大人ニキビがアゴに繰り返しできる?原因と治し方を探っていきます!

   

20代半ばから大人ニキビが、アゴの周りにでき始めました。これが1年以上も繰り返しニキビができるようになってしまい、なかなか治らずに困っていました。そんな顎に繰り返しできる大人ニキビの、原因と対策を探っていきます。

スポンサードリンク

大人ニキビがアゴに繰り返しできる?

アゴの大人ニキビ

大人ニキビは一般的には、大人になってからできるニキビと定義されます。これとは別に思春期ニキビがあり、こちらは思春期にできるニキビと定義されます。これらはいつニキビができるかによって区別されますが、実はニキビができる原因も違います。

思春期ニキビは成長期に、皮脂が過剰に分泌されるのが原因で、毛穴が詰まりやすくなるためにできます。しかし成長期が終わり、皮脂の分泌が正常に戻れば、自然と治っていきます。

つまり大人になってできるニキビは、これとは違う原因でできていることになります。まずは、大人ニキビの原因を探っていきましょう。

 

大人ニキビの原因とは?

大人ニキビができる主な原因として、肌のターンオーバーが乱れることがあります。健康な人の肌は、約28日サイクルで肌の細胞が生まれかわっており、これを肌のターンオーバーといいます。

しかし肌のターンオーバーが乱れると、古くなった肌の角質細胞が、毛穴に詰まってしまうことがあります。毛穴が詰まると、中に皮脂や汚れが溜まりやすくなり、アクネ菌などのニキビの原因菌が繁殖しやすくなります。

また肌のターンオーバーが乱れると、バリア機能も低下することで、ニキビやそれ以外の肌トラブルが起こりやすくなります。肌は乾燥しやすくなり、角質層が厚くなることで、ニキビが悪化しやすくなるのです。

肌のターンオーバーが乱れる原因は、加齢によるものや、食事や睡眠などの生活習慣、ストレス、飲酒、喫煙、スキンケアの仕方など、様々な要因が考えられます。

私も大人ニキビができ始めたのは、仕事が忙しくて毎日残業をしている時期でした。深夜に帰宅して、帰り道にコンビニで買ったお弁当を食べるなんて生活をしていましたね。

 

大人ニキビがアゴに繰り返しできるのはなぜ?

大人ニキビの特徴として、アゴの周辺に繰り返しできやすい、ということがあります。思春期ニキビはおでこや鼻など、皮脂分泌が多い場所にできやすく、大人ニキビの大きな特徴と言えます。

大人ニキビが、アゴやその周辺のフェイスラインに繰り返しできる原因は、汗腺が少ないからです。汗腺が少ないと汗をかきにくく、肌が乾燥しやすくなります。

肌は乾燥すると、それを補うために、過剰に皮脂を分泌するようになります。肌の乾燥が改善しない限りは、繰り返しニキビができてしまうのです。

またアゴやフェイスラインにある毛穴は、他の場所の毛穴よりも、小さいという特徴もあります。そのため顎の毛穴は詰まりやすく、大人ニキビができやすくなります。

スポンサードリンク

 

繰り返すアゴの大人ニキビの治し方

繰り返すアゴの大人ニキビの治し方としては、肌のターンオーバーを正常化することが大事です。そのためにはまず、生活習慣を見直しましょう!

これをやらずに薬を塗って治そうとしても、治りも遅いし治ってもまたすぐ再発してしまうのです。大人ニキビができる根本的な原因を、改善しなくてはいけません。

人間の体の細胞は、食事から摂取した栄養が血液により運ばれ、寝ている間に生まれかわるのです。つまり食事と睡眠という要素が、ターンオーバーを正常化するのに、とても重要なのです。

食事に関しては、肌の細胞を作る材料になるタンパク質や、ビタミンやミネラルなどの栄養素を、バランス良く摂取してください。忙しいからと言って、外食やコンビニ弁当ばかり食べていると、栄養が偏ってしまいます。

そしてしっかり、睡眠時間を取ってください。できれば8時間以上は、睡眠時間を取りたいところです。それが無理な場合でも、6時間以上は寝てください。

特に午後10時から午前2時までの間に寝ると、成長ホルモンが出やすいので、肌のターンオーバーが促進されます。できるだけこの時間帯には、眠るように心がけてください。

喫煙や飲酒の習慣も、ターンオーバーを乱す原因になります。大人ニキビを本気で治そうと思えば、お酒もタバコも控えましょう。

 

アゴの大人ニキビを改善するスキンケア

アゴの大人ニキビを改善するスキンケアは、洗顔と保湿が重要です。

まず洗顔はニキビを刺激しないように、優しく洗って清潔に保つようにします。油分や合成界面活性剤は、ニキビに刺激を与えるので、これらが入っていない洗顔料を使いましょう。

そして大人ニキビは乾燥が原因になるので、保湿をしっかりしなければなりません。また肌の乾燥は、ターンオーバーが乱れる原因になるので、保湿をしてターンオーバーを正常化させていきます。

保湿に関しては、肌の表面だけを潤すような保湿では、意味がありません。これだとインナードライという状態になってしまい、肌の内側は乾いた状態になっています。

肌のインナードライを改善するには、水溶性コラーゲンや加水分解ヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分が有効です。またプラセンタなど、肌のターンオーバーをサポートする成分があると、さらに大人ニキビの改善が期待できます。

 

まとめ

大人ニキビは思春期ニキビと原因が異なり、治し方も違ってくる。

大人ニキビの主な原因は、肌のターンオーバーが乱れること。

アゴに繰り返し大人ニキビができるのは、汗腺が少なくて乾燥しやすいことと、毛穴が小さくてつまり安いからである。

繰り返すアゴの大人ニキビの治し方は、生活習慣を見直し肌のターンオーバーを正常化することが重要。

アゴの大人ニキビを改善するスキンケアは、優しく洗顔して清潔を保ち、しっかり保湿することが重要。

スポンサードリンク

 - ニキビ ,