花粉症で咳が出る?薬が効かないとき病院は何科を受診すればいいのか?

   

花粉症のとき鼻水や目のかゆみの他に、咳が出て止まらなくなることがあります。

この咳も花粉症が、原因なのでしょうか?

また市販の咳止め薬が効かない時、病院は何科を受診すればいいかをまとめています。


スポンサードリンク

花粉症で咳が出る?

花粉症による咳

花粉症は鼻水、鼻詰まり、目のかゆみが主な症状ですが、咳が出て止まらなくなる方も多くいます。

まずひとつ目は、後鼻漏という症状が考えられます。

後鼻漏とは鼻水が、喉の後ろを通って流れることです。

通常でも鼻水は喉の後ろを通って流れていますが、花粉症で鼻の粘膜が炎症をおこすと鼻水の量が増えます。

そうすると喉に鼻水がへばりつきやすくなり、それを排出しようとして咳が出ます。

そしてもう一つは、花粉自体が気管支に侵入した場合です。

普通はスギ花粉は大きいので鼻から吸い込んでも、ほとんど気管支まで侵入することはありません。

しかし花粉症で鼻呼吸ができなくなり、口呼吸をしていると、気管支に花粉が侵入しやすくなります。

この場合まず異物である花粉を痰で絡め取って、体外へ排出しようとして咳が出ます。

さらに花粉が気管支でアレルギー症状を起こし、炎症が起きると喘息と同じように咳が止まらなくなります。

また花粉症で目や鼻に炎症が起きると炎症性細胞が活性化されて、それが気管支に到達して炎症を起こすこともあります。

この症状が悪化すると咳喘息になってしまうこともあるので、早めの対処が必要です。

このような症状を予防するためには、口から花粉を吸い込まないようにすることです。

鼻の調子が悪ければ、口呼吸をするのは仕方ありませんが、マスクをして花粉の侵入を防いで下さい。

また家に入るときも、服に着いた花粉をよく払ってから、入るようにして下さい。

 

花粉症の咳は薬が効かない?

花粉症の咳は、市販の咳止め薬が効かないことが多いです。

市販の咳止め薬は主に風邪を引いて咳が出るときや、タバコの吸いすぎ、喋り過ぎ、乾燥などが原因の咳を抑える薬です。

スポンサードリンク

つまり一般の咳止め薬を飲んでも咳が止まらないなら、原因は風邪ではないと思ったほうが良いでしょう。

花粉症で気管支に炎症が起きている場合は、アレルギーを抑える薬でなければ、効果は期待できません。

後は自分でいろいろ判断して、市販薬で対処しようとしない方がいいです。

仕事などが忙しければ病院に行く暇がないので、ドラッグストアで市販薬を買って、症状を抑えようとするかもしれません。

しかし最終的に何が原因なのかは、専門医に判断してもらわなければなりません。

もしかしたら肺結核などの病気が、潜んでいる可能性だってあります。

多少無理してでも、時間を作って病院に行きましょう。

 

花粉症の咳は病院の何科を受診すればいいか

花粉症の咳は、小児科、内科、耳鼻科、呼吸器内科などで診てもらえます。

しかしこの中で花粉症の専門性ということを考えると、耳鼻科や呼吸器内科を受診したほうがいいです。

小児科や内科を受診したら風邪と判断されて、薬を処方してもらったけど一向に治らず、耳鼻科を受診したら花粉症だったという例も、少なからずあるようです。

花粉症に関しては耳鼻科が一番専門性が高く、鼻水を顕微鏡検査することで、アレルギー性の疾患かの判断ができます。

また血液検査をすれば、アレルゲン(アレルギーの原因物質)を特定してくれます。

花粉にもいろいろな種類がありますし、また必ずしも花粉が原因とは限らないので、アレルゲンは特定しておいた方がいいでしょう。

そして気管支喘息と花粉症は、同じ気道に起きるアレルギー性の疾患であり、呼吸器内科は専門性が高いです。

また肺や気管支に他の疾患があって咳が止まらない場合も、呼吸器科で発見してもらえる可能性があります。

 

まとめ

花粉症により大量の鼻水が喉の後ろを流れ、喉にへばりついて咳が出ることがある。

口呼吸で花粉が気管支に入り込み、これを排除するために咳が出ることがある。

気管支に入り込んだ花粉により炎症を起こしたり、炎症性細胞が気管支に到達して炎症を起こし、咳が出ることがある。

花粉症による咳の場合は、市販の咳止め薬は殆ど効かない。

花粉症の咳は、小児科、内科、耳鼻科、呼吸器内科などで診てもらえるが、耳鼻科と呼吸器内科が専門性が高い。

スポンサードリンク

 - 健康 ,