片月見は縁起が悪い?十五夜と十三夜の2回月見をするのが正しい?

   

片月見は縁起が悪いという話を、聞いたことはありますか? 私はこの話を知らずに、今まで十五夜にしか月見をしたことがありませんでした。正しい月見の仕方というのは、十五夜と十三夜の2回しなければならないのでしょうか?

スポンサードリンク

片月見は縁起が悪い?

片月見の縁起
 

片月見は縁起が悪いということは、私も知りませんでした。月見というのは、単に満月の美しい月を眺めて、楽しめばいいというぐらいの認識でした。ですから片月見という言葉自体、知りませんでした。

片月見というのは、八月十五夜にだけ月見をして、九月十三夜に月見をしないこと。もしくは八月十五夜には月見をせずに、九月十三夜にだけ月見をすることをいいます。つまり八月十五夜か九月十三夜のどちらかしか月見をしないと、片月見となってしまいます。

更に地域によっては、八月十五夜と九月十三夜を同じ場所で月見をしなければ、片月見となることもあります。つまり八月十五夜に自宅で月見をして、九月十三夜に自宅以外で月見をしてしまうと、片月見となってしまうのです。

 

十五夜と十三夜の違いとは

1年のうちで一番月見に適しているのは、中秋の名月と言われる十五夜です。八月十五夜というのは、旧暦の8月15日のことで、現代の暦では9月15日くらいになります。この前後に訪れる満月の日が、十五夜とされます。

そして十五夜の次に、月が綺麗に見える日が十三夜です。九月十三夜というのも、旧暦の9月13日のことで、現代の暦では10月13日くらいになります。八月十五夜から、1か月弱後にやってくる満月です。

スポンサードリンク

十三夜というのは日本独自の行事で、時期的に秋の収穫祭として、行われていたという説があります。因みに十五夜は、中国から伝わったものであり、日本独自の行事ではありません。

秋から冬にかけては、空気が澄んでいるので、月が綺麗に見える季節です。また秋は明るい星が少ないので、月が見やすい季節でもあります。この点も八月十五夜と九月十三夜に、月見をする由縁になっています。

 

片月見が縁起が悪い理由とは

昔は十五夜と十三夜のお月見は、ペアで行われる行事でした。その為、そのどちらかが欠ける片月見は、縁起が悪いとされたのです。

そこには九月十三夜のお月見が、秋の収穫祭の意味があるのも、関係してるかもしれません。農村では九月十三夜のお月見(秋の収穫祭)をやらないと、来年は不作になるとされ、忌み嫌われていました。それが、縁起が悪いとなったのでしょう。

お月見にはススキが飾られますが、この風習からもお月見が、秋の収穫祭の意味合いを持っていたことが伺えます。ススキは魔除けとしての意味合いもありますが、その他に稲穂に似ていることから、豊作祈願のために飾られます。

昔は農業が主力産業ですから、秋の収穫祭であるお月見は、今以上に大切な行事だったのでしょう。ですから、1回しか月見を行わない片月見は縁起が悪いとして、2回月見をするように促したのでしょう。

 

まとめ

片月見とは八月十五夜か九月十三夜のどちらか1回しか、お月見をしないことを言う。

地域によっては、八月十五夜と九月十三夜を同じ場所でお月見をしなかった場合も、片月見と呼ぶことがある。

九月十三夜のお月見は、秋の収穫祭の意味がある。

片月見が縁起が悪い理由は、ペアで行われる行事のため、片方が欠けるのは縁起が悪いから。

また秋の収穫祭である九月十三夜のお月見をやらないと、来年は不作にるかもしれないとされたから。

スポンサードリンク

 - 年間行事