日焼けのかゆみの対処法は?我慢できないときはどうすればいいか?

      2017/01/25

日焼けは火傷と同じという話を、聞いたことはありませんか?

日焼けも場合によっては、我慢できないほどのかゆみが出ることもあります。

ここでは日焼けのかゆみの原因と、対処法をまとめています。

スポンサードリンク

日焼けの後のかゆみの原因とは?

日焼けのかゆみ
 

日焼けは火傷と同じで肌の組織が紫外線によって、破壊された状態になっています。

そして人間の体は、この破壊された組織を修復しようとして、日焼けをした箇所に浸出液が分泌されます。

浸出液というのは擦り傷などができた時などに、傷口に出てくるジュクジュクした液体と同じです。

浸出液は、日焼けで破壊された組織を修復する成分が入っている反面、肌の神経を刺激してしまいます。

この浸出液の刺激が、日焼け後の痛みやかゆみの原因になります。

切り傷や擦り傷ができた時に、患部がかゆくなることがりますが、それと同じメカニズムです。

また正常な肌というのは、表面が油分と水分で覆われて、バリアの役目を果たしています。

しかし日焼けの後の肌というのは、このバリア機能も破壊されています。

これにより肌は、外部の刺激を受けやすくなり、かゆみを生じます。

こちらは乾燥肌がかゆくなるのと、同じメカニズムです。

 

日焼けのかゆみの対処法とは

日焼けのかゆみも酷いものは、我慢できないほどのものもあります。

また掻いてしまうと肌の組織を破壊して、いつまでも治らないこともあります。

日焼けのかゆみは、きちんとした対処法でケアしましょう。

 

皮膚科を受診する

日焼けのかゆみの対処法として、一番確実なのは皮膚科を受診することです。

スポンサードリンク

我慢できないほどのかゆみや、痛みを伴うものであれば尚更です。

日焼けくらいで医者に行くのは、大げさだと考える人も多いかもしれません。

しかし冒頭でも触れているように、日焼けは火傷と同じなのです。

それにかゆい部分を掻いてしまうと、さらに患部は悪化してしまい、バイキンが入れば化膿することもあります。

日焼けの状態も軽症から重症までいろいろあり、素人が判断するのは難しいでしょう。

また肌の状態も個人差がありますので、専門家に診てもらうのが一番確実です。

 

よく冷やす

日焼けのかゆみは、よく冷やすことで抑えることができます。

これは冷やすことでかゆみ物質の発生を抑えたり、過敏になっている神経を鎮めるためです。

我慢できないほどのかゆみがある場合は、まず冷やしてみましょう。

また日焼けした後に肌が赤くなっていることがありますが、これは肌が炎症を起こしている状態です。

この場合も日焼けの悪化を防ぐために、患部をよく冷やして下さい。

逆に温めたり刺激を与えることで、かゆみは悪化してしまいます。

熱いお風呂に入ったり、体を洗うときにこすったりしないように気をつけて下さい。

 

保湿をする

日焼け後の肌はバリア機能が弱まり、乾燥することでかゆみの原因となります。

肌を保湿することで、かゆみを軽減する事ができます。

保湿は化粧水で水分を補給して上から乳液を使い、保護膜を作って水分が蒸発しないようにします。

しかし日焼け後の肌は刺激を受けやすいので、この化粧水や乳液が刺激になって、逆にかゆくなってしまうことがあります。

ですからなるべく添加物の入っているようなもは避けて、刺激の少ない敏感肌用のものを使いましょう。

化粧水や乳液を塗った時、肌に刺激や痛みを感じるときは使用をやめて下さい。

その場合は代わりに、軟膏を使って肌を保護します。

日焼けや火傷用の軟膏も薬局などで売られていますので、薬剤師の方に相談してみてください。

 

まとめ

日焼けのかゆみは、浸出液による神経の刺激と、乾燥により起こる。

日焼けのかゆみの対処法には、皮膚科を受診すること、よく冷やすこと、保湿することである。

スポンサードリンク

 - 日焼け