ワキガは運動で治る?汗の質が変われば臭いが抑えられる?

      2017/09/07

ワキガは運動で、治るのでしょうか? ワキガの原因は、汗の質と大きく関係しています。運動不足の人と普段から運動をしている人は、汗線の機能に違いがあり、汗の質も変わってきます。この辺にワキガの臭いを抑えるヒントが、隠されているかもしれません。

スポンサードリンク

ワキガは運動で治る?

運動をする人

ワキガの臭いはアポクリン腺から分泌される汗が、皮膚の常在菌に分解されたときの臭いです。ワキガになるかならないかは、このアポクリン腺の量で決まってしまうので、残念ながらワキガは運動で治ることはありません。

しかしながら運動によって汗の質が変わってくれば、ワキガの臭いを抑えることはできます。ワキガに限らず運動不足の人は、体臭がキツくなる傾向にあります。ここにワキガの臭いを抑えるヒントが、隠されています。

 

べたつく汗がワキガ臭をキツくする!

あなたは普段、どんな汗をかいていますか? ワキガで悩んでいる人の多くは、粘度の高いべたつく汗をかいています。このべたつく汗には、血液中の血漿の成分が含まれており、汗がべたつく原因になります。

そしてべたつく汗は、重炭酸イオンを多く含んでいるため、pHがアルカリ性に傾いています。アルカリ性になると肌の表面に、細菌が繁殖しやすい環境になります。ワキガの原因菌も繁殖しやすくなり、ワキガの臭いがキツくなるのです。

これに対して良い汗というのは、水のようにサラサラした汗のことです。サラサラした汗は、pHが酸性に傾いているため、細菌が繁殖しにくくなります。この状態だとワキガの原因菌も繁殖しにくい環境なり、ワキガの臭いを抑えることができるのです。

つまり、汗の質をべたつく汗からサラサラした汗に改善していけば、ワキガの臭いを抑えることができるのです。そして、その汗の質を変える鍵を握っているのが、運動です!

 

運動不足はワキガを悪化させる

運動不足は、ワキガを悪化させる原因になります。運動不足の人は、新陳代謝が低下しやすくなります。新陳代謝が低下すると、老廃物や不純物が排出されず、体内に溜め込んでしまいます。

体内に溜め込まれた老廃物や不純物は、汗をかいた時に一緒に排出されます。この汗に含まれる老廃物や不純物は、ワキガの臭いをさらにキツくします。

逆の普段から運動をしている人は新陳代謝がアップして、老廃物や不純物が排出されやすくなります。汗に含まれる老廃物や不純物も、少なくなります。

運動をすることで、新陳代謝が上がるように体質改善していけば、ワキガの臭の改善につながります。

 

運動で汗腺を鍛えれば汗の質が変わる!

普段から運動をしている人は、汗腺の機能が鍛えられているので、サラサラとしたいい汗をかくことができます。これに対して運動不足の人は、汗腺の機能が衰えてしまい、いい汗をかくことができません。

スポンサードリンク

汗は血液中の、血漿から作られます。血漿にはミネラルなどの成分が含まれていますが、汗線の機能が正常な人は、それらの成分が再吸収される働きがあります。そのため汗の質は、サラサラとした水のような汗になります。

ところが汗線の機能が衰えている人は、血漿の成分を再吸収することが、うまくできできません。そのために汗の中に、血漿の成分が混ざってしまい、これがべたつく汗の原因になります。

運動不足で汗線の機能が衰えている人は、普段から運動をして汗をかくようにすることが大事です。そうすれば段々と汗線の機能が鍛えられて、サラサラとした汗がかけるようになっていくでしょう。

 

冷房の使い過ぎも腋臭には悪影響!

運動不足以外では冷房の使い過ぎも、汗の質に悪影響があります。冷房で空調が整った快適な空間では、汗をかく機会も減っていきます。普段からきちんと汗をかいたほうが、汗腺の機能も鍛えられます。

そして冷房により肌が冷やされることで、皮膚の血行が悪くなります。皮膚の血行が悪くなれば、汗腺にも酸素や栄養が十分に供給できなくなります。この様な状態も、汗腺の機能を低下させる原因になります。

 

ワキガの臭いを抑えるには有酸素運動!

ワキガの臭いを抑えるには、有酸素運動が効果的です。有酸素運動は汗腺の機能が向上して、サラサラとした良い汗をかけるようになります。無酸素運動をすると乳酸が増加して、汗の中のアンモニア濃度が高くなるので、逆効果になります。

有酸素運動にはウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳、エアロビクス、ヨガなどがあります。軽い負荷で酸素を十分に取り込んで、30分以上の時間を継続して運動を行ってください。

有酸素運動には、汗臭さの原因となる遊離脂肪酸を減らす、効果もあります。有酸素運動は最初の20分は、血中のブドウ糖が燃焼されます。そして20分を経過すると、遊離脂肪酸が燃焼され始めます。そのため有酸素運動は、30分以上継続した方が、効果的なのです。

わきがの人は汗をかくことで、臭いがキツくなることを嫌って、運動をしたがらない人が多いようです。しかし運動した後は、すぐにシャワーを浴びれば、臭いは抑えられます。

デオドラントクリームを塗ったり、いろいろなワキガ対策がありますが、継続して有酸素運動を行って、汗の質を改善していくことで、ワキガの臭いを抑えていきましょう!

 

まとめ

ワキガは運動で治ることはないが、汗の質を改善して、臭いを抑える効果は期待できる。

べたつく汗はアルカリ性になり、ワキガの原因菌が繁殖しやすくなる。

サラサラした汗は弱酸性で、ワキガの原因菌が繁殖しにくくなる。

運動不足の人は汗線の機能が衰えて、べたつく汗をかきやすい。

普段から運動をしている人は、汗腺の機能が正常化され、サラサラした汗になる。

冷房の使い過ぎも、汗腺に機能を衰えさせる原因になる。

有酸素運動を行えば、汗腺の機能が向上して、サラサラした汗をかけるようになり、ワキガの臭いを抑える効果が期待できる。

スポンサードリンク

 - ワキガ