父の日に花のプレゼントは嬉しい?喜んでもらえる色や種類の選び方

      2017/08/12

父の日に花をプレゼントしようと、考えている方も多いかもしれません。

しかしお父さんは花を貰って、本当に嬉しいのでしょうか?

また喜んでもらうためには、どんな色や種類の花を選べば良いかも、考えてみましょう。


スポンサードリンク

父の日に花のプレゼントは嬉しい?

父の日の花のプレゼント
 

父の日に花のプレゼントは嬉しいかですが、個人差もありますが一般的には男性は花を貰っても、あまり嬉しいと思わない人が多いようです。

その理由としては、もともと花には興味が無いという人もいれば、手入れの仕方がわからない、枯れた時に悲しいなど、色々な理由があります。

確かに私の周りでも、男性でデスクに花を飾っているような人は、あまり見たことがありません。

花に興味がないというより、男のくせに花なんか飾ってると、恥ずかしいという人もいるかもしれません。

そうすると普段から花に接する機会も少ないので、花の手入れの仕方なども知らなくて当然です。

そのくせ花を枯らしてしまった時は、女性よりも男性の方がショックを受けやすいようです。

この辺は男性はけっこうナイーブで、花を枯らしてしまったことへの責任を感じてしまうようです。

自分がきちんと手入れしなかったせいで、花を枯らしてしまったと思うのですね。

過去に花をプレゼントされて、枯らしてしまった経験があって、嬉しくないと言っている男性もいるのではないでしょうか。

しかし花を見てキレイだと思ったり、癒されると思う男性も多いはずです。

そう考えれば父の日に花をプレゼントするのも、決して悪いアイディアではありません。

そんな人のために父の日にプレゼントして、喜ばれる花の色や種類の選び方を探っていきましょう。

 

父の日に喜ばれる花の色や種類の選び方

父の日に喜ばれる花の色や種類の選び方として、どんな花をプレゼントしたら喜ばれるかが大事です。

そして花を貰った後の手入れなどの課題も、クリアーしなければなりません。

その辺を細かく、見ていきましょう。

 

お父さんの好みをリサーチする

まずは、お父さんの好みをリサーチしましょう。

一応母の日にカーネーションをプレゼントするように、父の日のプレゼントにもバラという定番の花があります。

しかし定番だからと言って、父の日に安易にバラをプレゼントするのはやめたほうが良いでしょう。

やはり父の日に花をプレゼントするのであれば、お父さんの好きな花の色や種類を調べて、それを贈るようにします。

このリサーチするという行為が重要で、お父さんの好みの色や種類の花をプレゼントできれば、自分の好みをわかっていると喜んでもらえます。

スポンサードリンク

お父さんの花の好みが良く分からない場合は、お母さんに聞いてみて下さい。

やはり夫婦ですから、お父さんのことはお母さんが一番良く知っています。

ただしリサーチした時点で、お父さんが花に全然興味がないことが分かったら、やはり父の日に花をプレゼントするのは、やめたほうが良いでしょう。

父の日には何か他にお父さんが、喜んでもらえるものをリサーチしてプレゼントして下さい。

 

花言葉で花を選ぶ

お父さんが花は好きそうだけれども、花の色や種類の好みが分からないなら、花言葉で花を選んでみましょう。

あなたのお父さんのイメージに、あった花言葉を選んでみて下さい。

例えば優しいお父さんというイメージなら、花言葉が「心広い愛情」というマツバギクがあります。

尊敬できるお父さんというイメージなら、花言葉が「深い尊敬」という白いバラがピッタリです。

そして、あなたがなぜその花を選んだかという理由を手紙に書いて、花と一緒に贈りましょう。

お父さんも花を選んだ理由がわかれば、きっと喜んでくれるはずです。

 

花と一緒に手入れの仕方をメモして渡す

父の日に花をプレゼントする時は、花と一緒に手入れの仕方をメモして渡しましょう。

そうすれば男性に多い、花の手入れの仕方がわからないという課題がクリアーできます。

花の手入れの仕方は、自分で調べてもいいですが、買うときに花屋の店員さんに聞くといいです。

水のやり方や置く場所など、細かく聞いてメモしておきましょう。

 

プリザーブドフラワーをプレゼントする

花の手入れが面倒くさかったり、枯れるのが嫌というお父さんには、父の日にプリザーブドフラワーをプレゼントしてみてはいかがでしょう。

ブリザードフラワーは、花を特殊加工して水分を抜くことで、水やりなどをしなくても長期間枯れないようにしたものです。

ドライフラワーに似ていますが、見た目の美しさが全然違います。

ドライフラワーは乾燥してパリパリした感じがして、あまり見た目は美しくありません。

しかしプリザーブドフラワーは普通の花と比べても、見劣りしないくらい見た目は美しいです。

またプリザーブドフラワーは花粉が出ないので、花粉アレルギーのある人にもプレゼントできます。

ただしプリザーブドフラワー独特の湿気に弱いとか、陽に当てると劣化しやすなどのデメリットもあります。

父の日にプリザーブドフラワーをプレゼントする場合は、その辺の取り扱い方もよく説明してあげて下さい。

 

まとめ

父の日に花をプレゼントしても、あまり嬉しくないという男性が多い。

しかし花をキレイと感じたり癒される男性も多いので、決して悪いアイディアではない。

父の日に喜ばれる花の色や種類の選び方として、お父さんの好みをリサーチして選ぶと良い。

花の色や種類の好みが分からない場合は、お父さんのイメージに合う花言葉で、花を選んでみる。

花と一緒に、手入れの仕方をメモして渡すと良い。

花の手入れが面倒くさかったり、枯れるのが嫌というお父さんには、プリザーブドフラワーをプレゼントするといい。

スポンサードリンク

 - 年間行事