雨でアレルギーがひどくなるのはなぜ?原因と対処法を探っていきます!

      2017/03/03

雨が降るとアレルギーの症状が、ひどくなるという方がいます。

くしゃみや鼻水が止まらないなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

花粉症だと思い込んでいる方もいますが、本当に花粉症なのでしょうか?

ここでは、雨でアレルギーがひどくなる原因と対処法を、探っていきます。

スポンサードリンク

雨でアレルギーがひどくなるのはなぜ?

雨
 

アレルギーの症状は、くしゃみや鼻水が止まらなくなる鼻炎や、目の痒み、湿疹、下痢、嘔吐など、様々なものがあります。

この中でも一般的によく知られているのが、目や鼻に症状が出やすい花粉症です。

花粉症は特定の植物の花粉に対して、アレルギー症状を起こす病気です。

花粉症以外のアレルギーも、何らかのアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)に対して、過剰な反応を引き起こしているのです。

このアレルギーの症状が、雨で悪化するのには、いくつかの理由が考えられます。

まずはそれらの理由について、ひとつひとつ解説していきます。

 

アレルゲンの量が増える

まず考えられるのは雨が降ることによって、アレルギーの原因となるアレルゲンの量が増えていることです。

例えばカビやハウスダストなどが、その典型例です。

カビは湿度が高くなると繁殖しやすくなり、たくさんの胞子を放出します。

雨が降ることで湿度が高くなり、たくさんのカビの胞子が、部屋の中を浮遊しているのです。

次にハウスダストですが、雨が降ることで部屋を閉め切ること。

そしてハウスダストの原因になるダニが、湿度が高くなり繁殖することが考えられます。

また花粉の量も場合によっては、増えることがあります。

花粉症の方などは、雨が降ったっほうが花粉が減るのに、なぜ症状が悪化するのかと、不思議に思われる方もいるでしょう。

屋外に浮遊している花粉は、雨で落とされて減っていきます。

しかし屋内では、換気口などに溜まっていた花粉が、雨が降ることで逆流して、入ってくることがあります。

このようにしてアレルゲンが増えることで、アレルギーの症状が悪化するのです。

 

低気圧の影響でアレルギーの症状が悪化する

アレルギーの症状というのは、アレルゲンの量だけでなく、その他の要因にも左右されます。

その一つに、気圧があります。

雨が降っているときは、上空に低気圧が発達しており、気圧が低くなっています。

スポンサードリンク

このとき自律神経のバランスが乱れて、副交感神経が興奮した状態になります。

副交感神経が興奮すると、鼻や目などの粘膜から、鼻水や涙などの分泌物が、出やすくなります。

もともとアレルギー体質の方は、副交感神経が興奮しやすい体質の方が多いのです。

さらに気圧が低くなると、ヒスタミンという体内物質が分泌されます。

アレルギー反応というのは、アレルゲンが血中のIgE抗体と結合し、ヒスタミンを放出している状態です。

ヒスタミンは炎症を起こす原因となり、これが増えることで、アレルギーの症状は悪化するのです。

 

そもそもアレルギーではない

症状はくしゃみや鼻水が止まらず、一見アレルギーのように思えても、そうでないということもあります。

それが、血管運動性鼻炎という病気です。

症状はアレルギー性鼻炎と同じなので、自分で判断するのは難しいでしょう。

しかしアレルギーとの大きな違いは、目の痒みなど鼻炎以外の症状を、伴わないことです。

血液検査などでアレルゲンが特定できない場合、血管運動性鼻炎の可能性があります。

血管運動性鼻炎というのは、鼻の血管が拡張して、腫れることで起きる鼻炎です。

温度の変化やストレス、自律神経の働きの低下などによって、症状が出やすくなります。

雨で気温が下がることや、憂鬱になる精神的なストレスで、症状が悪化してる可能性があります。

 

雨でアレルギーがひどくなる対処法

雨でアレルギーがひどくなる対処法は、まずアレルゲンを特定することです。

花粉症だと言ってる人でも、鼻水や目の痒みの症状だけで、自分で判断している人が、少なくありません。

しかしアレルゲンが花粉ではなかったり、もしくは花粉以外にも複数あることがあります。

アレルゲンが分からずに対処をしていても、見当違いの対処法になってしまいます。

アレルゲンを特定する検査も、いろいろありますが、血液検査法が一般的です。

血液検査は耳鼻科などで受けることができ、費用は健康保険適応で3000~6000円程度です。

アレルゲンが特定できたら、そのアレルゲンを徹底的に排除します。

花粉であれば、マスクやメガネなどで、花粉をガードします。

カビであれば、部屋のカビの除去や、湿気対策をしましょう。

ハウスダストは掃除をこまめにして、ホコリを溜め込まないようにします。

 

まとめ

雨でアレルギーがひどくなる原因には、アレルゲンの増加、気圧の関係、血管運動性鼻炎などの可能性がある。

雨でアレルギーがひどくなる対処法は、血液検査などでアレルゲンを特定すること。

そしてそのアレルゲンを、徹底的に排除するようにする。

スポンサードリンク

 - 梅雨 ,