を冷やし過ぎないように、エアコンの設定温度を下げ過ぎないようにしましょう。目安としては、28度を下回らないようにします。特にお腹周りを冷やさないように、夏でも腹巻きなどをしてもいいでしょう。

特に気をつけて欲しいのは夜寝るときに、冷房をつけっぱなしにしないことです。寝てる間は体温は下がっていくので、冷房をつけっぱなしにすると、体は冷え過ぎてしまいます。必ずタイマーをセットして、寝付いた後に冷房が切れるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

また冷房病の対策として、屋外と室内との温度差が5℃以内になるように、冷房の設定温度を調節します。人間は温度変化が5℃以上になると、体温調節ができなくなり、自律神経の働きが乱れます。急激な温度変化が、無くなるようにするのです。

 

水分補給を十分にする

便は腸内に長く留まると、水分を吸収されてしまうので、どんどん硬くなっていきます。硬くなった便は、より排泄しづらくなり、便秘を悪化させる原因となります。

特に夏は暑さで、汗をかく機会が増えます。体は水分不足になると、便から少しでも水分を搾り取ろうとします。水分補給を十分に行い、便が柔らかくなるようにしましょう。

特に朝起きてすぐに、コップ一杯の水を飲むと効果的です。人間は寝ている間に大量の汗をかくのので、朝は水分不足になりやすいのです。また朝一の水で、腸に刺激を与えて動きを活溌にします。

 

食事をきちんと取る

夏は暑さで食欲が落ちて、きちんと食事を取らない人も多いようです。また冷房にあたりすぎるのも、食欲不振の原因になります。食事をきちんと取らないことは、便秘の原因になります。

胃腸は新しい食べ物が入ってくることで、刺激を受けて動きが活発化されるのです。また新しい食事を入れて、腸の中の古いものを押し出すという作用もあります。健康な人では食事をした後に、便意を催すことは良くあります。

 

乳酸菌を摂取して腸内環境を整える

同じ冷房の効いた部屋にいても、便秘になる人とならない人がいます。この違いは、何なのでしょうか? 冷房で便秘になる人は、もともと便秘になりやすい体質があるのです。

特に便秘に関係しているのは、腸内環境です。腸内に乳酸菌などの善玉菌が少ないと、便秘になりやすい体質になってしまいます。普段から乳酸菌を摂取して、腸内環境を整えることも大事です。

乳酸菌摂取のポイントは、有胞子乳酸菌を摂取することです。有胞子乳酸菌は固いカプセルで守られており、熱や酸に強く腸まで届きます。ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は、有胞子乳酸菌ではなく胃酸で死滅してしまいます。

乳酸菌革命
 

 

まとめ

冷房によって体が冷えると、血行不良により胃腸の活動が鈍くなり、便秘になりやすくなる。

冷房による便秘の対策としては、体を冷やし過ぎないこと、水分をきちんと取ること、食事をきちんと取ること、腸内環境を整えることがある。

スポンサードリンク

 - 美容 ,