喪中に初詣に行ってしまった時の対処法!神社に問い合わせてみました

   

喪中に初詣に行ってしまった時の対処法について、神社に問い合わせをしました。また喪中でも、初詣に行っていい期間と場所があります。まずは初詣に行った期間と場所が、それに当てはまるかを確認しましょう!

スポンサードリンク

喪中に初詣に行ってしまった時の対処法!

喪中に初詣に行ってしまった

喪中には初詣に行ってはいけないとか、神社の鳥居をくぐってはいけないなどと、よく言われます。しかしこれを知らずに、喪中に初詣に行ってしまった場合、罰が当たるのではないかと、気に病んでいるかもしれません。

そんな方のために、喪中に初詣に行ってしまった時の対処法について、神社に直接問い合わせてみました。

しかしその前に、「喪中に初詣に行ってはいけない」というのは、若干間違った表現になっていることを、知っておきましょう。

正確には、「忌中に神社に参拝してはいけない」、もしくは「忌中に神社の鳥居をくぐってはいけない」となります。

そのため、喪中でも初詣にいっていい期間と場所がありますので、まずはそれに当てはまるかを確認して下さい。

 

喪中に初詣に行っていい期間とは?

神社に参拝してはいけない期間は、忌中の間だけです。喪中であっても忌中が過ぎれば、初詣に行っても大丈夫です。

忌中は近親者に不幸があったため、遺族が穢れ(けがれ)を帯びている時期とされます。忌中は亡くなった方の死と向き合い、思いを馳せて気気持ちを整理する期間です。

そのため忌中の期間は、神様へのお参りは控えるのです。因みに忌中の期間は神社だけでなく、神棚を祀るのもダメです。忌中の間は神棚は、神棚封じといって、半紙で封印をします。

忌中の期間は親や配偶者など、一番近しい関係の場合、50日祭のある50日間になります。(仏教では49日法要まで)50日間を過ぎれば、喪中でも初詣に行けます。

喪中に初詣に行ってもいい期間
忌中の期間は、亡くなられた方との続柄で、下記の通りになります。

父母  :50日間
配偶者 :50日間
義父母 ;30日間
祖父母 :30日間
兄弟姉妹:20日間
子供  :20日間
孫   :10日間
甥姪  :4日間
いとこ :3日間
*地域により違いがあります

喪中は忌中と同じように、親族が亡くなられた時に、身を慎む期間です。喪中も亡くなられた方との続柄で、期間が変わってきますが、一番近しい関係で1年とするのが、一般的です。

喪中期間でも忌中を過ぎていれば、すでに穢れを帯びていません。そのため、もし初詣に行ってしまったのが、忌中明けであれば、大丈夫ということになります。

 

喪中に初詣に行っていい場所とは?

喪中に初詣に行っていい場所は、お寺です。お寺であれば、忌中の期間でも、初詣に行けます。そのため、もし喪中に初詣に行ったのが、お寺であったのならば、問題ありません。

人の死を穢れとする考え方は、神道の考えです。そのため神社に穢れを持ち込むのは、ダメとされています。

スポンサードリンク

しかし仏教では、人の死を穢れとしていません。そのため神道でいう、穢れを帯びている期間とされる忌中でも、お寺は参拝できます。

 

忌中に神社に行ってはいけないのはなぜ?

忌中に神社に行ってはいけないのは、神社に穢れ(けがれ)を持ち込まないためとされていますが、若干ニュアンスが違います。

穢れというと、汚れと書く汚いものと、考える人が多いようです。しかし神道でいう穢れは、気枯れが語源であり、気が枯れたという意味です。今風にういうと、パワーが落ちている状態です。

その様な気が枯れた状態でお祈りをしても、その人の気持が神様と向き合うことができません。その為、神様と接するのは忌中が過ぎて、気が元の状態に戻ってからにして下さいという意味です。

決して人の死が汚い物や悪い物で、それを神社に持ち込んだり、神様に近づけないようにするためという、意味ではありません。

 

神社に問い合わせた対処法とは?

忌中に初詣に行ってしまった時の対処法について、神社に問い合わせた結果を解説します。

罰が当たることはない

忌中に神社に参拝したからといって、罰が当たるということは無いそうです。これは前項の忌中に神社に、参拝してはいけない理由を見れば、理解できると思います。

忌中に神社に参拝して、罰が当たると思っている人は、人の死を汚れ(汚い物)と、勘違いしてる人です。汚いものを神社に持ち込んでしまったから、神様が怒って罰を与えると思っているのでしょう。

また対処法として、清めの塩をまけばいいと言っている人も、同じように人の死を汚れ(汚い物)と、勘違いしてるのではないでしょうか。塩をまいても、何の意味もありません。

お清めの塩の意味については、別記事:お葬式のお清めの塩の使い方と意味!(http://chienominoessence.com/1842.html)にまとめてありますので、興味のある方はご一読下さい。

 

気になる場合は忌明けに参拝する

忌中に神社に参拝しても、特に気にしなくてもいいのですが、気になる場合は忌明けに参拝する方もいるようです。これは、本人の気持ちを整理するために、必要であればやってもいいということです。

やはり罰は当たらないにしても、やってはいけないことをしてしまったという、罪に意識にかられる方もいます。その場合は忌中明けに改めて、健康や安全等の祈願をかねて、ご祈祷されるのもいいでしょう。

 

忌中にどうしても神社に参拝したい時の対処法

忌中でも結婚式やお祝などで、どうしても神社を参拝したい場合の対処法も、ご教授頂きました。

まず事前に神社の社務所などに連絡して、忌中であるが神社に参拝したいという旨を伝えます。そして鳥居の前で、お祓いをしてもらいます。すると忌中でも、神社に参拝できるようです。

後は、地域や神社によって風習などに違いがあるようです。気になる場合は、実際に忌中に初詣に行ってしまった神社に、問い合わせておくと安心できます。

 

まとめ

喪中でも忌中明けであれば、初詣に行っても問題ない。

喪中でもお寺であれば、初詣に行っても問題ない。

忌中の期間は、最長で50日祭りのある50日間となるが、故人との続柄で違う。

忌中に神社に行ってはいけないのは、気が枯れて神様と向き合うことができないから。

忌中に初詣に行ってしまったからといって、罰が当たるということはない。

気になる場合は忌中明けに、改めて神社を参拝して、祈祷などをしてもらっても良い。

忌中でも、鳥居の前でお祓いをしてもらえば、神社を参拝することができる。

スポンサードリンク

 - 一般常識 ,