七五三の写真はいつ撮る?安くするにはどうすればいいか

   

七五三の写真は、いつ撮るのがいいのでしょうか? 七五三の写真は、子供の成長の記念になりますから、綺麗な写真で残したいものです。写真スタジオで写真を撮影するのに、安く済ませるにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

七五三の写真はいつ撮る?

七五三の写真
 

七五三のお参りは11月15日に行うのが、正式な日取りとされています。しかし最近では七五三のお参りは、必ずしも11月15日でなくて良いとする人が増えています。

11月15日は祝日ではないので、休みが取れない人もいます。そうすると、家族揃って七五三のお祝いが、できないこともあります。そこで七五三は11月15日にこだわらずに、10月、11月くらいで、都合のいい日にお参りやお祝いをするのです。

さて七五三の写真撮影ですが、お参りの時に一緒にしようと、考える人も多いでしょう。しかし写真についても、昔とは事情が変わってきて、お参りとは別に写真撮影を行う人が増えています。

特に、七五三の写真撮影を安く済ませようと思えば、いつ撮るのかが重要になってきます。

 

七五三の写真は10月、11月だと割高になる

七五三の写真撮影を写真スタジオで行う場合は、10月、11月だと割高になります。やはり七五三のお参りと写真撮影は、一緒に済ませようとする人が、多いようです。

殆どの写真スタジオは需要期には、多少高めに値段を設定しても、お客さんは満杯になります。実際に11月に七五三の写真撮影をした友人は、びっくりするような金額だったと言っていました。

10月、11月くらいだと、料金が高いだけでなく、予約が取れないこともあります。どうしても10月、11月に、七五三の写真撮影をしたいのであれば、早めに予約を入れておきましょう。

 

七五三の写真撮影を安くするなら前撮りをしよう!

七五三の写真撮影を安く済ませたいなら、10月、11月の繁忙期を避けて、前撮りをしましょう。前撮りとは七五三のお参りやお祝いとは別に、事前に写真撮影だけを行うことです。

七五三の写真をいつ撮るかは特に決まりはなく、繁忙期に入る9月までに前撮りすれば、スタジオの撮影費用は安くすみます。早い人だと春くらいに、すでに七五三の写真を撮影してしまう人もいます。

スポンサードリンク

七五三の写真の前撮りが難しい人は、11月の繁忙期が過ぎた後に写真撮影をする、後撮りという手もあります。要は10月、11月の繁忙期を避ければいいだけなので、スタジオが安い料金の時に、撮影してもらいましょう。

七五三の写真の前撮りで、一つ気をつけたいのは、夏の日焼けです。元気な子供は夏に、プールや海に出かけて、日焼けする機会も多いでしょう。しかし七五三の写真で、あまり日焼けしているのは、おかしく感じます。

8月、9月くらいに、七五三の写真の前撮りをする場合は、日焼け止めクリームをしっかり塗って、日焼け対策をしたほうがいいですね。また日焼けを嫌って、春に前撮りをしてしまう人も多いようです。

 

キャンペーンを利用してお得に七五三の写真撮影をしよう!

写真スタジオによっては、キャンペーンを実施しているところもあります。このキャンペーンを利用すれば、更にお得に七五三の写真撮影ができます。

一例として全国的にも有名な、スタジオアリスのホームページを覗いて、キャンペーン情報を見てみましょう。

スタジオアリスのキャンペーン情報(http://www.studio-alice.co.jp/info/)

スタジオアリスでは、早撮り七五三キャンペーンというのが、期間限定で行われていました。プレゼントが貰えたり、着物レンタルが平日無料、千歳飴のプレゼント、カラー足袋のプレゼント、衣装代無料など、なんとも豪華な特典が用意されています。(キャンペーン内容は時期により異なったり、開催していないこともあります)

写真スタジオも、なるべくお客さんを分散させるように、閑散期にお客さんを呼び込もうとして、このようなキャンペーンを実施します。特に七五三の写真をいつ撮るか、こだわりが無いのなら、キャンペーンを利用するのがお得です。

またキャンペーン目当てのお客さんが、殺到することも考えられます。常日頃からホームページをチェックして、キャンペーン情報が掲載されたら、早めに予約を入れるようにしましょう。

 

まとめ

七五三のお参りやお祝いは、必ずしも11月15日に行わなくても良い。

七五三の写真をいつ撮るかは、特に決まりはなく、お参りと一緒でなくてもいい。

写真スタジオは10月、11月は繁忙期で混むので、料金が高くなったり、予約が取りにくくなる。

七五三の写真を安くするには、10月、11月の繁忙期を避けて前撮りか後撮りすると良い。

写真スタジオによってはキャンペーンを行っているので、それを利用すればお得に七五三の写真撮影ができる。

スポンサードリンク

 - 年間行事 ,