冷房が効かない原因は?エアコンの室外機などチェックすべきポイント!

      2017/04/05

暑い夏にエアコンの冷房が効かなくなると、かなり焦りますね。慌てて電気屋に修理の電話をしたくなるかもしれませんが、ちょっと待って下さい!その前に、エアコンの室外機などを、チェックしてみましょう!

スポンサードリンク

冷房が効かない原因は?

冷房が効かない

冷房が効かなくなったからといって、必ずしも故障とは限りません。特にエアコンの室外機など、普段あまり手入れしてない場所は、チェックする価値があります。修理代を節約するためにも、自分でできるチェックポイントをご紹介します。

 

エアコンの室外機のメンテナンス

冷房が効かない時に、まず最初にチェックすべきポイントは、エアコンの室外機です。室外機はほとんど、野ざらしにされほったらかしにされています。恐らく定期的にメンテナンスをしている人は、少ないのではないでしょうか。

そのため冷房を長く使っていると、室外機にゴミなどが詰まって動きが悪くなります。そうすると、冷房が効かなくなることもあります。室外機をきちんとメンテナンスしていると、冷却効率も良くなるので、冷房の電気代の節約にもなります。

エアコンの室外機のメンテナンスをするときは、途中で動き出すと危険ですので、必ずコンセントを抜いてから始めて下さい。電源をOFFするだけでなく、必ずコンセントを抜きます。

次に、室外機の周りの清掃を行います。特に室外機の周りの隙間には、枯れ葉やゴミなどが溜まりやすいので、取り除いて下さい。

そして排水パイプも、詰まりがないかチェックして下さい。特に、イヌやネコなどのペットを飼われているご家庭では、ペットの毛が排水パイプに詰まりやすくなっています。排水パイプが詰まると、水漏れの原因になります。

スポンサードリンク

次に、室外機の裏側のフィンを清掃します。ここにゴミやホコリ等が付着していると、空気抵抗が大きくなり冷却効率が落ちます。フィンを傷つけないように掃除機やプラシを使って、丁寧にゴミやホコリを取り除いて下さい。水を使うと故障する可能性があるので、使わないようにして下さい。

最後に室外機の中も、ゴミなどの混入がないかチェックします。室外機の中は、分解しないとメンテナンスできないので、何かあった場合は業者にメンテナンスしてもらいましょう。

 

室外機が高温になっていないかチェック

エアコンの室外機が高温になると冷却効率が落ちて、冷房が効かなくなることがあります。特に夏は直射日光が当たったり、地面から反射した太陽光で、室外機が高温になりやすいのです。

日除けを作って、太陽光が直接当たらないようにしましょう。このとき室外機を完全に囲ってしまったり、排出口を塞いでしまわないように注意して下さい。室外機の周りには、必ずある程度の空間が必要になります。風通しが悪いと、熱がこもって温度が上がります。室外機の周りに、物をおいている場合は、どかしましょう。

冬に暖房を使うときは、逆に室外機が温まっていたほうが、暖房効率が良くなります。夏が終わって冷房を使わなくなったら、日除けは外しておきましょう。

 

エアコンの室内機のメンテナンス

エアコンの室内機も、メンテナンスしておきましょう。まずはエアコンの周りを、掃除機で吸ってキレイにします。その後フィルターをゆっくりと、取り外します。そしてフィルターの外側から、掃除機で付着したホコリを吸い取ります。

次にエアコン内部の冷却フィンに付いたホコリも、丁寧に取り除きます。歯ブラシなどを使うと、細かいホコリもよく取れます。

 

まとめ

冷房が効かない時は修理する前に、エアコンの室外機などをメンテナンスする。

エアコンの室外機は周りの清掃、排水パイプの詰まり、フィンの清掃を行う。

室外機が高温にならないように、日除けを作ったり風通しを良くする。

エアコンの室内機も、フィルターやフィンの清掃を行う。

スポンサードリンク

 - 暑さ対策 ,