日焼けでアレルギーが起きる?その症状と原因対策を探っていきます

      2017/01/29

日焼けなど体に日光を浴びた後に、赤く腫れたり湿疹のような症状が出ることがあります。

これはただの日焼けではなく、紫外線アレルギーの可能性があります。

ここでは、その症状と原因対策を探っていきます。

スポンサードリンク

日焼けでアレルギーが起きる?

日焼けのアレルギー

日焼けなど体に日光を浴びた時に、アレルギーの症状が出ることがあります。

これは日光に含まれる紫外線が原因で、紫外線アレルギーや日光アレルギー、日光過敏症、日光性皮膚炎と言われるものです。

直接日光を浴びた肌に症状が出る場合と、それ以外の場所に症状が出る場合があります。

肌に現れる症状は主に、赤く腫れたり湿疹やかぶれなどが起こります。

痒みや痛みを伴うこともあり、悪化すればじんましんや水ぶくれが、できることもあります。

肌以外の場所だと、頭痛、発熱、吐き気、目の充血、目に異物感があり涙が出るなどの症状があります。

これらの症状を自分で、アレルギーなのかを判断するのは難しいでしょう。

自分が紫外線アレルギーかどうかを知るには、専門医で光線過敏症テストを受けて判断します。

 

日焼けで起きるアレルギーの原因は?

日焼けで起きる、アレルギーの原因は紫外線です。

人間の体は紫外線を浴びた時に、体内に紫外線に対する抗体を作ります。

スポンサードリンク

この抗体の量が増えすぎると、アレルギーの症状が出るという内因性のものがあります。

その他にもクスリを飲んだり、日焼け止めの成分が原因で起きる外因性のものもあります。

これはそれらの成分が紫外線を吸収して光毒性を発揮し、アレルギーの症状が出ると考えられます。

 

日焼けで起きるアレルギーの対策は?

日焼けで起きるアレルギー(紫外線アレルギー)は、ある日突然発症します。

他の代表的なアレルギーとして、花粉症がある日突然発症するのと同じです。

この様にアレルギーというのは、ある日突然発症する危険性が高いのです。

今まで日焼けをしても症状が出ない人は、自分は大丈夫だと思い込んでいるでしょう。

その思い込みにより、特に予防をしない人も多いはずです。

しかし現代の医学では紫外線アレルギーは一度発症すると、完全に治すのはほぼ不可能です。

ですから発症する前に、予防するのが最善策と言えます。

紫外線アレルギーを予防するのは、とにかく紫外線を浴びないようにすることです。

外出時は日傘や帽子、長袖の服など、極力紫外線を避けるように工夫します。

また屋内にいる時も、窓ガラスにUVカットフィルムを貼るなど、紫外線を避ける工夫が必要です。

 

まとめ

日焼けで起きるアレルギーは、紫外線アレルギー(日光アレルギー)で、赤く腫れたり湿疹、頭痛、発熱、吐き気、充血などの症状が起きる。

日焼けで起きるアレルギーの原因は、紫外線を浴びることにより抗体が増えることや、クスリの服用、日焼け止めなどである。

日焼けで起きるアレルギー(紫外線アレルギー)の対策は、紫外線を浴びないようにすることである。

スポンサードリンク

 - 日焼け ,