花粉症で肌荒れが起きる?原因と対策を探っていきます!

   

花粉症で肌荒れが起きてしまい、痒みや赤みが出ることがあります。花粉症対策は目や鼻のケアだけではなく、スキンケアも重要です。ここでは、花粉症による肌荒れの原因と、対策を探っていきます。

スポンサードリンク

花粉症で肌荒れが起きる?

花粉症による肌荒れ
 

花粉症といえば目の痒みや、鼻水鼻詰まりの症状を訴える人が多くいます。しかしそれ以外にも、顔などの肌に痒みや赤みなど、肌荒れの症状が出ることもあります。中には花粉症と肌荒れの関係に、気がついていない方もいるかもしれません。

肌荒れも色々な原因でおこりますので、最終的な判断は皮膚科などの専門医に診てもらわないと分かりません。しかし花粉症の季節だけ、肌荒れがひどくなるのであれば、花粉が原因である可能性は十分あります。

 

花粉症の肌荒れの原因は?

花粉症の肌荒れの原因は、花粉が肌に付着することです。花粉症の主な症状である目に痒みや鼻水鼻詰まりは、目や鼻の粘膜に花粉が付着することで起こります。それと同じようなことが、肌で起きていると考えればいいでしょう。

つまり花粉が肌について、アレルギー反応を起こしている状態です。そのため痒みや赤みが出たり、肌が乾燥してしまうことがあります。場合によっては、蕁麻疹のようなぶつぶつができることもあります。

この様な、花粉による皮膚トラブルを花粉症皮膚炎といいます。花粉症皮膚炎は肌の表面から花粉が侵入し、それをアレルギー物質と認識することで起こります。アレルギー物質を攻撃するためにヒスタミンが分泌され、これが肌荒れの原因となります。

しかし健康な肌であればバリア機能によって、肌の表面から花粉が侵入するということはありません。つまり花粉症で肌荒れを起こす人は、肌のバリア機能が低下している可能性があります。

また花粉症による目の痒みや鼻詰まり・鼻水で、目を擦ってしまったり鼻をかみすぎて、目や鼻の周りの肌がダメージを受けていることがあります。ダメージを受けた肌はバリア機能が低下しており、花粉による肌荒れが起きやすくなります。

もともとアトピーの症状がある方も、肌のバリア機能が低下しているため、花粉性皮膚炎を発症しやすくなります。

スポンサードリンク

また乾燥や赤みなどで痒みがある場合、これを掻いてしまうと肌のバリア機能が更に低下してしまいます。また掻くことで、ヒスタミンの分泌量も増えるので、肌荒れは更に悪化していきます。

 

花粉症の肌荒れの対策は?

花粉症の肌荒れの対策は、まずなるべく花粉に触れないようにすることです。外出するときはメガネやマスクなどをして、なるべく肌に花粉が触れないようにします。頭も帽子をかぶって、花粉が頭皮や髪の毛に付着しないようにしましょう。

乾燥している肌はバリア機能が低下しており、花粉が侵入しやすい状態になります。きちんと肌を保湿して、肌のバリア機能を高めることで、花粉の侵入を防ぎましょう。

外出から家に戻ったら、服などに付いている花粉を落として、家の中に花粉を持ち込まないようにします。そして手洗いや洗顔をして、肌に付着した花粉を洗い流すようにしましょう。

すでに花粉性皮膚炎により、肌に赤みや痒みなど肌荒れの症状が出てしまっている場合は、皮膚科などの専門医を受診して下さい。医師の判断で抗アレルギー薬や、塗り薬や保湿剤を処方してもらえるはずです。

また普段から花粉症による肌荒れを予防するには、スキンケアによりバリア機能を高めることが大事です。肌のバリア機能が弱まっている方は、花粉以外にも様々なものから刺激を受けやすくなります。

肌のバリア機能が低下する原因として、肌の擦り過ぎがあります。洗顔やクレンジングの時に、肌をゴシゴシ擦ってはいませんか? この様な物理的な刺激によって、肌表面のバリア機能は破壊されてしまいます。洗顔やクレンジングは、肌を傷つけないように優しくして下さい。

そしてバリア機能を回復させるには、肌を保湿することが大事です。化粧水で肌に水分を与えて、その上に乳液や保湿クリームで油分を与えて被膜を作ることで、水分の蒸発を防ぎます。

 

まとめ

花粉症で赤味や痒みなど、肌荒れの症状を引き起こすことがある。

花粉症の肌荒れの原因は、花粉が肌に付着することによって、花粉症皮膚炎を起こすことである。

肌表面から花粉が侵入して、ヒスタミンなどの分泌により肌荒れを起こす。

健康な肌であれば花粉は侵入できないが、肌のバリア機能が弱まっている場合には、花粉による肌荒れが起きることがある。

花粉症による肌荒れの対策として、なるべく花粉に触れないようにして、外出後は手洗い洗顔をして花粉を洗い流す。

すでに花粉症による肌荒れが出ている場合は、皮膚科など専門医を受診する。

普段からスキンケアで肌のバリア機能を高めて、花粉症による肌荒れを予防する。

スポンサードリンク

 - 健康 ,